困難に出会った時「心」のあり方はどうあるべきか「禅」の師家に学ぶ

Pocket

コロナ禍の最中のように、当たり前の日常がガラリと非日常
に変わってしまうという事態に直面してしまった時、私たち
はどう「心」を整えればいいのか?

この対処の仕方を「禅問答」を交えながら分かりやすく説か
れるのは禅寺の高僧、松竹寛山師家です。

要点を先に書き出すと次のようです。

一、なりきる
二、自問自答する
三、向き合い、前へ進む

「禅問答」がはいりますから、分かりやすいといっても少々
感覚を研ぎ澄まさないといけませんが、大まかな内容はこう
なります。

一、なりきる
 進退極まる絶対絶命の真っただ中では理屈や頭で考えだし
た解決法は全く通用しない。そこで、あえて自身を投げ込ん
で体感してみたら気持ちが徐々に鎮まり、ありのままの現状
を見ることができるようになる。
 すると、自分の限界を知り、主体的にこうどうすることの
大切さが分かってくる。

二、自問自答する
 情報過多の時代にあって、振り回されない自分をつくる。
このための日常習慣として毎日自分に呼びかける。
 文字通り、自らに問いかけ、自分が答える。
 A 「おい主人公(自分の中の自分)」 
 B 「はい」
 A 「しっかりしろよ」
 B 「はい」
 A 「どんな時も他人に騙されるなよ」
 B 「はい」
 A 「主人公よ、人のために尽くしているか」
 B 「はい」
 A 「自己を正しているか」
 B 「はい」
  ・・・・・といった具合です。、

三、向き合い、前に進む。
 災難にあってしまったならば、そこから逃げず、災難に向
き合うのがよい。これが災難から逃れる妙法です(良寛和尚)

 松竹寛山師家は続けていいます。

 生きるうえで想像もしなかった不遇や困難に見舞われた時
いつまでも現実を否定したり、周りを責めたり、あきらめた
ままで生きるわけにはいかない。

 不安や怒り、恐怖を感じたときには自分へのメッセージと
受取り、その出来事としっかり向き合えば、いまなすべき事
が自然と分かってくる・・・(以下略)

ふと見つけた「禅」の高僧のお言葉、

コロナ禍のさ中だからこそ、見つめなおしてみたいものです。

 
 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください