考えよう!不透明時代の株式投資☘手堅く稼ぐ人の資産運用術とは?  

Pocket



身近なところに株式投資で大きな資産を手中にした人がいます。

彼はどのように考え、資産運用したのでしょうか。

世界では資産運用と言えば「株式投資」が当たり前ですが、日本では手堅くすべしと教えられることが多いですね。

事実、2016年に金融庁が行った調査によると、

■我が国の家計金融資産約1,700兆円の52%が「現金預金、近年の推移でも現預金優位は変わらない

■米英に比べ株式・投信の割合が低い

とのことです。

これは、日本が江戸時代という平和な時代に、何度か繰り返した経済危機を乗り越えてきた深い歴史と文化に起因する、日本人の危機管理のDNAがそうさせているのでしょう。当然といえば当然ですね。

今政府は、実践的な投資教育を推進し、株式や投資信託などによる積極的な個人資産の形成を後押ししようとしています。

非正規雇用者の増大や年功序列賃金などのちょっとした崩壊などで、これまで退職金などで資産形成してきた日本型のビジネスモデルが崩れ、ハイリスク・ハイリターンの金融商品に手を出さざるを得ない状況に、日本全体が追い込まれているからでしょう。

投資による資産形成はアメリカがお手本ではあるのですが、やはりリスクは付き物

日本では、実は投資に成功している人は1割にも満たないと言われています。なんと90%以上の人が失敗もしくは撤退しているのですね。

さて、前出の知人は良く株の勉強をして、しっかりと理論で「稼ぐ人」です。

初めは小さな一歩から

リスクの大きさを思うと、なかなか思い切って始めるのを躊躇するものです。大きく稼いだ話より「失敗談」を多く聞くからだろうと思います。

最初は「株主優待や配当金」を目的にすると、手堅い投資になり、かつ豊かな気持ちにもなれますからおススメです。

しっかり勉強すること

いきなり一攫千金を狙わず、常識的な考えを外さず、良く市場の勉強をすればそんなに失敗することはありません。

いろいろな情報に右往左往して、動いてしまうのが失敗の典型ですね。また、市販本の耳寄り情報を鵜呑みにするのも、だいたい失敗。プロはその逆を仕掛けています。

最初はいい感じでスタートするのが、最も油断しやすいパターン。主婦に持ちかけられる投資話はこの種のものがありますから要注意です。

ポイントはしっかり勉強して「話を持ち掛けられるより、こちらから動くこと」です。

まずは、株式投資と株式トレードのどちらに比重を置くかで、勉強の内容が変わってきます。

一般に優秀と言われる投資家の年利回りは10%

長年投資をやって、優秀といわれる投資家の平均年利回りは10%だそうです。勝ったり負けたりがあり、ずーっと勝ち続けることも大変なことなのです。

年利回り10%とは

10万円を投資に使うとします。(大富豪なら10兆円と置き換えても同じです)
 >1年後  10*1.1=11万円  これを全て再投資します
 >2年後  11万円*1.1=12.1万円 全て再投資します
 >3年後  12.1万円*1.1=13.3万円 再投資します
 >10年後 10*(1+0.1)^10=25.9万円 となります

まるで一時の中国のGDPの伸びみたいです。

株の世界と付き合う人は、ここをしっかりと頭においておく必要があります。
一般の人では常時10%などはあり得ないのです。
いや希にいます。
あなたは希な人ですか?

まず、手持ち余裕資金の10%から始める

成功したビジネスマンがよく口にするのは
一、自由になるお金の1割くらいを投資に使う
二、この金は負けてもいい、捨てたと思うこと
三、勝てば儲けもの、負ければ経済の勉強
まずは10%から始めましょう。

精神的なプレッシャー度は相対的なもの。
サラリーマンの10万円も富豪の何億円も同程度です

目標は長期平均5%

やはり株式投資を始めるのなら、5%成長モデルくらいが野心的ですね。
5%でも10年後には10万円が16万円になります。
1億円なら1億6千万円

戦術的な話しは専門家におまかせして、一つ格言をお伝えします。

我が心に 合いたる事は これ皆毒と思うべし

 

本日は以上です。

参考「過去記事」はこちら☞ 「マネー不安を解消!確実に金運アップを引き寄せる開運の方法は?

 

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。