海外のパワースポットで金運アップ🍀イタリア・フィレンツェの旅 

イタリア・フィレンツェといえば、文芸復興・ルネッサンスの発祥の地、そして盛んな交易で中世のヨーロッパ随一の金融都市となった繁栄の象徴の都市です。

フィレンツェは、今なお街のあちこちに繁栄のパワーが蓄積埋蔵されている魅力の都市ですから、西欧に旅するなら、まず外したくないスピリチュアルかつパワースポットだと言えましょう。

スピリチュアルな視点で金運に特化すると、注目エリアが2つあるということに気づきました。

ではまず、そのポイントについて触れておきましょう。

〈その1〉天(大宇宙の根源力=神)への繋がり方
〈その2〉歴史的に蓄積された金運エネルギー

この二つの組み合わせはとても大事です。
魂の浄化と熱意のエネルギーは繁栄に必須な要件ですから。

1天(大宇宙の根源力=神)への繋がり方

日本では、神社などの神域に入ると、体中にビシビシと神的な雰囲気を感じる人も多いと思います。

ところが英国は別として、西欧では全くと言ってよいほど同じような感じ方はしません。どうしてなのか不思議でしたが、「神社で軌跡の開運」(深見東州)に神界の構造図というのが書かれており、日本と西欧では構造が異なるとの解説がありました。

「天界との繋がり方が日本と西欧では異なる」と理解すれば、先ほどの疑問は解けることとなります。

では、体感でいうとどう違うのか。
フィレンツェの場合、天への繋がり方は「神が降りてくる、というより天に吸い上げられる感じ」といったような感覚と言えばそのような気がします。

そこでピン💛とき方もいると思います。
それが大聖堂(ドゥオーモ:Santa Maria del Fiore) の天井の絵画。

おお! これはインド発祥の曼陀羅(マンダラ)と同じではないか、ということに気が付きませんか。

曼陀羅(マンダラ)は日本でも弘法大師が密教の奥義として、宇宙の在り様・真理の悟りを表しているといいます。

大聖堂の天井絵画を曼陀羅(マンダラ)として見ると、ドームは宇宙を表し、神様(あるいは天使さま)すなわち大宇宙の真理がマンダラで感じ取れるよう、描かれていることに気が付くでしょう。

つまり、ドームの中心(マンダラの中心が天・大宇宙の根源力としての神)に意識を合わせることで、神様に意識を繋げられる、ということです。

日本でも神社を通じて神様と繫がるのことと同じ原理と考えますが、弘法大師的に直接マンダラを感じて大宇宙の根源力に繋がることで、魂に伊吹を与えることがここフィレンツェでも可能という訳です。

2歴史的に蓄積された金運エネルギー

人々の思いや活動のエネルギーは蓄積されるとよく言われます。

フィレンツェの古い路地や建物には、不思議なパワーが宿っています。

街を何日もかけて歩いて見ると、とても大きなエネルギーを感じるエリアがありました。まるでそこでは中世の人々が往来し、商売を活動的に行っている活気あふれる姿が映像として浮かび上がるように湧き上がってきます。

この不思議な感覚を検証すべく、帰国後色々と調べてみましたら、分かりました。
そこはやはり中世の町の賑わいの中心だったことが判明したのです。

繁栄エネルギー溢れるパワースポットは、そのエリアは「デ・トルナ・プオーニ通り」と「ポルコ・サンティ・アポストリ通り」界隈。ここは今でも有名な高級ブランド店が集まる、フィレンツェで一番オシャレな通り💛なのです。

「フェラガモ本店」や「グッチ」「プラダ」「ディオール」などのショップが立ち並び、その街路に相応しい存在感を醸しだしています。

「ベッキオ橋」も有名ですが、商売繁盛・金運のエネルギーといえばその隣接エリア「デ・トルナ・プオーニ通り」~「ポルコ・サンティ・アポストリ通り」ですね。
中世のフィレンツェの町と現代のマップ(google)を比べると一目瞭然。「印」をつけたところです。

フィレンツェの町は人口37万人ほど。日本の町と比べて人口の割にとてもコンパクトなので、歩いて見て回るのに程よい大きさです。

フィレンツェの交通事情

市内は徒歩がバスでの移動ですが、バスも安く便利です。24時間券で5ユーロ(600円程度)とお得ですね。

また、フィレンツェから他の主要都市にはフィレンツェ中央駅(サンタマリア・ノヴェッラ駅)から高速列車(ユーロスター)が出ています。日本の新幹線並みのスピードで快適ですが、ちょっと時間にはルーズ。

また、ピサなどの地方都市とは在来線で結ばれています。踏切とかが少なく、列車も日本より一回り大きく安定した走りをするので、普通列車でも快適な旅が楽しめます。それから停車駅も少ない感じで、忙しくないですね。

フィレンツェから列車で1時間ほどで人気観光地の「ピサの斜塔」までいくことができます。 ピサの斜塔もパワースポットなので、時間があればオプショナルツアーにいれておくといいですね。

☛☛ ページTOPに戻る
~~~ ~~~ ~~~ ~~~~~~~

☛☛ +  ホームに戻る    + ⇒⇒⇒  

宇佐神宮:パナソニックに龍神宿る✤松下幸之助信仰の源流を探る 

パナソニックの創始者、松下幸之助は神様(大宇宙の根源的なパワー)を悟る人間を「万物の王者」とし、さらに、人間にはその理法に沿って行動することで天にかなった方向に無理なく発展できるし、そうする使命があると説いています。

その根源の理法とは、

~「宇宙の万物を支配する大きな法則、自然の理法に順って行動していけば、幸福と繁栄は約束されている」~

~「天地自然の理に反したり、これを無視した知恵や欲望にとらわれると喧嘩や病気、時には死にいたる」~

松下幸之助は幼少のころから、育った環境の中でこれを悟り、自然に信仰心を強めていったようです。


その原点はなんと、幼い頃の「へび」体験にあったと言われています。「自家の蔵にいた蛇を殺した兄弟は早死にし、松下幸之助は長生きした」と聞かされていたからだそうです。

龍神信仰はpanasonicにも

白蛇は「神の使い・幸運の印」とも言われ、幸運の徴候であることは疑う余地がありませんし、大古の時代から全国にも伝説が残っています。また「龍」は「蛇」の化身としてさらに強力なパワーをもたらすことで、日本人は遠い祖先の時代から崇拝してきました。

松下家の氏神は「龍神」で、家には龍神を祀る祠(ほこら)があったと伝えられています。家に祠のあるというのは大変珍しいですので、幸之助の先祖の時代から相当な「気づき」または「体験」があったのではないか、と想像できます。

パナソニック(松下電機産業)の本社の「白龍」のお社(やしろ)を筆頭に、各所に龍をお祀りしており、また浅草の浅草寺にも龍神を彫刻した「雷門」を寄進するなど、松下幸之助の「龍神信仰」はただならぬものがありますね。

そういえば「パナソニック」という社名、看板をよく見るとなんとなく「龍蛇」に見えませんか?

松下幸之助の信仰を繋ぐ神域「伊勢神宮、石清水八幡宮」

さて、松下家は代々「龍神信仰」であることはよく分かりました。さらにそこから宇宙の意思・自然の摂理への理解や信仰はどのように育まれたのでしょうか。

そのヒントが、松下幸之助がよくお参りしたといわれる「伊勢神宮」や「石清水八幡宮」にあります。

伊勢神宮

伊勢神宮は言わずと知れた日本最高の聖地ですが、松下幸之助は伊勢神宮崇敬会の総代をつとめていたそうですから、その信仰心は大変なものだったでしょう。

伊勢神宮の特筆すべきところそして、その「清楚さ」があります。五十鈴川からの神域の森のすがすがしさと清楚さ、これこそが経営の神様、松下幸之助が唱える「素直なこころ」の原点だろうと思われます。

石清水八幡宮のパワー

松下幸之助はここでも氏子総代を務めていたそうです。いかに深い崇敬者であるかが分かります。

エジソンがこの境内の竹で「電球」を発明したことはあまりにも有名ですが、そのようなご利益が多々あるのが八幡宮といっても過言ではありません。

全国に分社が2万5千もあると言われる八幡神は、古来より国家鎮護、国の平和と繁栄の守護神として、武運だけでなく庶民の間でも、村の鎮守「八幡さん」として親しまれて、お祭りが全国的に行われてきました。

特に石清水八幡宮は「都近くに鎮座して国家を鎮護する」とのご神託により創建された歴史からも、多くの崇敬を集めてきましたので、松下幸之助は当然このパワーを理解しており、「八幡神」を崇敬する思いはとても深いものだったと思われます。

八幡総本宮宇佐神宮には幸之助悟りの根源が♠

さて、全国の八幡さんを辿っていくと、総本山宇佐神宮(宇佐八幡宮)に繋がります。実は石清水八幡宮は平安時代、宇佐神宮から移座したのですが、宇佐神宮は本来途轍もなく不思議な力を持つ神域だということが、お参りしてみると分かります。

松下幸之助がここをお参りしたという話しは聞きませんが、信仰の原点とも言える悟りが得られることは間違いありません。

宇佐神宮(宇佐八幡宮)の神域では、恐らく秘数「八」の響きが心を揺さぶる不思議な空間となっているからでしょうか。神仏習合の始まりとされ古い歴史に時代最先端の国造りの形が見えます。

宇佐神宮の神域の構成は「伊勢神宮」の神域構成と似ているようにも感じますし、「二礼四拍一礼」の拝礼作法や「八」の秘数は、出雲大社にも通じるものがあるように、当時の日本の統合の象徴、繁栄の道筋を見事に実現した、奇跡の証のようにも見えます。

さらに源流を辿れば幾つかの古宮にも行き着きます。宇佐神宮(宇佐八幡宮)はこれらの源流が合流して大河となるように、現代流にいえば大切なもののPPAPとでもいいましょうか。異なる力を見事に結集した集合体(成功の証)なのです。

古来より、和の国日本の繁栄を導いた不思議な力は、参拝する者の迷いを払い、間違いを正して再び旅立つ力を与えてくれるような不思議なご利益があるように感じます。

ここまで足を運ぶと松下幸之助がよく表現する言葉に

「素直なこころ」が大切

「意見をいい、争うのではなく調和することで、進歩がある」

松下幸之助は朝夕必ず神棚に手を合わせたそうですが、拝むことで人間が影響受けやすい「欲望」などの「妄想」を祓い清め、常に天地自然の理に叶った生き方を心掛けることが「成功」につながると理解していたのでしょう。

また、何もせず「我関せず」の立場より、お互い意見をいい、対立するばかりではなく調和することが天の理であり、繁栄への道だと悟っていたのだろうと思います。

全国の「八幡さん」ネットワークが応援

道に迷ったり、山登りに疲れたりした時、立ち止まって再び目標に向かって歩もうとする時には、本当にありがたいお力を頂けますし、なんといっても「八幡さん」の霊力は商売や事業にお力添えを頂けるのですが、恐らく自分自身がお参りすることで「素直なこころ」を取り戻し、色々な問題に前向きに取り組み「調和」する気持ちの整理と意欲がわき上がることも大きいと思います。

なんといっても、一度お参りすると、以後全国の「八幡さん」が応援してくれるような心強い気持ちになりますから不思議です。

とにかく近くの「八幡神社」にお参りすること。そうすれば松下幸之助の気持ちの一端を理解でき、幸之助と思いの共有を実感できるのではないでしょうか。

さらに”繁栄のヒント”を受け取る気持ちで参拝し境内を巡れば、ご利益は相当なものがあると思いますので、是非お勧めします。
宇佐神宮の地図をgoogle mapで示します。

大分県宇佐市南宇佐2859

総本山は宇佐神宮

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

岩崎弥太郎にみる成功の秘訣♠三菱創始者の強烈なマインドと願掛け

三菱の創始者、岩崎弥太郎(彌太郎)の素顔はいかにも野心的で知的。
写真で見る彼の表情には成功への強い意志を感じ取れます。
岩崎弥太郎の生家にいってみると「なるほど!」これこそが「強烈な成功マインド」💛

弥太郎はどのようにして運を「掴み取った」のでしょうか。或は運を「引き寄せた」のでしょうか。
いつ、どこで、どのようにして・・・・・
高知県安芸市の生家を訪ねてじっくりその秘密に迫ってみたいと思います。

苦しい少年時代、庭には日本列島

弥太郎(彌太郎)は下級武士の中でも最も身分の低い、地下浪人(生活苦から郷士株を売却した元武士の家に与えられた身分)の家に生まれ、苦しい少年時代を過ごしました。

弥太郎の生家を尋ねてみると、その後運が開け、三菱の創始者となる前段階でビッグな金運をどのように引き寄せたのか、少しづつ分かったような気がします。

まず目を引くのが、生活は苦しいけれども岩崎家の元郷士の風格を残す家。その庭には「日本地図」を模して大石を置き、大きな日本列島をつくって毎日眺めていたと言う逸話の庭園が残っています。

また、幼い弥太郎は近くの木々に登っては、遠くにある殿様のお城を眺め、高みを極めようとしたとも言われています。

彌太郎の生家あたりは、家の格式で塀の素材が違うので、一目して身分の格差を実感することになります。彌太郎は恐らく毎日、否応なく格差を感じていたに違いありません。

格差の違いを見せつけられる

安芸城の近くの武家屋敷は大きく分けて二つのグループに分かれています。高知を支配する山内氏(安芸→長宗我部→山内と支配者が変わります)は旧長宗我部家臣(郷士という)を信用せず、山内氏自身の家臣を上士として要所に配置し、それより外側に郷士を配置していたのですが、その違いは家の塀を見れば一目瞭然なわけです。

しかも、弥太郎の家は元武士でありながら、生活苦のため武士の資格を売って、見かけは武士の家ながら庶民の生活を余儀なくされていたから、なおさら寂しい限りです。

彌太郎の生家からそれほど遠くないところに、岩崎家が仕えていたという安芸国虎のお城も見えたでしょうから「臥薪嘗胆」の思いは相当なものだったと推察できます。

事実、弥太郎はとても才覚があり、常に向上心をもって将来を夢みた少年だったらしく、両親とりわけ母親が弥太郎に寄せる期待は大変大きなものだったようです。

母に勧められ漢学を学び、12歳の時には土佐藩主山内豊照に漢詩を献じて褒美を貰うほどの文才を発揮、その後江戸遊学を果たします。

妙見山の「星神社」での誓い

その時書き記した誓いが妙見山の「星神社」にあります。 ごく普通の裏山といった感じで、大きな神社がある訳ではありません。でも少年弥太郎の決意を示す願掛けには十分なところです。

「吾志を得ずんば再びこの山に登らず」

日本地図といい、この誓いといい、何とも大きく強い意志を胸に抱いていたことでしょう。

この強い思いがいづれ「運を引き寄せ」ることになります。

父親のトラブルがこじれて半年間の投獄・追放を経験した後、チャンスが訪れます。
まさに「ピンチの後にはチャンス」・・・ドラマのような展開が続きます。

後藤象二郎・坂本龍馬との運命の出会い

土佐藩の要職を務めていく後藤象二郎と私塾で知り合うことが弥太郎の運命を変えることになるのです。

後藤象二郎が土佐藩の実権を握ると、弥太郎は長崎の土佐商会(外国と貿易するために土佐藩が設立)勤務となります。そこで海援隊・坂本龍馬と運命の出会が訪れます。

岩崎弥太郎は土佐商会で手腕を発揮、海援隊・龍馬を経済的にバックアップします。そして倒幕、明治維新へとばく進していきます。

そして、土佐藩士として上位の位に大出世。明治政府の信頼を得て実業家として大成していきます。。

1874年には三菱商会から三菱蒸汽船会社の社長となり、以後政府御用達の大財閥として、三菱の基礎を築いていくこととなりました。

岩崎弥太郎の人生を追ってみると、苦しい少年時代を過ごしながら、明日の立身出世を強く願いながら、ひたむきに努力する姿が浮かび上がってきます。そして、何よりも思うばかりではなく、決意し行動すること。

このような強い気持ちと希望が、苦難を乗り越えてチャンスに巡りあい、後藤象二郎や坂本龍馬らとの運命の出会いをもたらします。長崎では商人として実力を発揮、明治維新やそれ以後にわたって時の政府にとっても必要不可欠な人材として重宝されるようになった、という絵に書いたような成功物語となったのでした。

岩崎弥太郎の生家には、成功マインドが染みついた、少年弥太郎の姿を今も忍ぶことが出来ます。 ここでは強烈なパワーを頂けること間違いありません。 現代日本の礎を築く大きな力なった功績に、心からの敬意を払いたいと思います。

岩崎弥太郎の生家をグーグルマップで示します。

高知県安芸市井ノ口

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

🍀明治神宮参拝「永遠の杜」で心のリセット、願いは大御心と絵馬

明治神宮の森が作られ、鎮座100年を迎えます。北は樺太、南は台湾まで全国から10万本の献木が集まり出来上がった森は、世界一の規模と期間の長さといわれる「森の設計」により実現しました。

日本古来の自然への崇敬を見事に大都会の中に実現、神秘な「日本国民の鎮守の杜」となっています。

杜の中に清流が流れる(神橋)

万成産の花崗石で出来た橋の下を清正井から流れでて、御苑を潤す清流が流れています。参道の玉砂利を踏みながら石橋まで来ると、鬱蒼とした緑の中に川のせせらぎが木漏れ日を浴びて揺れている静かな風景に出会います。

この橋の名は「神橋」 自然の恵みを一層感じさせて頂ける癒しのスポットです。

人が神に繋がる杜

永遠の森を目指して造られた人工の森は、100年の時を経て自然への敬意の杜へと姿を変えています。
ほうき専門職が参道を整え、木漏れ日揺れる参道から境内には神々しい雰囲気が満ちています。

神宮の森は外国人観光客にとっても異次元の癒やしの空間、日本の伝統と自然の魅力にとても惹かれるようですね。
境内に多くの外国語が飛び交うこの神域は、外国人の心をも包み込む包容力、安らぎを感じる自然が宗教を超越した存在として感じられるのでしょう。

鎮守の杜は神様と人をつなぐ不思議な空間です。
心が澄めは澄むほど神様と繋がりやすくなる体験をした方も多いと思います。

絵馬に願いを書いて参拝

神様に思いをつなげる方法は一つではありません。
「絵馬」もその一つですね。
江戸時代、文字ではなく絵に願いを込めたのが始まりの絵馬、
元々は馬を奉納して神事を行う習わしだったのが、その代わりとして絵馬になったとか。

このような事から、絵馬は本殿に参拝する前に書くのが良いようです。

祈るは心は世界同じでも、書く祈りは日本だけという、絵馬
外国人にとっては不思議な絵馬にも、外国語を多く見かけます。

英語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、マレー語など
家族の健康と平和を願ったものが多いようです。

どんな言語でも受け入れてくれる明治神宮の寛大さ、これが日本なのでしょう。

伝統の神前結婚式

また、純日本式の結婚式が見られたら幸運です。白と赤の装いの新郎新婦が和傘の下で神に見守られながら境内を進みます。白い蛇は神様の使いであるように、白は穢れのない色、杜に囲まれた静寂な雰囲気とのマッチングがとても上品です。

神社といえば神酒が欠かせないのですが、参道の酒樽は外国人観光客の目にもとまり、酒樽を写真に取るとすぐアップ、漢字と酒の組み合わせがとても日本的とお気に入りなのだとか。

明治神宮参道の秘数

さて、明治神宮参道にはちょっとしたダビンチコードが入っているのを知ってますか? それは参道から本殿に向かう途中で、右に曲がるのですが、角度が「88度」になっていることです。

この訳は設計者に問わなければ分かりませんが、普通は直角(90度)にするところをワザワザ88度にしている事です。 これは神道の常識なのでしょうか?

確かめてみたいですね。


お導きの頂き方と大御心

正しい参拝の仕方により参拝を終えたのち、ご神酒と大御心(他の神社のおみくじに相当)を頂きます。

この大御心は明治天皇御製の和歌が書かれています。これを見た参拝者が一様に驚くほど、参拝者ひとり一人をつぶさに天が見ているような内容のお言葉を頂けるから不思議です。

大宇宙の崇高な力が明治天皇御製の和歌を選んで、ひとり一人に授けているといった方が的を得ている表現かもしれません。

最後に一首、心にジンと来る大御心を紹介します。

明治天皇御製

あさみどり 澄みわたりたる大空の 廣きをおのが 心ともがな

12の大切なこと(Twelve important qualities)

明治神宮崇敬会では「12の大切なこと」(Twelve inportant qualities)を明治天皇からの贈り物として、大切にし実践しています。

人の願いは心掛けにより叶っていくところが大きい訳ですから、願うとともに日常の心がけを忘れずにしたいものです。

以下に「12の大切なこと」(明治神宮崇敬会)を記します。

1 両親に感謝する
2 きょうだい仲良くする
3 夫婦で協力する
4 友達を信じあう
5 自ら反省する
6 博愛の輪を広げる
7 知徳を磨く
8 公のために働く
9 ルールに従う
10祖国を守る
11伝統を守る
12手本を示す

以上ですが、できるところから実践していけば きっと良いことがありますよ。

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

クラシック聴けば脳が活性化☘収入アップって本当?なら和太鼓も推奨

クラシック音楽が幼児教育によいという話をよく聞きますね。
中でも、モーツワルトの曲は、リラックスして脳が最適のパフォーマンス状態になるシグナル「α波」が出ることで知られています。

雑誌論文「モーツァルト音楽による快適性の脳波変動への影響」(九州大学;井出沙織)には、次のような興味深い研究成果が発表されています。

リラックス状態を示すアルファ波の中でも、アルファ1波(8.5-10.5 Hz)~ゆったりとくつろいだ状態~が顕著に観察された 。

モーツワルト音楽の快適さは、周波数という物理的なものよりも予想を裏切らない和声進行という、音楽的旋律の要素が大きい。

 

また、「転職サイトのキャリアインデックス」という会社が20歳から59歳の男女のアンケート調査を行った結果にも興味深いものがありました。

年収が高くなるにつれて「アニメソング」や「アイドルソング」が好きという人が減り、逆に「クラシック」や「ジャズ」が増える

というもの

圧倒的に人気のある音楽はJ-POP で、低収入層64% – 高収入層55% となりますが、若い層受けがいいので当たり前といえば当たり前ですね。

ただ、年収1000万円以上の男性100人に「女性にカラオケで歌ってほしいのはAKB?それともドリカム?」と尋ねた2013年の「笑っていいとも!」アンケートの結果では、アイドルソングのAKBと答えた人はわずか1人(1%)だったという衝撃の話題もありました。

なら、「アニソンを止めて、クラシック音楽を聴けばいいのか?」というと、それは

「YES!]

クラシック音楽を聴くことは誰でもできますね。特にモーツワルトはα波で脳にとても良いことも分かっていますから、積極的に「脳」の環境改善を図ることは、学習やスポーツ、ビジネスや日常生活においても大事だろうと思います。

現代社会はITに追われてゆとりのない時代、自分を取り戻し「平常心」を保つことが成功への鍵となります。

そこで本日のテーマは

今日一日最高のコンディションで活動するたのの「脳」の使い方
~脳のパフォーマンスを最高に維持するために推奨すること~

  • 脳を緊張から解放には、クラシック、特にモーツワルトをBGMで聴く
  • 脳を活性化し、精神を鼓舞するには「和太鼓」がお勧め

 

脳に必要なエネルギーをとったり、睡眠でリフレッシュするなど、常に「脳」のケアが大事ですが、西洋人と違った日本人脳の働きもこの際見直してはいかがでしょうか?

「脳」のリラックスにはクラシックだけでなく、「小鳥のさえずり」、「虫の鳴き声」あるいは「滝の音」「せせらぎの音」など、

日本人だけが認識する「リラックス波」が身近にあります。

古来より日本人の魂を鼓舞してきた「和太鼓」がそれ!

音色だけでなく、その音そのものの物理的振動が、「脳」を活性化させる大きな効果があることが知られています。

身の回りのちょっとした自然の良さに気付くことも大切。今日を真剣に生きようとする私たちの活力となること間違いありません。

今日を最高の「脳のパフォーマンス」で過ごしていけは、その先には「成功」しかありません。是非実践してみてください。

考えよう!不透明時代の株式投資☘手堅く稼ぐ人の資産運用術とは?  

身近なところに株式投資で大きな資産を手中にした人がいます。

彼はどのように考え、資産運用したのでしょうか。

世界では資産運用と言えば「株式投資」が当たり前ですが、日本では手堅くすべしと教えられることが多いですね。

事実、2016年に金融庁が行った調査によると、

■我が国の家計金融資産約1,700兆円の52%が「現金預金、近年の推移でも現預金優位は変わらない

■米英に比べ株式・投信の割合が低い

とのことです。

これは、日本が江戸時代という平和な時代に、何度か繰り返した経済危機を乗り越えてきた深い歴史と文化に起因する、日本人の危機管理のDNAがそうさせているのでしょう。当然といえば当然ですね。

今政府は、実践的な投資教育を推進し、株式や投資信託などによる積極的な個人資産の形成を後押ししようとしています。

非正規雇用者の増大や年功序列賃金などのちょっとした崩壊などで、これまで退職金などで資産形成してきた日本型のビジネスモデルが崩れ、ハイリスク・ハイリターンの金融商品に手を出さざるを得ない状況に、日本全体が追い込まれているからでしょう。

投資による資産形成はアメリカがお手本ではあるのですが、やはりリスクは付き物

日本では、実は投資に成功している人は1割にも満たないと言われています。なんと90%以上の人が失敗もしくは撤退しているのですね。

さて、前出の知人は良く株の勉強をして、しっかりと理論で「稼ぐ人」です。

初めは小さな一歩から

リスクの大きさを思うと、なかなか思い切って始めるのを躊躇するものです。大きく稼いだ話より「失敗談」を多く聞くからだろうと思います。

最初は「株主優待や配当金」を目的にすると、手堅い投資になり、かつ豊かな気持ちにもなれますからおススメです。

しっかり勉強すること

いきなり一攫千金を狙わず、常識的な考えを外さず、良く市場の勉強をすればそんなに失敗することはありません。

いろいろな情報に右往左往して、動いてしまうのが失敗の典型ですね。また、市販本の耳寄り情報を鵜呑みにするのも、だいたい失敗。プロはその逆を仕掛けています。

最初はいい感じでスタートするのが、最も油断しやすいパターン。主婦に持ちかけられる投資話はこの種のものがありますから要注意です。

ポイントはしっかり勉強して「話を持ち掛けられるより、こちらから動くこと」です。

まずは、株式投資と株式トレードのどちらに比重を置くかで、勉強の内容が変わってきます。

一般に優秀と言われる投資家の年利回りは10%

長年投資をやって、優秀といわれる投資家の平均年利回りは10%だそうです。勝ったり負けたりがあり、ずーっと勝ち続けることも大変なことなのです。

年利回り10%とは

10万円を投資に使うとします。(大富豪なら10兆円と置き換えても同じです)
 >1年後  10*1.1=11万円  これを全て再投資します
 >2年後  11万円*1.1=12.1万円 全て再投資します
 >3年後  12.1万円*1.1=13.3万円 再投資します
 >10年後 10*(1+0.1)^10=25.9万円 となります

まるで一時の中国のGDPの伸びみたいです。

株の世界と付き合う人は、ここをしっかりと頭においておく必要があります。
一般の人では常時10%などはあり得ないのです。
いや希にいます。
あなたは希な人ですか?

まず、手持ち余裕資金の10%から始める

成功したビジネスマンがよく口にするのは
一、自由になるお金の1割くらいを投資に使う
二、この金は負けてもいい、捨てたと思うこと
三、勝てば儲けもの、負ければ経済の勉強
まずは10%から始めましょう。

精神的なプレッシャー度は相対的なもの。
サラリーマンの10万円も富豪の何億円も同程度です

目標は長期平均5%

やはり株式投資を始めるのなら、5%成長モデルくらいが野心的ですね。
5%でも10年後には10万円が16万円になります。
1億円なら1億6千万円

戦術的な話しは専門家におまかせして、一つ格言をお伝えします。

我が心に 合いたる事は これ皆毒と思うべし

 

本日は以上です。

参考「過去記事」はこちら☞ 「マネー不安を解消!確実に金運アップを引き寄せる開運の方法は?

 

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

 

🍀幸運星:木星探査の旅に出かけよう!地球を守る最高神ジュピター

ジュピター、ギリシア神話の最高神、父なる天という意味も持っています。

☀太陽の回りを12年で回ることから、暦の十二支の根拠にもなりました。

1994年には彗星が木星に衝突して、大爆発した映像がテレビでも流れ驚きましたね。

実は、まさしく木星は地球の「守り神」であるのです。
地球の11倍もでっかい木星は、その強力な引力で地球にぶつかりそうな天体や星屑を吸い付けては、バラバラに砕いてしまうのです。

その効果は実に打率は99.98%というから驚き
恐竜絶滅の原因となったユカタン半島の隕石落下級の衝突などは、この木星の強力パワーをすり抜けた☂(或いはそれが恐竜絶滅の運命?)
極めて希な現象ということができますね。

木星の強力な引力が潰して出来たのが「小惑星」という説もあります。
この小惑星に2018年着陸を目差し、小惑星探査機「はやぶさ2」が飛行を続けています。
探査結果がおおいに楽しみですね。

さて、こうして見ると木星というのは紛れもなく地球の守護神であり、大宇宙の意思そしての超巨大なパワースポットといえるでしょう。

西洋占星術では、木星は「幸運の大吉星」として、開運・発展を司る惑星とされて来ました。

太陽-惑星-地球-月それぞれが、一つの生命体のように動いていますので、宇宙で営まれる生命体も当然のように、天体や惑星の影響を受ているという訳です。

先ほどのように、巨大な障害物を吸収し破壊する木星パワーは、太陽や月のエネルギーとはまた違った、地球を守るという大宇宙の法則が成り立ちます。

 

暦、占星術、四柱推命、九星気学、六星占術などなど。「木星」が必ずのように登場してきます。

古来人々の生活にとって欠かせないお導き🍀願掛け

あなたは夜空に願いを思うときどこを見ていますか? 何を感じますか?

月、星々とともに木星の守護神としての役割に思いを馳せながら、大宇宙の大きなパワーを感じてみましょう。

大宇宙の法則とパワーを意識することで、神様にぐっと近づきます

大宇宙を感じたら、その時こそ、きっと願いが届くベストタイムングなのです

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

成功者の仕事術:楽しみながら集中「時間の使い方イノベーション」

 🍀成功者の仕事術は、失敗しない仕事術

成果の見える一日は、達成感がありますね。

最高のパフォーマンスを演出できれば、その日は実りある一日となります。
毎日の積み重ねの先には、そう、「成功」しかありませんね。

効率的な時間の使い方から最適な時間の使い方をマスターして、日々の成果を積み重ねましょう。

「効率的時間の使い方」そのイノベーションについて ♣ 

その前にちょっと一考!しましょう。 ここが大事なポイントです。

気をつけたい事 3ポイント

〈1〉 かけた時間イコール報酬ではない
〈2〉 成果物の完成度イコール報酬ではない
〈3〉 楽しい作業は効率がアップする

時間をかけ、一生懸命働けば収入アップと考えがちですが、実際は逆です。
むしろ時間をかければかけるほど、収入パフォーナンスが悪くなります。
一時間当たりの収入(時給)、つまり時給は確実に下がります。

ですから、
大事なのは、「いかに効率的かつパワフルに一日を過ごすか」ということです。

すなわち

仕事に追われるのではなく、時間を楽しく、パワフルに使う  !

 

この視点で、成功者の仕事術の秘訣をまとめます。

時間の使い方の秘訣

(一)自分のリズムを知る

人はそれぞれ固有のリズムというものを持っています。
まず自分が最も効率のよいパフォーマンスリズムをつかむことです。

(二)時間に追われるのではなく、時間を楽しむ

ノルマに縛られると時間に追われることになります。ノルマではなく「楽しむ」ことに主眼を置きます。

(三)朝一番、一日の構想を練る

早朝は最も創造的な時間です。この時間を単なる「タスク」に費やしていたのではモッタイナイ! 朝こそ一日の時間パフォーマンスを最大にするようプランニングすることが大事です。

(四)達成後の爽快感をイメージする

一日に一つ目標を決めます。仕事に取りかかる前に、その目標を達成した時の爽快感をたっぷりイメージしましょう。イメージが明確になればなるほど効率はアップします。

(五)簡単な事から始め、嫌な仕事をリズムに乗せる

さて、仕事に取りかかり、なかなか調子が上がらないことありませんか。思わずネットサーフィンを始めたり、メールの整理に思いのほか時間をかけたり・・・とか

これは、いきなり難しい課題に取りかかろうとする場合になりがちです。こんなときも良くありますから、まずはウオーニングアップ! 簡単なことから始めて調子に乗せましょう。

(六)楽しいと思うリズムで軽重の仕事を組み合わせる

効率が上がっても、一日は意外と長いです。上手く休憩や仕事の軽い・重たいを調節しないと一日を通しての最高のパフォーマンスとはいきません。

コツは、軽い作業から始めて、重い仕事へ。さらに重い仕事に一工夫しながら休憩。軽い・重いの仕事を上手く組み合わせ、休憩・雑談・情報収集もはさみながらリズムよく仕事をこなすことが大切です

ところで、あなたの大切な時間を他人に奪われそうになったら大変、リズムが一変しますから、その時は散歩など入れて気分一新。仕事の段取り修正を行いましょう。

(七)効率的な一日に徹し、結果を明日に繋げる

こうして、効率的な一日に徹すると、その日の目標達成は最高の爽快感で迎えることができます。 もちろん一日を振り返って反省も大切。時には自分にご褒美も!

いわゆるPDCAサイクルで今日一日を見直し、明日のためにフィードバック。明日は今日よりもワンランクアップしたパフォーマンスが楽しめます。

 

最高の一日を過ごしたその先には、大きな「成功」しかありませんよね。

 

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒