経済のプロが言う「2020年までに無くなる仕事」って、変でしょ!

オックスフォード大学が認定した、今後10年で「消える職業」というのが話題となりました。

人工知能AIの出現で、グーグルカーのように完全自動運転の車が出現すると、あっという間にドライバーは仕事を失う。

これは現実味がありますね。

社会の進歩にも大いに貢献するでしょう。この類いのようにコンピュータ化の更なる進歩によって、人間の失う仕事は非常に多いとし、概ね次のような職業があがっていました。

銀行の融資担当者 電話オペレーター
スポーツの審判 時計・カメラ修理工
不動産ブローカー カジノのディーラー
義歯製作技術者 訪問販売員・露店商人
ネイリスト 電話販売員
簿記会計監査の事務員 税務申告書代行
動物のブリーダー 集金人
給与・福利厚生担当者 ホテルの受付係
検査・測定を行う作業員 データ入力作業員
娯楽施設の案内人 レジ係
★ガッテンしない仕事↑  ★ガッテンする仕事↑ ★果たして?

確かに、全体傾向としては、認める部分もありますが・・・・〈Θ⊥⊗〉¡ 

注意!

でも、これらに従事している人ってそんなに多いですか?

日本ではもう既に減ってしまった職業ばかりが目に付きます。

しかも今や【作業+付加価値(サービス)】の世の中。どんどん進化しています。

♠ホテルの受付が病院の自動受付みたいになって大丈夫ですか。〈Θ⊥Ø〉

どれを見渡しても「付加価値サービス」というワンランク上への流れを予測しているようには、全く見えませんね。

♠例えば「義歯製作技術者」。3Dプリンターによって取って代わられるかもしれない。そりゃそうでしょう。現在のままではですね。

♠では「義歯製作技術者」側がもっと進化したらどうでしょうか? 噛み合わせとか細部の細かい仕様とかをワンランク上手に提案したら・・・?

♠「ネイリスト」もそうでしょう。単なる技術なら機械に置き換わるかもしれません。そのようなニーズも出るでしょう。

♠でも、よりアートな演出であったり、ネイルをすると年寄りも積極的な行動ができるようになる、といった最近の調査結果などにように、ますます裾のが広がり、進化していくとなれば、決して無くなるどころか、ワンランク上のステージに向かう可能性も十分秘めています。

♠銀行の融資って、ATMじゃあありませんよ。事業が長期にわたって継続していくための諸条件を見極めたり、提案したり、今後想定外の景気変動等に対して、創造的な部分はますます重要になってくるかもしれません。

♠スポーツの審判をロボットがすべてやって面白いですか? アミューズメントですよね。審判と一体となって盛り上がるのが面白い、或いはそのように創造的な審判が活躍するなんて想像するだけで楽しいですね。

♠バスが自動運転で運転手不要だとか。普通は法令で安全重視。用は無くても一人は貼り付けとかないと、まさかの事故の時だれが責任を取るのですか?

このように考えると、確かに単純な作業だけでなく単純な思考はAIにとって替わられるでしょうが・・・。

でもそれ以上に、活路が開ける可能性の方が大きいのではないでしょうか?

検証➡ このような視点で日本で2013年にインタビューされた「2020年までに無くなる仕事」を検証してみましょう。

2013年に経済のプロ40人以上が明かす「2020年までに『生き残る会社』『無くなる仕事』(週間現代)」というのがありました。

経済のプロってオカシイですよね。〈Θ⊥⊗〉¡ 

まず「生き残る会社」に東芝を挙げた人が複数いること。本当によく調べたのですか?あとは皆手堅い会社ばかりなので、素人でも同じ答えになるでしょう。

そして、2020年までに無くなる仕事は次のように予想しています。

  消える職業   消える理由  コメント
電車の運転士・車掌  無人運転が可能となる  × (更に未来
レジ係  電子タグとスマホ決済  △
通訳・速記  音声自動通訳システム  △
プログラマー  海外のプログラマーに  ?
新聞配達員  ペーパーレスの進展  ?多少
郵便配達員  ペーパ―レスと宅配に (宅配の方が?)
レンタルビデオ  コンテンツダウンロード  △
ガソリンスタンド  ガソリン需要の縮小  (公共性)
高速道路の料金徴収  ETC設置普及  〇
10 仲卸業者  ネット普及、TPPで不要論  △(Tpp×)
11 小規模・兼業農家  高齢化とTPPで敗者となる  △(Tpp×)
12 大手電力会社  電力自由化で抜本的改革 ?そんなに簡単には
13 太陽光発電事業  中国に敗れる ?蓄電セットで活路
14 参議院議員  議員削減  ×(希望すぎる)
15 専業主婦  財政危機と老後不安拡大 △減るでしょうが・

コメント欄に記したように、 世の中はダイナミックに変化・進化しています。

趨勢だけを数字で追うと、確かに予測のようにも見えます。・・が、・・・

注意!

そのままでは無くなる仕事も、ちょっとしたアイデアやモノの見方の変更などで、新たな付加価値を付けて、進化の方向に発展していけるのではないでしょうか?

まさに

ピンチはチャンス!

ですね。厳しい状況に置かれているとしたら、進化する方向に意識を集中しましょう。 必ずチャンスと幸運が巡ってくるに違いありません。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

寺社の宿坊、シティホテル並みのPPAPで、ワンランク上の巡礼の旅

魂のリフレッシュ、運気アップに「パワースポット巡礼」

今若者の間でパワースポット巡りが静かなブームになっています。

伝統の寺社巡礼に加わり、「君の名は」で流行りとなった聖地巡礼、さらに外国人観光ブームが加わって、ちょっとした「ブレイク」状態

若者や外国人の白装束すがたも珍しくないですね。人はなぜ巡礼をするのか?

 

巡礼で得られるもの  自分と大宇宙との繋がりを知る

いつもの生活環境では、自己を見つめ直すことはなかなか難しいですね。ストレスが半端じゃないからって簡単に会社を辞める、という訳にはいかないでしょう。

一時環境を変えて、気分も変わり、リフレッシュできれば、行動が変わる。一種の悟りが必要な時。

思い切って近くの神社などパワースポットに、ミニ巡礼でもしてみてはどうですか?

すると結果が良い方向に向かう、気が付けば自分の性格まで明るくなった、と自覚する。 その時ふっと「神様のお導きのおかげ」と思えるようになる境地に。

自分と大宇宙が繋がった瞬間です。

 

さて、いよいよ歩いての聖地巡礼に。
といっても、実は泊まりは一大決心ですね。

「宿坊」は無くてはならないものですが、里から離れた場所で宿泊施設を探すのは一苦労なのでは?

この「宿坊」、料金一泊二食で6千円から1万円前後というのが一般的

「宿坊」は元来、寺社併設の巡礼者に宿泊の便宜を図った「宿」ですから、質素で当たり前ですよね。むしろ自分を見つめたり、仲間と話し込んだりして魂の洗濯をするもの充実した巡礼の過ごし方の一つ。

なので所謂「快適」空間となると、満足するところは少ないのではないでしょうか。

 

 

ところで、知っていましたか?

「宿坊」という巡礼の宿が PPAPで蘇る!

宿坊と言えば、なんとも質素な巡礼者の宿泊所
それがシティホテルホテル並みに蘇ると話題に

「和空プロジェクト」と名付けられた寺社と積水ハウスのPPAP、今進行中の「宿坊再生プロジェクト計画」です。

写経や座禅という非日常を体験しながら泊まれるプレハブ建築の「宿坊」に寺社からの問い合わせが殺到しているらしいですね。

構造はプレハブでも地震に強く、仕様はホテルと変わらない完成度の高さが売り物
これなら一種の「イノベーション」ではないでしょうか?

 

巡礼で自分と大宇宙の繋がりを知る ❤ 

そして、

「自分を知る」だけで 運命の輪は 自然と上手く回り出す

何故なら、

「自分を知る」ということは成功者の重要な条件

だからです。

成功者は「自分」を熟知していて、自分が見て聞いて「嬉しい」ことにアンテナをいつも向けている。

もしあなたが「ワンランク上の宿坊」での巡礼が「嬉しい、満足だ」と感じるのであれば
 ワンランク上」の自分になれる、そのチャンスがいずれやって来る
間違いなしです。

少々高く付く聖地巡礼ですが
運気アップの自己投資ならお手頃かも〈Θ⊥Ø〉í
ワンランク上の「チャンスを掴む力」を確実に身に付けたいものですね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

副業解禁を政府がバックアップ!収入アップのチャンス到来となるか 

副業解禁は収入アップのチャンス? 副業でガッチリ、楽しく稼げるか。

昔は「よく働く日本人」今は「休日の充実した日本」

さて観光、旅行、それとも趣味? と国も「観光こそ地域経済活性化」とばかり力を入れてきました。 豊かな社会の目差すゴールのようなイメージですね。

欧米のスタイルがそうだったんですね。

そうはいってもお金もいるし、家でゴロゴロいうのも、というのが最近の日本・・・休日を持て余してしまう人も多いのではないでしょうか。

ちょっとまって!

そんな人にはチャンス。家でゴロゴロする位なら楽しく働いた方がマシ!

日本人の6割が休日はテレビ・ネット・ショッピング、あるいはギャンブルなどで過ごすという調査結果があります。

たぶん多くの人がこのどれかに入るのではないでしょうか。

子育て世代なら日曜日は子供サービスデー、アラサーに限って言えば「睡眠」が高い割合で入るかもしれないですね。

(事実、週末は寝て過ごすと答える若者が多いみたい)

そこで疑問。さてさて「副業で稼いでいる人って、どれだけいるのでしょうか?」 

経産省の調査では、副業を認める企業は3.8%、ビジネスパーソンの14%が副業をしていると答えているようです。 さらに潜在的に半数近くは副業に興味があるとか。

残念ながら、現在の世の中、まだまだ圧倒的に副業禁止の会社が多いのも事実ですが、実は以前から副業を認めている大企業も結構あるようです。 副業する人=優秀な人材と考え、他社にヘッドハンティングされるぐらいなら副業どうぞってな感じですかね。

リクルート、ヤフー、サイボウズ、日産、富士通、花王、ロート製薬・・・

そんな有名企業でなくても、今や日本社会は、多様な働き方を許容する方向にならざるを得ない時がきているのです。

この直接的な原因は、一億中流の時代から、貧富の差のアメリカ並み拡大などの社会問題が顕在化するにつれて、労働人口の不足、女性・高齢者の働き方が多様化せざるを得ない現状にあるからです。

米国は不法移民の人たちが労働市場を支えていますが、日本は非正規雇用の女性や高齢者がこれを支えてきました。さらに最近では若い男性の姿も目立ってきました。

今や共稼ぎや副業が不可欠となっているのが現実です。

 持て余した余暇は「旅行か趣味」といった、単純な余暇設計はもう終わり

副業解禁を普及拡大するための「ガイドライン」を政府が作成、働き方改革の一環として、企業に柔軟で多様な働き方を政府が後押しする姿勢を鮮明にしました。

休日の拡大と共に、旅行産業は確実に拡大してきました。そして外国人観光客といえば「中国人」というくらい、欧米以外の国からの観光客も増えており、GDPを左右するくらいの勢いとなっていいます。

一方、「趣味にお金を使う」休日の過ごし方が当たり前ではなくなった、いう現実があります。

これは働き方の「ピンチ」か「チャンス」か?

内職の手仕事、FX、アフィリエイト、ネット販売・オークションなどのインターネットビジネスなど、在宅の仕事がネットを通じて普及してきました。

フランチャイズ(FC)というビジネスモデルも、副業の選択枝の一つとなっています。。

国が「働き方改革」などと副業の普及に力を入れる中

「今の仕事だけで一杯一杯なのに、更に副業する余裕なんてない!」との声も聞こえてきます。

副業の成立条件とは、無理なく長続きできることですが、

❶「終業後や休日を活用してできる」仕事
❷「好きな時に自分の時間ででき、本業を圧迫しない」仕事
❸「子育てや年齢的な制限、病気などの為限られた時間でできる」仕事

など、自分の実情に合った仕事でなければなりません。

 

クラウドサービスを活用した業務の在宅「外注化」が脚光を浴びている。

切実なのは、子供がいたり年齢的な制約で限られた時間でしか働けない人たち。

一方、企業でも長時間労働の短縮で外部の人材に頼らざるを得ない実情があります。

両者を繋ぐのがインターネット。 クラウドサービスなどを利用して在宅での働き方が脚光を浴びてきました。

ネット時代、飛躍的なチャンスと落とし穴

飛躍的に広がった誰にでもできるチャンス。逆に落とし穴も隠れていると構えて置くべきです。

古い言葉があります。

☘ 温故知新

ネット時代といっても、歴史は繰り返すのです。過去の成功と失敗から、学び、そしてイノベーションを起こすこと。これが大切です。

 

そして、引っ掛けビジネスにこそ注意😭;-)

コンビニフランチャイズのような大手でも、実際にやってみると、「バイトの突発休の穴埋めにオーナー自ら入ることが多く、全く休みが取れない😭( ´;゚;∀;゚;)」とか「夜は旦那が入り、昼奥さんが入るため、夫婦の会話がない😭」なんてこともザラ。

生かさず殺さず、搾取の経営哲学の非情がこの業界のルールだと身に染みて学習する事になります。 これも勉強ですけど、始める時から覚悟が必要ですね。 成功する人もいれば失敗する人も多いのはビジネス界の通例。

成功するには用意周到な準備と負けない魂が不可欠
自分のため、同時に他人にも喜んでもらえる仕事。
 間違っても他人を困らすビジネスには手を付けない、当たり前ですね。

こんなリスクも頭に入れながら、これから広がる仕事をスポットを当てておきましょう\(^_^)/

😋リアルビジネス

飲食業
スキルビジネス
理美容
介護サービス
宅配、配送
代行業(業務委託)

😋ネットビジネス

アフィリエイト(個人型ネット広告)など、リアルビジネスのネット拡張が可能な全ての職業

 

ネット時代、全員がほぼ同じ土俵に立てる時代が来たと言えるでしょう。

まずはメリットとリスクの情報収集を十分して、自分のライフスタイルに合ったところから始めてみましょう❗

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

「てるみくらぶ」倒産は他山の石♠ネットバブル時代のリスク回避とは

「てるみくらぶ」倒産で悲鳴が続出、今なお海外に取り残された人も一大事ですね。落ち着いて、とりあえず目の前の危機から脱出する方策を考えましょう。

【緊急にトライアルすべきこと】

♠海外に旅行中の者

☞日本大使館などの公的機関、現地国の公的機関、日本企業の現地駐在所など、身近なところに飛び込み、緊急避難と相談を持ち掛ける。あとで貴重な思い出話ができる日が来ます。

♠これから出発しようとした者

☞「国際テロに会わずに済んだ」とプラス思考で考える。命をお金で買えたと思えば安い買い物。これを教訓にリスク対処を自ら考える良い機会とする。

♠入社内定者

☞人生の初期段階で試練を与えてくれた神様に感謝。長い人生の教訓を若い時に体験できて、以後の人生でのつまずきを未然に防止できる力を身に付けるチャンス。ラッキーと考える。

♠その他トラブルに巻き込まれた者

☞転んでもただでは起きない意気込みが大切。これからの人生を最適化できるよう未来志向で考える。家族なら団結するチャンス。一丸となって危機を乗り越えましょう。

^^^^^^〈Θ⊥♥〉↑^^^

東京商工リサーチによると、「てるみくらぶ」の平成28年9月期の債務超過額は75億円、それが平成29年3月23日には126億円に拡大していました。

特に目立つところは、お客からの前受金が100億円にも達しており、半年で30億円もの増加となっています。

倒産時の負債総額が150億円ですから、2/3がお客からの前受金で、宿泊等の仕入費用未払い分が21億円程度、金融機関が23億円程度と推定できます。

円高時代は順調に稼いでいたでしょうが、円安に突入して以降でも旅行代金も格安のままだったとしたら、累積赤字があっという間に膨らんだに違いありません。

為替変動の激しい昨今、グローバルに事業を展開している会社は、大波小波に翻弄されることを覚悟しなければならないでしょう。

 ピンチはチャンス 

こんな時、企業のトップはもとより、この時代を生きようとする者すべてに必須の危機管理、それは「人間の感性」を磨くこと。 コンピュータであるところの大脳皮質ではありません。 危機感をもって、かつプラス思考。

勇気と自信を持てたら迷わず行動することが幸運を「引き寄せる」ことに繋がります。

「ピンチはチャンス」、これを三回繰り返すといいですよ。

大富豪D・ロックフェラー死去、世界の金を動かす後継者はだれか?

D・ロックフェラーといえば、知る人ぞ知る世界の金の流れを支配するといわれる大富豪

ロックフェラーとはいかなる人物か

一説にはロックフェラー財団は「世界中が一年間に生み出す2000兆円の富のうち、十分の一の200兆円を自由にすることが可能」(並木伸一郎著:眠れないほど面白い「秘密結社」の謎より)と言われているそうです。

資産総額3720億円(フォーブス誌)と言われる表の顔だけでもビックリですが実は超大国アメリカの世界戦略を決めている、とも言われているので超凄い人物です。

凄まじい影響力

今や、ロスチャイルド系一族などと共に、ユダヤパワーは世界秩序を導くすごい影響力を持っているとの話が公然と広まっています。そしてロックフェラーはその筆頭者です。

というのも、

アメリカの外交問題評議会(CFRという)がアメリカの外交政策の実質的決定者と言われていますが、ロックフェラーはこのCFRの創立メンバーであり筆頭者であります。

このCFRは国際政府機関の一つですが、CFRと姉妹関係にある英国の王立国際問題研究所(RIIA)はともにロックフェラー財団の支援を受け、第二次世界大戦とそれ以降の世界戦略でも、国際問題の重要案件を主導的に影響力を行使していたというのが、信頼できる情報筋からの話です。

加えて言えば、ロックフェラーを筆頭に、モルガン財閥、ロスチャイルドといったユダヤ系財閥はロシアすら動かしているとも言われ、実質世界秩序を手中に治めているといって過言ではありません。

ですから、ロックフェラーの後継者は間違いなくこの超凄まじい影響力をも遺産相続するはずです。オー・マイ・ゴッド!

実はこのロックフェラーは慈善活動にも熱心で、また親日家で知らたことから、どこかに親しみを感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、さすがに寿命には勝てず、6回の心臓移植を行って101歳まで長生きしましたが、最後は大往生だったようです。

 

さて、D・ロックフェラーの後継者は誰か?

2020年の東京オリンピック後の世界政治経済の動向に影響するとも言われ、今注目が集まっています。

ロックフェラーの後継者は誰か? 恐らくこれだけの影響力を世界に持つともなれば、天に近づくほどの人格者でなければならないでしょう。 その男とは?

ジョン・ロックフェラー4世

ロックフェラー3世の長男で、ゴールドマンサックスなどの所有者として、ここ数年ロックフェラー一族の中で、中心的存在になりつつあった様です。

先ほど触れたように、ロックフェラーとロスチャイルドの世界二大財閥の華麗なる人脈は、イギリスのエリザべス女王をはじめ、アメリカのブッシュ元大統領など米英のリーダーたちのみならず、日本のリーダーとの繋がりもあるとの噂ですね。

この視点で世界の動きを見ると、そのように見えるから不思議です。

ブッシュ元大統領の来日では、靖国神社をお参りして日本式に拝礼されたことが印象的でしたね。普通には決して有りえない光景ではないでしょうか。

話は戻りますが、今後ロックフェラー家の当主となるジョン・ロックフェラー4世とはどんな人物でしょうか。

ジョン・ロックフェラー4世の経歴

❶1937年6月18日生まれ(79歳)
❷上院議員(民主党)
❸第29代ウエストバージニア州知事
❹ハーバード大学 (日本留学:国際基督大学で日本語を3年間学ぶ)
❺2013年旭日大綬章受章
➏日本でのエピソード:日本を発つ前日のお別れパーティでのプレゼントが「喧嘩すること」。これが後に本人も最高の思い出となった(ウィキペディア)

これらから、ロックフェラー一家そのものが「大変な親日家」ではないか、と推察できますね。

世界を牛耳る力がある、と言われるロックフェラー4世。いつまでも親日でいてほしいと思いませんか。

 

参考記事

ロックフェラーに関する参考記事を集めました。

■最年長のロックフェラーが遺した25の言葉、100年間に学んだ人生の教訓とは(→こちら

>100歳の誕生日を前にフォーブス誌のインタビューに応え、人生において学んださまざまなことについて語った内容25の言葉を紹介している。 例えば①利益は事業にも人生にも重要⑮家族を大切にする⑲良き師を見つける㉒冒険心を大切にする・・・など。 常識的な言葉ですが、あらためて参考になります。

■世界史の窓 (世界史の窓「ロックフェラー」→こちら

>ロックフェラーが19世紀後半、石油開発で成功したところからの解説。客観的な事実が書かれていて参考になる

 

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領で日本は☘そして私達はどうすれば開運するのか? 

トランプが米ロ関係修復で日本への影響は?

ロシアのアメリカへのサイバー攻撃を認め、「もしプーチンがトランプを好きなら、プーチンは負債ではなく財産だ」と述べた。 経営者らしい見解ですね。

裏取引がなければ・・・ですが・・

世界情勢を旧来の「商人」の視点で捉えており、ファンドトレーダーに左右される偏った経済政策からの脱却、リアルビジネスの健全化を期待する一般弱者からの支持は大きいものがあります。 一方、現在大きな財を得ている勝ち組や「アメリカファースト」での人種的反発は、トランプのカウボーイ時代的な乱暴さも手伝って、凄いですね。

「メキシコ国境に壁をつくる」ということに物凄い反発する人々に見方する報道が多いのも意外な気がします。何故なら不法移民の人は住民税などを払わないのですから、真面目に税金を払っている人はおかしいと思わないのでしょうか?

そして最大の問題は外交、特に東アジアでの緊張にどうとりくむのかですね。

核を持たない国どうしの小競り合いを煽って、武器商売をしようとする古い時代的な思惑は、今のところは足を踏み入れてないように思われますが・・。

今後、日米関係はどうなるのか?

“トランプ大統領で日本は☘そして私達はどうすれば開運するのか? ” の続きを読む

大ヒットアニメ「君の名は。」☘アカデミー賞受賞の可能性は?%

記録的な大ヒットとなっている「君の名は。」がアカデミー賞(オスカー賞)の長編アニメーション部門で候補に上がりました。 この報道に「当然でしょ!」と思う人の方が多いと思います。

ですが、油断はできません。今回は史上最多の27作品が応募しており、ノミネート作品5つに絞ります。(現地時間 1月24日)

最大のライバルは?と見なされるのがディズニーの「モアナと伝説の海」「ズートピア」「ファインディング・ドリー」とフランスの「レッド・タートル」そして米国ライカのJapan風「Kubo and The Two Strings」など強敵ぞろいです。

中でも、「ズートピア」が高い前評判となっています。動物の楽園で警察官になりたい小さな女の子のリスが、現実社会と同じく強い偏見と闘っていくコミカル・シニカルの話題が満載のアニメで、アメリカの老若男女が好むサクセスストーリーです。

さて、このアカデミー賞の賞金ですが、受賞するといくら貰えるのか興味がありますね。

実は賞金は「ゼロ」だそうです。しかしながら紅白歌合戦出場どころではない「箔」がついて、その後は文字通り「人生のレッドカーペット」を歩むがごとく、輝く未来が待っているのです。

例えば主演男優賞の受賞者なら、たちどころにビリオネア(億万長者)の仲間入りとなります。ノミネートされただけでもギャラは跳ね上がるといわれています。まさにアメリカンドリーム🍀そのものと言えるでしょう。

新海誠監督の最高傑作アニメ、強敵ぞろいの今回、受賞確率は期待を込めて80%といきたいですが、正直20%というところでしょうか。是非「千と千尋の神隠し」以来の快挙、期待したいですね。

今年のアカデミー賞開催は2017年2月26日(日)です。

なお、「君の名は」の過去記事を見たい場合はこちらをクリック 【1】宮水神社はどこ?【2】組紐と口噛み酒【3】気になるその後を占う

湯~園地実現へ☘大分市PR動画100万回越え☘冬は別府温泉で開運

さんまさんの「生きてるだけで丸儲け」の言い出し元祖、油屋熊八の銅像がある別府温泉が今再び熱い。

年間800万人もの観光客が押し寄せる、現在でも日本有数の温泉。 さらなる仕掛けが町ぐるみで行われようとしています。

別府温泉には金運開運の色々なアイデアやパワースポットなどがあちこちにあります。さらに、今話題なのが「湯~園地」のPR動画。100万回越えから200万回越えも間近の勢いです。

・・・・・・・・ ☞別府温泉のおすすめ「パワースポット」を最後に掲載します。・・・・・・

温泉の本家、別府温泉で、お湯がはったジェットコースターやメリーゴーランドなどが実現すれば、世界からも注目が集まること間違いなし。

実は別府温泉には、山裾に金山がありました。ところが金山は温泉の熱気でサウナ状態。やむなく閉鎖となり、代わりにそこに「遊園地」が整備されたという驚きの過去が・・・。 今回の「湯~園地」構想は決して単なる幻ではないのです。

ところで、別府温泉は八つのエリアからなっており、このエリア全部の湧出量は日本一なのを知っていますか。

中でも地獄めぐりが有名。鬼山地獄にはワニを飼育しています。
ところで、別府温泉はなぜ湧出量日本一になったか。

町中どこでも温泉が楽しめる、温泉パラダイスが別府の特徴ですが、 実は2つの断層崖が町を横切っていて、これに沿って湯けむりが上がっている地形となっている特徴があります。

そして、町中央には、流れ川という湯けむりがあがる温水が流れる川(今は暗渠)もあります。

更に温泉の温度や泉質が凄い。八幡地獄といわれる源泉は凡そ100度Cの沸騰するほどの温度ですし、酸性とアルカリ性の二種類に分かれているのも味わい深い温泉となっている理由です。

観光と湯治場としての温泉、眺望良好でアミューズメント性に優れた別府温泉。有名になる理由がそろっている訳ですね。

そして今回の別府温泉全体を盛り上げるプロジェクト。いつ完成なのか、またどこにつくるのか、今から楽しみですね。

どのようなアミューズメントになるか、その未来予想図は?  
“湯~園地実現へ☘大分市PR動画100万回越え☘冬は別府温泉で開運” の続きを読む

今年の冬は緑茶で健康・開運☘インフルエンザ猛威の予感(@_@)

インフルエンザの流行期に今年早くも突入しました。 主流が香港A型で、高齢者や小児が重症化しやすいのが特徴、さらに大流行する恐れがあるそうですから、油断なりませんね。

香港A型にはワクチンが利きにくいとも言われていますので、しっかりした対策が必要です。

緑茶の効果
そこで是非実践したいのが、これまでもよく言われている「緑茶」の効果です。緑茶のカテキンは、殺菌力で風予防に直接効果があることは有名で、

  • 高い殺菌作用でうがいでも効果がある
  • 5分ふごとに「ゴックン」するとよい

と実践している人は多いかと思います。そして、緑茶のカテキンは “今年の冬は緑茶で健康・開運☘インフルエンザ猛威の予感(@_@)” の続きを読む

加賀百万石の兼六園は今紅葉が見ごろ❤美味しいおでんの食べ頃

金沢から能登半島にかけてのエリアはパワースポットの宝庫。地球的規模での自然現象がもたらすエネルギーが繊細に集合するところ。

金沢城に兼六園、金沢神社、大乗寺、さらには能登半島に向かって行くと、白山比ひ神社、金釼宮、気多神社、聖域の岬「珠洲岬」など金運アップのスポットが凝縮の魅力がいっぱいですね。

そして、冬将軍到来でも、紅葉の景勝地も雪とのコントラストが、気分一新には最高😃⤴⤴ とリフレッシュができるとっておきのエリアです。

さらに、なんと冬といえば鍋物、「おでん」、
このおでん、なんと金沢が日本一って知ってました⁉ “加賀百万石の兼六園は今紅葉が見ごろ❤美味しいおでんの食べ頃” の続きを読む