人工知能(AI)が神様に祈る時代へ♦近未来の金運❤を小説で再現

Pocket

人工知能(AI)が不可能といわれた囲碁の世界でも、トップ棋士に勝つ時代を迎えました。Google DeepMindが開発した、囲碁AIが韓国のプロ棋士に圧勝したニュースです。人工知能(AI)の進化で、全自動運転の車や本物そっくりの人型ロボットなど、世の中は猛烈なスピードで進化しようとしています。

未来の人工知能(AI)も神仏🍀に祈る

このような時代、私達庶民はこれまでと同じように生活し、神社仏閣にひたすら願えば、幸運・金運はやってくるのでしょうか。 答えは「YES」です。 もちろん、時に立ち止まっても前を向いて歩き、チェレンジして創造的な未来を築こうと発起することが大事です。

では、ちょっと近未来の一場面を小説風に描いてみましょう。

^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^^^

【未来を空想短編小説風に描く タイトル:人口知能(AI)も神仏頼み ~part1~】

早くしないと始まるよ~」トム男はソヤ君を急がせる。大画面の立体ビジョンで生中継の囲碁最高峰「AI杯」が始まろうとしているからだ。アイフォン仕様のビジョンを見ながら走る。家に着くともう始まっていた。囲碁最高位に君臨する人口知能「AI大王」は無敵、大王にどこまで立ち向かえるか、人類最強の棋士「十兵衛さん」が立ち向かう。十兵衛さんの現在のランクはIA名人補3級、3目黒石を置いてAI大王に勝てば2級に昇進する位置だ。
人工知能は、人間のビッグデータを集めて作動しているので、無慈悲なことはしない。ちょっと余裕で、翻弄し、観客を楽しませる。エンターテイナーとしても優秀だ。
「あー!」次の一手は?、「駄目だ!」
十兵衛さんの所属するIKリーグの応援団からため息が上がる。4
囲碁IKリーグは今やサッカーのJリーグに匹敵する文芸アミューズメントだ。IK宝くじが棋士の勝ち星に対応した当たり番号で、一等1億円で空くじなしが魅力だ。
棋士の和服は著名人ビットKさんのデザインで、未来型大島紬での仕立ては海外でも大人気。ネットではビットコインで買うとバーチャルモードでスマホでもアイテムとして使える新型ビジネスに連動している。また関連ビジネスも林立し始めている。
予想サイトも盛り上がっている。
会場が盛り上がった、その時だった。
ずずずずー。ドシンドシン。ベキ・ガタン!「地震だ😭」
人工知能AIの上から、天井が落ちてきた。「アグー~!」AIが人間と同じようなうめき声を上げた。
「大丈夫ですか?AI様!」付き人が叫ぶ。 
「大丈夫ではない*、電圧の急上昇で脳の一部に異常回路が発生、このままだと機能停止になってしまう!」AI大王のこれまで聞いたことのない悲鳴、人間と同じだ。 今や人工知能AIは進化しすぎてしまい、AI自身が治せなければ、人間の力では修復不可能なレベルに来ている。
おっと、危機を救ったのは、自宅の立体テレビで見ていたトム男とソヤ君だった。スマホでAI大王に直接伝える「神様にお祈りやー」「
AI大王はすぐさまビッグデータを収集、これまで一番ご利益があったと評判の神社仏閣を検索、凸凹山の野地蔵様に願いの波動を送った。
・・・・・・to be continued

補足ナレーション
20XX年、人工知能(AI)の発達は、創作主である通常人間の限界を越え、僅かなスーパー人間だけが制御できる、ぎりぎりの危険レベル💀に達してしまった。

一握りの人間や組織が、ホストスーパーコンピュータを駆使して、人工知能を扱い、産業界をコントロール、富の支配を試みる。 多くの人々はロボットの代替労働によって仕事から解放されたが、無職またはパート労働者として、最低限の生活費の支給を受けながら生活している。世の難題はほとんど全てAIが処理して、いわば守護神仏となって鎮座している。人々は「AIの傘」のもと、趣味の文芸やスポーツを楽しむ日常を送っている。もちろんこの機に乗じて、AIを活用した創造的ビジネスや商売を始める新型人類も登場している。また自然に回帰した農林水産業に活路を見出す人もいる。新たな文芸復興の兆しもある。

そして、驚くことに、万能の人間以上となったかに思えた人工知能(AI)が、突然の電気的不具合、地震やカミナリなどの自然災害などを予期できず、大宇宙・大自然の前にパニックとなり活動停止、世界がパニックとなる。 ビッグデータによる人間的思考を完全駆使した人工知能(AI)が再び活動開始するや否や、神社などの神聖な場所にアクセスし、神頼みする手法を獲得し、精神面でも人間と同化する予想外の事態が。

ひょっとすると、こうしている最中でも、国家戦略や軍事戦略のプロが、人工知能(AI)を使いながら、国家間のもめ事までもシミュレーションしているかもしれません。

💛ピンチこそチャンス ・・・ 天は自ら助くるものを助く💛

さて、現実の世界では、今後十数年で、人工知能(AI)に奪われ無くなる仕事は約半分もあるとのこと。(英オックスフォード大学オズボーン准教授) 本当にうかうかしている時ではありませんね。 ピンチこそチャンス、人工知能AI時代到来は危機でもありますが、大きなチャンスでもあります。 「天は自ら助くるものを助く」(福沢諭吉)、チャンスを引き寄せるか、チャンスに自ら近づくか、まずはチャレンジしていきましょう。

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。