ストーンヘンジでヒーリング再生♣英国のスピリチュアルな聖地(5)

Pocket



「イギリスのスピリチュアルな旅、シェイクスピアと心霊体験(2)」の冒頭、旅の始まり「オックスフォード」のくだりで、

オックスフォード大学と言えば、人類の起源「古代宇宙飛行士説」

という話題に触れました。

古代日本にも共通しますが、古代イギリスの先住民族は大宇宙・神との繋がりを大変重要と考えていたのではないでしょうか。 まるで人類の祖先が「古代の宇宙飛行士」によって飛躍的な進化をしたかのように

イギリスはスピリチュアルなパワースポットの宝庫。これから向かう「ストーンヘンジ」は実は英国の中でも聖地ともいえるスピリチュアルな場所です。

日本でもイギリスでも登場するのは「竜・龍」
日本の神社のしめ縄は「龍蛇」を表している、と言われています。

イギリスでも「ドラゴン」は、その後「レッドドラゴン(火)・ホワイトドラゴン(水:水蒸気)」となって、ウエールズの国旗にもなっています。

古代イギリスでは「水と火」は再生の象徴、人間は輪廻転生によりまた生まれ変わる、と信じられていた。このような説もあります。
そこに登場する「ドラゴン」は、実は「火と白煙(水蒸気)」が天に昇り、「天」に迎え入れられるという、象徴的な儀式だったのではないか、と推測できます。 そしてその神聖な場所が「ストーンヘンジ」

神聖な儀式の日には、遠い祖先からの大切なメッセージを天に託すかのように昇る「ドラゴン」に心を癒されていたに違いありません。

気持ちを古代イギリス人に成りきってオープンマインド、心を天に開きましょう。
ストーンヘンジによって増幅されたヒーリングの心地よさが、あなたを再生させてくれるのが実感できるでしょう。

さあ、私たちもここでヒーリングしたら、新しいエネルギーを蓄えて生命力を再生、再出発です。

ストーンヘンジまでの車の所要時間は、今回の旅では ストラットフォード・アポン・エイボンからコッツウォルズのモートン・イン・マーシュを経由して、ノンストップで100マイル2時間30分程度の距離ですが、途中のバートン・イン・ザ・ウオーターからは「A419」を通って60マイルちょっと、およそ1時間30分ほどの所要時間となります。

日本と違い、交差点の信号で止まるということはないので、結構早く着きます。

イギリス特有の「ラウンドアバウト」にも慣れれば、イギリスの車の旅はとても快適ですね。

ストーンヘンジの場所をgoogle mapで示します。

イギリス エイムズベリー ストーンヘンジ



投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。