リアルな金運の掴み方♣ユダヤ人に学べばビジネスの世界が見える

Pocket



世界の富を支配しているとまで言われるユダヤ人

ノーベル賞受賞者が多いのでも有名ですね。

世界の人口比率0.2%のユダヤ人が全受賞者の20%を占める

これは驚きですね。

天才アインシュタインや最近ではノーベル文学賞で話題となったボブ・ディランなど全てのジャンルで受賞者を輩出しています。

 

さらに驚きは、なんとお金持ち

世界の富を動かすといわれるロス・チャイルド財閥などの大財閥を頂点に
独特の才能や、ビジネスを通じて、いわゆる成功者がいっぱい。
映画監督のスピルバーグ、経営の神様ドラッガー、などなど

時代の潮流IT企業の役員の30%はユダヤ人といわれています。

 

「金持ち母さん」で有名な星野陽子さんのユダヤ人に学ぶ「お金持ちになる習慣」が話題になっています。

❤ ユダヤ人がビジネスで成功する “マインド” はこれだ!

苦難の道を切り抜けてきた歴史から、ユダヤ人だからこそのDNAに染みこんだ知恵があります。

特に教育にも熱心で、「頭(知恵)」だけはどこにいっても失わない財産、と頭脳への投資を大切にしています。

「ユダヤ人=商売上手」というより、如何なるときも知恵を出し、「ユダヤ人=クリエイター」、すなわち世界一知的生産性を発現している、ということが言えるのではないでしょうか。

 

以下にユダヤ人の成功マインドをまとめてみました。

「なんとかしよう」すべてのことを自分の頭で考える、シビアに考え抜く習慣

→常に「なぜ?」と議論を重ねながら、なんらかの解決法を見出していく。
→徹底的に考え調べる。「なんとかなるさ」ではなく「なんとかしよう」考える。

「死に金」を使わない。「使うべきお金」と「そうでないお金」の見極めが明確

→本当に必要なモノにのみお金(生き金)をかける
→“生き金 ”を上手に見極める
→成功の早道になるような先行投資に金を惜しまない
→何かを始める時には、成功している人にお金を払ってでもアドバイスを請う。
(新しいことを始める時には「成功している人=メンター」を見つける)

お金の話にタブーなし!

お金の話をし合い「なぜ?」と思考を深めていく。
→とことんアイデアや解決策が出るまで考え、常識を突破していく。

 

ユダヤ人の原点とも言える、ユダヤ教の教え「タルムード」に次のように謳っています。(『政治・教育改革はユダヤ「タルムード」の教えを手本により』)

1)笑いなさい

2)他人とは違うものを発見せよ

3)権威を憎み、権威になるべからず

4)逆境こそチャンスと考えよ

5)カネより時間を大切にせよ

6)まずは元手がいらないことから始める

7)相手の話は自分の話の2倍聞け

8)生涯にわたって学び続けよ

9)カネは奪われるが知識は奪われない

10)知識より知恵を重視せよ。

 

さて、前出の話から、上記「タルムード」(1)から(10)を通して大切なことは、解決策の知恵が出るまで考え抜く習慣づくり、が重要だということが分かりますね。

私たちも日常遭遇するいろいろな問題に対峙する時、このような思考を心掛ければ、一歩一歩ビジネスの世界での成功(金運)に近づくことができるのではないでしょうか。

 
~~~ ~~~ ~~~~~~~

☛☛ ユダヤ人大富豪シリーズ ①その1 ②その2 ③その3> ④その4 ⑤その5 ⑥その6

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。