年末は自分をチェック、「商売繁盛」☘の法則から見た幸せ開運の方法

Pocket



何も年末に限る必要はないのですが、12月は一年の総決算。人生も商売もビジネスも体も、「原因」と「結果」の法則に照らして、ドッグ入り。 入念にチェックしておきましょう。

一年を振り返って「幸せ」な年だったか、いや「不幸せ」だったか。
商売は繁盛したのか、しなかったのか。
生活は充実していたのは、不満だらけだったのか。
目差す「夢」は実現したのか、しなかったのか。
一年を通じて健康だったのか、そうでなかったのか。

これらはすべて「当初計画(具体的な目標)」と「現実(結果)」とのギャップの大きさの体感ですよね。


「結果にコミットメント」する、流行語ともなった宣伝文句ですが、そのとおりなんですね。

  • (目標 < 結果) ⇒ パッピーハッピー
  • (目標 = 結果) ⇒ 満足
  • (目標 > 結果) ⇒ 不満足
  • (目標 >>結果) ⇒ 悲しい

実は私も結果が出なかったことがあります。
でも落ち込みもちょっとだけですね。
それは恐らく無意識の目標(いつまでに大体こうなってればいいな、というイメージ)に結果がそれほど違わなかったからです。目標が高かったので。自分でコミットメントしています。

企業経営ならそういう訳にいきません。立てた黒字の事業計画は必達です。結果を出さなければ「腹切り」しなくとも「切られ」ます。

ならば今度こそ! と意気込んでいるあなたにビジネス哲学を紹介しましょう。
人生に恋愛に仕事にも、共通するキーワードです。
こんどこそ、身につけて「リカバリーショット」といきましょう。

~~~~~~~ 「もしドラ」+「7つの習慣」アレンジ~~~~~

自分の将来の姿をはっきりイメージ ターゲットは誰か
具体的な目標を設定する いつまでにどうする
選択と集中 的を絞る
Win-Win の関係づくり 自分も相手も嬉しい
相手(顧客)の立場を理解する 話し合う(コミュニケーション)
1+1が2以上になる関係づくり 高めあう
流れを変える人になろう イノベーション

~~~~~~~ 「習慣化」「運」を掴む、「幸せ」掴む~~~

ドラッガーやスティーブン・ゴヴィーなど、著名な経営哲学・人生哲学がありますが、もっとも大切なことは「習慣化」ですね。

「成りたい自分になる」イメージ →行動の「習慣化」 →「結果」に繋がる
さらに「成りたい自分になるための習慣」→「運」を掴む →「幸せ」を掴む

これが幸せのゴールデンルールですね。

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。