神ってる広島のジョンソン、日本人祖母の故郷で開運🍀沢村賞 

Pocket

「神ってる」広島カープ、沢村賞ジョンソンに見る運の掴み方

広島東洋カープのジョンソン投手が「沢村賞」を獲得しました。

「沢村賞」は投手部門最高の賞で、外国人投手では52年前の阪神バッキー投手以来です。 ダルビッシュ有や田中将大なども受賞している栄誉ある賞で、あの元ジャイアンツエースの江川卓氏も取れていません。

ジョンソン投手といえば、祖母が日本人。日本に一度は来たかったという日本を愛する男です。

クリスジョンソンは1984年生まれの32歳。 2006年にプロ入り、マイナーリーグを中心にプレーし、大リーグではなんと0勝。

2014年10月に広島カープと契約、2015年から日本プロ野球でプレーすると大ブレイクし、昨年は14勝7敗、今年は15勝7敗と防御率2.15と、「沢村賞」の厳しい該当基準を充たすナンバー1ピッチャーと評価されました。

ジョンソン投手はなぜ成功? 

ジョンソン投手はなぜ日本で成功したのでしょうか。幾つか話題を拾い上げてみました。

1 祖母の故郷、日本を愛している  祖母の国で活躍するのが

2 夫婦そろっての日本びいき    日本の生活を満喫している

3 厳島神社や宮島信仰の象徴、弥山(みせん)に家族で登った

4 相性抜群のキャッチャー「石原選手」との出会い

5 「沢村賞」を取りたくてっていた

6 キャッチャーやチームメートのおかげと感謝している

成功のキーワード

以上から、クリスジョンソン選手の「成功のキーワード」を纏めてみます。「愛」 「夢」 「楽しむ」 「信仰」 「出会い(縁)」 「狙う(目標)」   「感謝」

纏めてみると、 祖母を思い、仕事の土地に愛情をもち、夢を具現化しようと志を持って頑張る。 先祖や神への信仰心があり、縁があって良き仲間に出会い、目標を明確にし(沢村賞)、楽しく頑張る。 結果には「感謝」の気持ちを言葉で表し、忘れない。

こんな感じですね。

2019年までの3年契約で、年俸3億円に出来高付きとの好条件。背番号42はアメリカでは永久欠番の光栄な番号、とにかくツキにも恵まれている今ですが、今後の活躍は、「初心を忘れない」ことに尽きると思います。 頑張ってほしいですね。

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。