車1:日本車のライバル、独車の快適な走りと安全体感

Pocket



ドイツ車の良さを一口で言うと、走りの体感の良さです。小雨が降ってくるとオートワイパーが作動しますが、そのタイミングが絶妙です。ストレスがありません。

市内ではエコモードで十分ですが、通常のコンファタブルモードなら道路の繁閑に敏感に対応できます。高速ではスポーツモードです。

もちろんスピード違反はいけませんが、時速250㎞までメーターがありますから、日本の道路では本来の車性能の半分以下を使う余裕が、ドライブのいたるところで、ドラ―バーの気持ちに心地よく、敏感に反応してくれるのでしょう。

日本車も居住性や走行性、特に燃費などではオーナーの満足度を満たしてくれるのですが、ドイツ車の良さは「痒い所に手が届く」ような満足度ですね。まさに日本のお株を奪うようで、日本メーカーも「よきライバル」として感謝して参考にするのも一案ではないでしょうか。

カーナビは、特に事故防止上の観点からの案内を重視しているようです。また走行中は地図スクロール以外は操作が出来なくなっており、兎に角安全に最大限の配慮をしていることが分かります。

最近パンクしそうになったのですが、走行中「タイヤの空気圧が低下しています」との案内があり、大事に至る前にタイヤ交換をすることができました。

 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください