健康長寿の秘訣、生涯現役・笹本恒子102歳が今教える開運術

笹本恒子先生と言えば、世界で一番高齢で現役の写真家・フォトジャーナリスト。マリリンモンローの12歳年上で、大正3年生まれ(1911年)の102歳です。

101歳で自宅で転倒して脚を骨折そして手術からリハビリ
車いすが離せないものの、写真を撮るときは立ち上がることだってできる、バリバリの現役です。

平成29年4月1日のテレビ出演では、手にマニュキュアを塗りオシャレで実に若々しく話す笹本さんに目が釘付けとなりました。
写真をとるときは元気が倍増するのでしょうか。若者のような目と表情で生き生きして見えたのには大変な驚きでした。

 

そんな塚本さんの健康秘訣は、規格外のアグレッシブな生き方

❶何歳になっても「ときめく心」をもつこと

96歳で初めてしたこと  初めて年齢を公表 そしてフランス人彫刻家とのロマンス

オシャレを欠かさず、100歳にしてベストドレッサー賞・特別賞を受賞するオシャレ美人です。

 

❷辛いことは「一生懸命われようとする」こと

人生にもつらいことがあったが。辛いことは「一生懸命忘れよう」としてきたと言います。 好きな映画を見たり、洋服作りをしたりして、積極的に忘れようとしたと。

確かに、ハーバード成功の哲学でも、「忘れたい」と思うだけで本当に記憶は消えているとのことです。いらなくなった情報をどんどん消去していく「ことが「脳」のパフォーマンスを高める働きがあるのですね。

 

❸「人生にもう遅いという年齢はない」という強い好奇心と努力

生きてる限りは仕事を続けていきたい、という笹本さん。

常に前向きに何にでもチャレンジしてきたこれまでの人生。昭和22年 フリーのカメラマンとして初めて 皇族の自宅の写真を撮影したというジャーナリスト魂は、強くてキレイな好奇心の賜なのでしょう。

 

❹ワインと肉🍖中心の食生活

そして忘れてなならないのが食生活。

一般的に動物肉よりも魚🐡と野菜の日本食が健康の常識なのが今ですが、笹本さんはなんと肉とワインがメインの食事。

毎日100ccの赤ワインと100gの肉食。牛肉、豚肉、鶏肉、ステーキ・とんかつなんでも来い。大好物はチョコレートとか。(でも、かなり高齢になってからの肉食かもしれません)

おしゃれに感心 アクセサリーを付けるのは「頭の体操」、2014年にベストドレッサー賞 アクセサリーとあれこれ考えることが「頭の体操」になる。

健康長寿の秘訣は、「人生にもう遅いという年齢はない」というアグレッシブで強烈な生命力だったのです。

何とも規格外のスケールをもったスーパーウーマンの「脳」が描く未来。 笹本さんの生き方に「開運の秘訣」をみることができますね。

 

 

脳波に秘密!デルタ波が健康なら金運の夢はアルファ波?シータ波?

不思議体験をした人に聞きます。
その時どんな脳波が出ていたと思いますか?

脳から出る脳波、
主に4つに分類されています。

ベータ波
アルファ波
シータ波
デルタ波

アルファ波はリラックスした時に出る波
のんびりと想像や空想しているときで、
インスピレーションも働くらしい。

シータ波は眠くなった時に出る波
瞑想、幻想的な夢やひらめきに関係があるとか

デルタ波は夢も見ない、起こそうとしても気付かない深い眠り
デルタ波は健康な人は沢山出ており、糖尿病の人はちょっとなんですって!
デルタ波のでるたっぷり睡眠を睡眠薬で誘導し、熟睡でストレスホルモンを抑制、
糖尿病を劇的に改善する治療法がNHKで紹介されていました。
20代で8時間半の睡眠 平均7時間半の現代青年に比べ インスリン分泌が大幅アップ
必要ならば休日の寝だめも必要 睡眠不足の負債を返している効果があるとか(ためしてがってん)

さて、
健康には熟睡のノンレム睡眠、ならば開運にはどうなの?
考えたことありますか?

レム睡眠とノンレム睡眠
 一晩に4~5回繰り返すらしいですが、
浅い眠りで脳が活発に働いているのがレム睡眠状態。

実は、このときに見る夢が「ラッキー現象」として欠かせません
確かに夢占いでは、かなりの的中率で夢判断ができますよね。

本ブログのテーマ「不思議世界を感じる人になる」ことで
夢の「ラッキー現象」に巡り会うチャンスが訪れ易くなります。

恐らくですが、
シータ波とアルファ波の微妙な調整によって
不思議なパワーが増幅されるのではないか、と感じます。

トレーニングの第一歩はやはり「呼吸法」
健康にも開運にも、「呼吸法」は基礎トレーニングとして欠かせませんね。
自分自身の「気」のコントロールが「ラッキー夢」に繋がるのではないでしょうか。 

 ・・・・・ 本日は以上です。・・・・・

 健康開運☘アンチエイジングの最新情報、若返りの骨ホルモンとは?

NASAの最新研究成果が面白い。

これまでも、NASAは宇宙ステーションの実験を通じて得た、健康に関する興味深い成果を発表してきました。

1「水平なベッドに寝る」=「無重力状態を体に作り出す」効果

れまで「病床に付す」と体力が急速に衰えていくことが分かっていましたが、ちょうど宇宙での「無重力状態」と似たような状況となることが分かったそうです。

 ですので、なるべく「寝込まないこと」が老いを進めないことに繋がるということが改めて確認されました。

2 宇宙旅行に出かけると、寿命が10倍縮む現象

宇宙空間では、地上の10倍老化が促進されることがわかりました。これは宇宙空間で「無重力状態で過ごす」ことに関係があるようです。

 上記の「寝込む」ことが「無重力状態に近い効果」だとすると、この発見からもなるべく「寝込まない」ことが長寿につながるということです。

3 100回の筋トレよりも20分に1回の立ち上がり動作

 宇宙空間では、体力の衰えを防止するために、ハードなトレイニングをしてきましたが、いっこうに体力減退を防げなかったようです。これは内耳が重力を感じることができず、筋力アップの必要性を脳に伝えることができないためだそうです。

地上でも、単に「椅子から立ち上げる動作を20分に1回(一日32回)するだけで、どんな筋力トレーニングよりも成果がでることが分かったとのことです。

 

さらに最近次のようなことが分かりました。NHKの「ためしてガッテン」で放送されていましたので、紹介しましょう。

~~~~~~~~ 〈 下記に続く 〉 ~~~~~~~~

“ 健康開運☘アンチエイジングの最新情報、若返りの骨ホルモンとは?” の続きを読む

健康開運☘若いから大丈夫?と油断大敵、ストレスと食の再考 

アイドルグループ”エビ中”松野莉奈さんの悲報、本当に残念ですね。
若いあなたは、若いから大丈夫?と油断していませんんか?
体が全ての基礎。健康を食の面から再考してみましょう。

~~~ ♣ ~~~ ♣ ~~~ ♣ ~~~

若い人でも、肉体と精神に強い負荷がかかりすぎると、当然どこかが傷みます。
筋肉痛や痙攣、さらに深刻になれば骨折や靭帯断裂、究極は心臓停止などとして肉体を襲います。

精神面でも、憂鬱や落ち込み、もっと深刻になれば精神の病にも陥ります。
決して他人ごとではありませんね。油断大敵です。

若い人でも罹ってしまうのが、白血病、がん、不整脈、劇症アレルギーなど
ウイルス侵入か身体のオーバーワークも一因でしょうね

~~~  ~~~  ~~~  ~~~

もっとも基本的な対処法は、食べること、便通を良くすること、寝ること
いわゆる「食って放って寝る」です。

食べることと、便通を良くすることは連動していますから、やはり「食生活」の生活習慣が大切なのはいうまでもありませんね。

♠そしてストレスを溜めすぎないこと。

~~~  ~~~  ~~~  ~~~

米国の心理学者、リディア・テモショックらの研究で、次の3つの性格的特徴が「ガン」にかかりやすいそうです。

>怒り、不安、恐れ、悲しみの感情を表に出さない人
>忍耐強く、控えめで協力的、譲歩をいとわない人
>極端に自己犠牲的な人
いわゆる「いい人」がストレスをためやすく、免疫機能が低下し「ガン」にかかりやすいとのことでした。

この対処法として、悲しい時、むなしい時に「無理に明るくしない」
ありのままの自分、
自分の気持ちに素直になって自分を解放すること。 とのこと

よく言われているので、今更!
と思う人も、あらためて自分を見つめてみてはいかが?でしょうか。

~~~  ~~~  ~~~  ~~~

さて、

簡単に出来る、速攻効果のある「食べ方」をまとめてみました。

💥モーニング :トマトジュースとoliveオイル
➡ 全体の95%を占めている2型糖尿病の原因は偏った食生活  
➡ 2型糖尿病はトマトの「リコピンで改善」。生で食べるよりもジュースにすると多くのリコピンが摂取できる。oliveオイルでさらに効果的 

市販のトマトジュースが4倍も効果大。理由は皮ごとジュースにしているから。1年続ければ正常になる(薬と同じ効果)

💥珈琲ブレイク:コーヒー、紅茶、緑茶とチョコレート(ポリフェノール)
➡ 3時間くらいしか持続しないので、たびたび摂取する
➡ 緑茶のカテキンはアンチエイジングやインフルエンザ防止の万能ポリフェノール。ただし、空腹時の高濃度摂取は避ける(胃や肝臓に良くない)

💥食事全般:(野菜)レンコン、キャベツ、タマネギ、ブロッコリー
➡ とにかく沢山たべる。
   :(海藻)昆布
   :(豆類)大豆や大豆製品(豆腐など)   取り過ぎに注意です
   :(キノコ)シイタケ、マイタケ
   :(🐡)さば缶、
   :(🍖)豚肉、

💥アルコール:赤ワイン(ただし酒が苦手な人は飲まない)
長生きをする長寿スイッチON、さらにガン抑制効果も

💥花粉症対策 
花粉を異物と認識し、IgE抗体(アレルギー抗体)が出来てしまうのが花粉症。 ➡お勧めは「レンコン」タンニンという成分がIgE抗体を減少させる。     ➡さらに腸の調子も。
1日三枚(40g/日)を2週間続けると効果あり。特に皮の部分がもっともタンニンが含まれている。

料理法としては、皮を剥かず摺りおろし。豆乳とともにポタージュにするとよい。なたね油(ビタミンE)などを加えるとさらに効果的だそうです。
➡更に、レンコンは「しぼり汁」をムチン成分 鼻の中に塗るとよいそうです。

 

おまけ:
食生活に加えて大事なのが、有酸素運動とリラクゼーション、そして何よりも「休息」です。
オーバーワークと過剰なストレスが体の故障を引き起こします。

自分の体力は自分が一番知っていること。
色々と付き合いやビジネス上で無理が過ぎるときは、必ず休息を入れましょう。

コミュニケーションが大事といいますが、人との繋がりはいつでも復活出来ます。
その気になりさえすれば、いつでもコミュニケーションのアンテナ細胞は伸びてきます。

健康に限って言えば「自分ファースト」 適度なストレスとなるよう、自分をコントロールしましょう。

 

追加情報:

骨ホルモン改善で、全身の臓器が活性化するそうです。 骨粗鬆症のみならず糖尿病改善から心臓まで、一日僅かなトレーニング(直立して、背伸びし、爪先立ち、足を伸ばしたままカカトからドンと着地)30回で良いらしい(NHKためしてガッテン) 仕事に合間に手軽にできるので、やりましょう。

骨ホルモンの名前は「オステオカルシン」 HbA1c<5.5に改善します。

健康は開運の原点☘古代食の糖尿病予防、健康ライフは食生活から

健康は開運の原点です。
「命あっての物種」と言われますが、健康を損ねてまで頑張る意味は人生にありません。

日本人は糖尿病体質で知られています。5人に一人が糖尿病あるいは糖尿病予備軍だということです。往古より日本人が食物の乏しい厳しい生活環境を生き抜いてきた経験が倹約遺伝子となって組み込まれているのが原因だそうです。

よって、肥満でないというだけで安心できないのが私達日本人。糖尿病は万病の元でもありますから、健康体を作るためには糖尿病予防の生活習慣を確立することと同義といってよいでしょう。 男性は女性の2倍近く糖尿病の発生率が高いので、特に注意が必要ですね。

「無事これ名馬」

wikipediaによれば、作家・菊池寛の造語で「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」という格言。
確かに競技が出来なければ目指すゴールにはたどり着けない訳ですね。

「害して初めて分かる健康の有り難さ」

開運祈願に神社でお祈りをする場面を想定しましょう。
次の2つのどちらか1つしか願いが叶わないとしたら、どちらを取りますか?

1問・・・  健康 と 金持ち
2問・・・  健康 と 家内安全
3問・・・  健康 と 商売繁盛
4問・・・  健康 と 出世
5問・・・  健康 と 世界の平和
6問・・・  健康 と 夫婦円満
7問・・・  健康 と 学業成就

将来の心願成就のために今何が必要なのか。
何をするにしても、コンディション維持が当たり前。
この当たり前の事を当たり前のようにやるのが生活習慣だということ再確認すべく、時々立ち止まって足回りを点検する機会を持つことが大切ですね。

ところで、実は夢の実現に必ず「健康」が選択される訳ではありません。
例えば「罪と罰」で有名な作家のドストエフスキー。彼は「カラマーゾフの兄弟」を書き上げた3か月後に亡くなっています。
また、ウオルトディズニーは二つ目のディズニーランド計画の最中に65歳で亡くなっていますが、恐らく体調懸念は自身が抱えていたはずで、健康不安の中で夢の実現を最優先していたと想像できます。

ライフワークに生死をかけて、という話を屡々耳にしますが、そこに到達する以前に自己実現の一山は、必ず越えておかないと意味ありませんね。

人生は「塞翁が馬」

よいチャンスが巡り来るまでまずはさんまさんの座右の銘、

「生きてるだけで丸儲け」

と健康志向でいきたいものです。

万病予防は「糖尿病予防」から。健康生活の参考に読み物風に纏めてみました。この機会にインプットしておくと良いですよ。

~~~ 下記に「古代の食事と糖尿病」について ~~~

“健康は開運の原点☘古代食の糖尿病予防、健康ライフは食生活から” の続きを読む

健康開運は🍀ハーバード大学証明のピーナッツ、そしてクルミも

「ピーナッツ」を毎日食べていると、20%も長生きする。ハーバード大学が30年かけて研究した成果です。

長寿の原因は、ピーナッツに含まれる良質な「油三兄弟」
これが「血管を強くしなやかにする効果」の最強トリオなのです。
「油三兄弟」とは「オレイン酸」「パルチミン酸」「αーリノレン酸」の不飽和脂肪酸のことで、サラダ油などとは成分が異なります。

オレイン酸は悪玉コレステロールの数値を下げる働きがあり、パルチミン酸、αーリノレン酸は血管の壁を強くする効果があります。
体中に入り巡らされている毛細血管が強くなり、血行が良くなるわけですから、細胞一つ一つが若返るという原理です。

なぜそうなるのか、
それはピーナッツの成熟過程にあります。
1つの苗から30本以上の「脂肪柄」とよばれる茎のようなものが、下へ下へと伸びて、地面に着きます。 そこから「脂肪柄」はさらに伸びて地中に入ります。

ピーナッツの成分は50%が油ですが、この良質な油が地中で熟成されていきます。
ピーナッツが地中でゆっくり熟成している間、ミネラルが入り込み、デンプンが良質な油に変わっていくという訳です。

なんと更に、ピーナッツには健康に良い成分の全てがバランスよく入っているのです。
「ピーナッツバターを食べると病気の人がたちまち元気になった」という実話に着目したところから研究が始まったようです。

お薦めは皮と一緒に食べること。皮にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用で細胞を若替えらせ、血液もサラサラ。いいこと尽くめですね。
もちろん、お酒のおつまみにも最適。ピーナッツには肝臓でアルコールの代謝を助けてくれるナイアシンが豊富。 ナイアシンはビタミンB群の一種で肝臓内で糖分、脂肪、アルコールなどの代謝を助け、肝臓の負担を軽くしてくれるんですね。

さて、一方忘れてはならないのが「くるみ」ですね。

“健康開運は🍀ハーバード大学証明のピーナッツ、そしてクルミも” の続きを読む

幸せは健康から🍀光でがん破壊、日本人が開発した最新治療法とは?

生きてるだけで丸儲け」は、IMALUさんの名前の元、明石家さんまさんの座右の銘ですが、やはり「健康に」生きていたいものですね。

日本人の平均寿命は女性87歳、男性80.8歳と長寿ですが、健康寿命はそれより10歳ほど若く、女性74歳、男性70歳と、思った以上に寝たっきりの状態が長いということが分かります。

健康で長生きという理想は、思う以上に簡単ではないことが分かります。

最近では、子供の生活習慣病が話題となっています。食の欧米化、和食の摂取減の影響からか、子供の血液検査で異常値が見つかる頻度が増えているそうです。このように若年者の時から生活習慣病を抱えるようなら、将来に不安の種を今から抱えてしまうことになります。

人生は山と谷の繰り返しですが、山を登るにも谷でキャンプするにも、ベースとなる体力・気力を十分充電しておかなければなりません。 山登りには山に登る準備を十分にしておくよう気を付けなければなりませんね。

さて、長生きに朗報がありました。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー 元旦スペシャル」で がん細胞だけを破壊する治療法をアメリカの研究所で活躍する日本人研究者を紹介していました。凡そ次の内容でした。

インフルエンザウイルスのような異物が体内に侵入すると、免役抗体がそれを識別して攻撃するのと同じく、 抗体ががん細胞の表面だけにくっつくように細工したIR700という物質を静脈に注射する。

これが癌細胞にくっつくと「がん」の表面に傷をつける。そこに近赤外線を当てると癌細胞が細胞の傷口から水分を吸収、風船のようにどんどん膨らむとやがて破裂する。

およそ近赤外線照射から1分間で 癌細胞が膨れてはれて破裂が始まり、 15分から20分で対象の癌細胞全体がほぼ死滅する。

このようなメカニズムで、膵臓や肝臓は表面から15㎝の場合、 光ファイバーでがんの近くまでいき 近赤外線をいれ放射することで、がん細胞を完全死滅できる画期的方法である。

さらに凄いのは、癌細胞を物理科学的に破壊した後 がん細胞のまわりの元気な免役細胞が死滅した細胞を攻撃し、完全に消滅させ死骸が残ることもない。とのこと。
~羽鳥慎一モーニングショー 元旦スペシャル~

命を伸ばす医学はどんどん発達していますが、一方食生活の配慮不足で若者の健康が害されつつある現在、 若さを過信せず、健康にしっかり気を配ることが「幸せ」の大元だと再認識しました。

「生きてるだけで丸儲け」、さんまさんの座右の銘は「健康・幸せ」の座右の銘でもありますね。

 
~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る


++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

5:手相で開運🍀生命線が蘇る「NASA最新のアンチエイジング」

「ためしてがってん」11月16日放送の「NASAのアンチエイジング術」のキーワードはなんと「耳石」。無重力で内耳の耳石が浮いていまうことが原因で、あっと言う間に老人化が進むのだとか。これは新鮮な驚きでしたね。

NASAの実験成果をまとめると、 “5:手相で開運🍀生命線が蘇る「NASA最新のアンチエイジング」” の続きを読む

健康開運🍀センテナリアンという100歳長寿のアンチエイジング法 

センテナリアンという元気な100歳長寿者が出現しています。

110歳生きる人はスーパーセンテナリアンと言います。

一方、若い時期に故障したり、命まで落としたり人もいる訳ですから、100歳生きること自体が「幸運」と言えるかもしれません。 

実は、大宇宙的にいえば、人生長かろうが短かろうが、恐らく人生価値は同じ。 長く生きる人は若い時から「健康で長生きする未来」を自分自身に強くイメージして、そこに人生価値を置いていたということでしょう。

つまり、無意識のうちに生活習慣自体が「健康志向」になっていた、
生きるという生命体そのものの目的に一致しているのですから、
「健康で長生きする未来」とは、当然の目的といえます。

ですが、長生きするのに「コスト」がかかり過ぎては問題です。
健康で100歳を生きる生き方とは、「健康100歳」=「金運100歳」でなければいけません。

では、次に素晴らしき一人のセンテナリアンを取り上げてみましょう。

「東京の聖火を付けたい」という105歳の現役医師、日野原重明さんがその一人。 元気なお姿に誰もが驚きます。

開運・金運も「命あっての物種」とは日野原さんのことです。 

1世紀(100年)を生抜いた日本人は65、692人、 誰でも条件しだいでセンテナリアンになれる、と日野原先生も出演のNHK番組での特集がありました。 “健康開運🍀センテナリアンという100歳長寿のアンチエイジング法 ” の続きを読む