耳より話57:春こそ沖縄の旅👍幸運の白ヘビは半端なくデカい!

神の使い!?

「おきなわワールド」の白ヘビは半端なくデカい!






春の風に誘われてパワーチャージの旅に出るなら
沖縄の海風に吹かれてみるのもいいですね!

春よ来い 早く来い!
と暖かくなるのを待ちかねているなら
一足も二足も早い春にどっぷりと沖縄への旅がおススメ!

行ってみたいですね💦

パワースポットはなんといっても風水的にいって岬
そこから見えるサンゴ礁!
透明な水色の海がこころを洗い流してくれそう👍

「青く光る洞窟」真栄田岬でのダイビング
万座毛の断崖絶壁に感じる風・・・!
辺戸岬・・・!

近くには大パワーストーン「大石林山」

そして、

琉球風水最高の聖地といわれる世界遺産・首里城

そして、

今や沖縄をまるごと体感できるテーマパーク「おきなわワールド」

なんと

そこには金運を上げたいと願う人々が、ビッグな「白へび」と記念撮影も!




~~~☘ ~~~☘ ~~~☘

さてさて、

幸運をもたらすという白蛇は弁財天様の化身とも言われています。

ビッグサイズならご利益もビッグサイズかも👍って
あまり欲を出してはいけませんよ!

まずは白へびさまと馴染みになることが大事かな!?

シーサー👍

2018年ジャンボ宝くじを当てるプロジェクト

2018年12月

いよいよ今年も年末ジャンボ宝くじの時季となりました。

億万長者がざっくざく

まさに夢ですね。


1等の当籤確率は500万分の1、と聞けば気が遠くなる数字
一方、1等と前後賞合わせて72本の億万長者、聞けば当たりそう(@_@)
ですね。

ちょっと科学的な情報から分析すると、
一見単純な確率論では
「当選確率は同じ‼」ってことになるのは常識のところ(@_@。💦

こんな統計論があります。
💎1稀な現象は続けて起きる。(飛行機事故のように)
つまり、当たりが出た売り場ではまた当たる。という事実

またこんな現象を体験した人々もいます。
💎2白蛇を見た!
こんな夢を見た人がいます。
💎3宝くじに当たる夢やお金をもらう夢、縁起のいい夢を派手に見た!
2と3を体験すると、「宝くじに当たる!」と確信するという事実

これらをこう分析しています。

・・・・ 続く (2018.12金運カレンダーをアップしました)

それはさて置き、

不思議世界とつながる一つの修行は「呼吸」で間違いないです。

ここに**秘伝書があります。
市販のものですが、古いです。

最近はどこにいっても見当たりません。絶版になっているのでしょうか?
ですが・・・類似の極意を説く本は他にもあります。

 

もう一つは、神社仏閣です。これも間違いないでしょう。

 

共通点は「gift」・・与えられるものです。
ですが、ただ待っているだけでは「gift」はないでしょう。

ラジオの電波のようなものですから、微妙な調整が必要となります。
神社仏閣で、ある種の感覚と ある種の手法で電波をキャッチする
このようなイメージですね。

・・・この続きは後ほど・・・

さて、まずは形から入るのが正攻法でしょう。

「宝くじを当てる」では、
「宝くじが当たった」という場面を強くイメージすることから始めます。

次に、
なぜ当たったかを振り返ります。
思い当たることを全て列挙します。

恐らく「宝くじが当たった人、ってどんな人?」で検索できる
キーワードが方程式の共通項として現れるでしょう。

1)神仏に祈る。祈り続ける。
2)神様に愛おしく好かれる前に人に好かれる。誠実、感謝、笑顔、尊敬
3)買った宝くじを大切に保管する。
4)宝くじは語呂や偶然、自分の運命数をこだわって入れる。その時ぱっと閃いた数にこだわる。
5)お金を大事にする。お札、コイン、財布、小銭入れ、全てを大切にあつかう。
6)縁起物を置く。 
7)風水と家相、あらゆる開運術を試す。
8)そして呼吸法
9)最後に過去記事で紹介した色々なアプローチを実践
おまけ)売り場にこだわる。販売の女性の笑顔にもこだわる。

以上です。
👍ラック☆彡💎

そうそう、買う日はこだわった方がいいですよ。
さらにさらに、ピンと来るならその感覚を優先したらいいですね。(上記4)

そうです。もう気が付いたでしょうか(@_@)
こうして「宝くじ宝くじ」と思念しているうちに、
身体が敏感になっていくのを・・・・‼

これなんですね👍

ちょっと耳より話21:「行動経済学」とAIで会社が儲ける時代






「行動経済学」って聞いたことありますか?

カーネマンという心理学者が2002年にノーベル賞
をとったことで、今注目を集めている今熱い経済学

Yahooファイナンスで記事が特集されているから
見ておくといいですね。

ザックリというと 21世紀の主役、
AIが「行動経済学」を使えば、株式運用で資産を増やせる
ということらしい。

人は「常に合理的」ではなく
「人は弱い、合理的判断を簡単に放棄する」
という立場なので、
人間の意思決定は結局「理性」が負け、「本能」が勝つ。

例えば「貯蓄するぞ!」と勇んだところで
「セルフコントロール」に失敗、
「ああやっぱり貯まらなかったか😢」
となる
という話なのです。

同じ類でいえば
「さあダイエットするぞ!」と意気込んで始めたが!
 途中で放棄
「ああやっぱり痩せなかったか(´;ω;`)」
という流れですね。

そうかもしれませんね
セルフコントロールだとか強い意志だとか
「出来ない理由を探すな!」とか
色々言われる時代の中で
「人間て弱いもの」というセラピストのように

まあ、どちらでもいいんだけど ☆彡
何故って、学問に限らなければ、古今東西そんなもんでしょう
商売上手な奴って、昔からやってるでしょ!

ただ、

最近はこの「行動経済学」
色んな公的機関が使おうとしているので、
ちょっと注意しておくといいかも?(*_*)

例えば、「積み立てNISA」という貯蓄を支援する非課税制度
安心して貯蓄ができるというウリ

また、
「ジェネリック医療品」の使用促進に
「医師の処方箋の書き方を変更」するという、
さりげない制度変更という手法導入

商売・ビジネスでは、

「店長おすすめのメニュー」
「初めは無料」
など乗っかりやすい工夫のかずかず
など

そっとガイドすることで、強制力を感じさせないところがミソ

まあ、

私たちは、
これに上手く乗っていくことが大事でしょうが、

困った時や欲を出した時、
感情に支配された時や
寝不足の時、疲れた時
人間はミスをするものです。

逆に

小さな自信を手に入れた時
時間にも生活にもゆとりができた時
素晴らしい先生の教え、仲間に恵まれたとき
などには
人は合理的判断ができる状態にあります。

AIなどは、常に冷静に合理的判断できるのですから

AIが合理的判断のもとに「行動経済学」を駆使して
対人間あいてのビジネスに活用されてくる時代に

突入したといって過言ではないでしょうか。
恐るべき時代の到来か!(*_*;

まあ
上手く流れに乗れるのなら
それでもいいか(*_*) とおおらかになるのも
必要な対処法ではないでしょうか

  TOPに戻る

金運に繋がる良質なコンテンツを提供していきます

~【編集方針】~
☘不思議世界との繋がる実体験をベースコンテンツに☘

◇経験した者だけに分かる『感覚』を元に記事化を心がけてきました
◇この辺で暫く、軽い「耳よりな記事」の連載を提供していきます

☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

「大空に そびえて見ゆる高嶺にも 登ればのぼる 道はありけり」             (明治天皇)

 ☀    ~~~~~ 🌌  ~~~ ☀ ~~~~~ 🌌 ~~~ ☀

ストーンヘンジでヒーリング再生♣英国のスピリチュアルな聖地(5)



「イギリスのスピリチュアルな旅、シェイクスピアと心霊体験(2)」の冒頭、旅の始まり「オックスフォード」のくだりで、

オックスフォード大学と言えば、人類の起源「古代宇宙飛行士説」

という話題に触れました。

古代日本にも共通しますが、古代イギリスの先住民族は大宇宙・神との繋がりを大変重要と考えていたのではないでしょうか。 まるで人類の祖先が「古代の宇宙飛行士」によって飛躍的な進化をしたかのように

イギリスはスピリチュアルなパワースポットの宝庫。これから向かう「ストーンヘンジ」は実は英国の中でも聖地ともいえるスピリチュアルな場所です。

日本でもイギリスでも登場するのは「竜・龍」
日本の神社のしめ縄は「龍蛇」を表している、と言われています。

イギリスでも「ドラゴン」は、その後「レッドドラゴン(火)・ホワイトドラゴン(水:水蒸気)」となって、ウエールズの国旗にもなっています。

古代イギリスでは「水と火」は再生の象徴、人間は輪廻転生によりまた生まれ変わる、と信じられていた。このような説もあります。
そこに登場する「ドラゴン」は、実は「火と白煙(水蒸気)」が天に昇り、「天」に迎え入れられるという、象徴的な儀式だったのではないか、と推測できます。 そしてその神聖な場所が「ストーンヘンジ」

神聖な儀式の日には、遠い祖先からの大切なメッセージを天に託すかのように昇る「ドラゴン」に心を癒されていたに違いありません。

気持ちを古代イギリス人に成りきってオープンマインド、心を天に開きましょう。
ストーンヘンジによって増幅されたヒーリングの心地よさが、あなたを再生させてくれるのが実感できるでしょう。

さあ、私たちもここでヒーリングしたら、新しいエネルギーを蓄えて生命力を再生、再出発です。

ストーンヘンジまでの車の所要時間は、今回の旅では ストラットフォード・アポン・エイボンからコッツウォルズのモートン・イン・マーシュを経由して、ノンストップで100マイル2時間30分程度の距離ですが、途中のバートン・イン・ザ・ウオーターからは「A419」を通って60マイルちょっと、およそ1時間30分ほどの所要時間となります。

日本と違い、交差点の信号で止まるということはないので、結構早く着きます。

イギリス特有の「ラウンドアバウト」にも慣れれば、イギリスの車の旅はとても快適ですね。

ストーンヘンジの場所をgoogle mapで示します。

イギリス エイムズベリー ストーンヘンジ



4年連続「5スター」のANAに見る、グローバル戦略の落とし穴 



「まさかの坂」という想定外の危機
人間の感性」を研ぎ澄ますことでキャッチできるって知ってましたか?

JALを抜いて今や日本最大の航空会社となったANA
航空会社のサービス品質評価を行うカイトラックス社の評価で、4年連続「5スター」を獲得、
国際的にもサービス品質は最高だと評価されています。

好調な業績を背景に、傘下のLCC(格安航空会社)も上手く活用して、積極的に拡大を図ろうと
意欲的な戦略が見てとれますね。

でもちょっと待って下さい。
足元にちょっとした綻びがでかけていませんか? 注意した方がいいですよ。
ポジティブな時こそ脇を絞めてほしい! 〈⊕⊥Ø〉^^

JALが本格的に巻き返しを図ろうとする前に世界シェア拡大を図ろうと、その意気込みは分かります。
で、足場はどうなっているの?!?
過去、多くの名だたる企業の失敗や教訓がありますよね。

グローバル戦略の落とし穴

「ピンチはチャンス」ですが  「チャンスはピンチ」でもある

のです。

三越伊勢丹ホールディングスの大西社長、3月異例の辞任
中国旅行者の爆買いバブル崩壊が直接の原因とも

だいたいグローバル化って何ですか? グローバル化バブルでしょ。

サービス面だけに限って言えば、
グローバル化とは「世界標準にサービスレベルを落とすこと」
ですよね。
でないと、コストパフォーマンスが悪く、採算がとれないからです。

グローバル化の「ぱしり」が見え始めた、二十数年前には
「まあ、大事に物を使うだけでなく、使い捨てで安かろう悪かろうでもいいか?!」
と、バブルの後押し時代に賢いお金の使い方の1つとなったのでした。

ANAの成長戦略と「5スター評価」
もちろん日本人として嬉しいニュースですよ。
しかし・・・、
ちょっと待てよ。
最近少しおかしくないですか?

最近の口コミサイトの評価
少し「酷評」が多くないですか。
以前は、顧客満足度がとても高い、接客態度がよいなど、高評価なものが多かったのですが・・。

私もここ数年、ANAとJALを乗り比べてみるのですが・・・
古くはさすがJAL、以後ANAがやっぱり素晴らしいと思う時代が続き、
そして最近は「?」
路線ごとに凸凹ですね。いやJALが頑張っているのも嬉しいですが
ANAが落ちている!というのも悲しい^^〈⊗⊥⊗〉¦ というのが正直なところ

企業としてチャレンジャーだった時代、JALに追いつけ追い越せとサービスも一流だったのに・・・・

ちょっとここで
ANAのサービス戦略「サービス接遇」なる哲学を勝手にですが推察して見ます。

(ちょっと聞いた話からのあくまで推察です)
1ドラッガーのいう「顧客」とは誰か。それは「自分以外のみんな」です。
2ANAという企業が育んだサービス文化、それは「おもてなしの心」です。
3「おもてなし」とは何ですか。 それは「気づき」です。
4大切なのは、一人一人が考えるサービス。「社長」は全員のサーバーです。

こうして、一人一人が「気づく」思いやりこそ、サービスを越えた「おもてなし」の高い満足度、ANAの求めるサービス。

こうみれば、さすが「5つ星」と思っちゃうのですが、現実は逆に「こけちゃっいそう・・?!?」 あれ?

どうも私には、理念にこけそうになってるのでは?っと思えてなりません。
「お客」が「心地よさを感じない?!」、「もう乗らない!」って昔ならありあないコメントが口コミサイトに並ぶなんで!
おかしいでしょ!

是非トップに実践してほしいこと

今こそ「過去の失敗を教訓に、将来の失敗にしない」
 そのためには  ☞  「人間の感性」を研ぎ澄ますこと !

初心に帰って、チャレンジャー精神を取り戻してほしいと思います。
ANAとJALが切磋琢磨して、ズッコケることなく、日本のトップリーダーであり続けてほしいと切に望むところです。

 

SMAPの紅白歌合戦サプライズ出演はなし?今後の経済効果はどう?



NHK紅白歌合戦の出場者も決まり、SMAPの出演は絶望的ですが、なお籾井会長は12月30日まで希望を捨てないとの見解だそうです。

紅白出場、有終の美。SMAPをどうにか出したいNHKの思惑はどうなるか。
大きく言って「日本経済はどこに行くの?」とまで騒動が経済波及しないのが世の無常。

SMAPの活躍は、バブル期以降の「失われた20年」の日本を間違いなく元気にしたのは確か。

世界に一つだけの花」という名フレーズで

その「一人一人が違う種を持ち、違う花を咲かせる一人」の象徴的メンバーの彼らが分裂したままで終わるのか。

これでは「和」の日本が泣くというもの。ですが、日本的ではないと憤ったところで、修復は難しいかもしれませんね。

「形あるものは永遠に非ず」 これは世の習わしですから。

“SMAPの紅白歌合戦サプライズ出演はなし?今後の経済効果はどう?” の続きを読む

1ー2:週末ランチをドライブで出会う💛野地蔵様と不思議なご縁 



今週末は台風が来る前に、と走行1時間圏内で、イタリアンのランチをネットで探し、お店の開拓にでかけました。 車でドライブしながら、週末をエンジョイするのも結構楽しいものです。ランチだけが目的ではなく、田園地帯や山や海をドライブすることで、気を整える効果がありますよね。

本日のランチ

本日のランチは、カーナビで導かれるままなのですが、道なき道を右左とくねくね。やっとたどり着いた隠れ家料理店です。 丘の上にあるその店は、見晴らしもさることながら、庭で栽培しているoliveを料理に使うのが「売り」で、結構知っている人が多いのか、時間が昼を大きく過ぎているのに、満員でした。田舎だというのに。

料理メニューは、5種類のパスタから1品をメインディッシュに取るのですが、それに前菜とスープ、そして食後にコーヒーがついて1000円でした。スパゲッティは和風スパで、ほうれん草にキノコがたっぷりのボリュームよし。なかなかの味と雰囲気でした。

はじめて食べた店でしたが、我が家のお気に入りリストに入れることにしました。

^^^^^^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^^^^^  ^^^^^^^^^^^^^^

ドイツ車と日本車

外国車の販売が堅調な中、特にドイツ車には人気があります。ドイツ車御三家といわれる「ベンツ・VW・BMW」にアウディを加え、4車を見かける頻度が少しずつ増えてきたきがします。

この背景には、燃費重視の日本車に対し、ドイツのアウトバーン(高速道路)での走行パフォーマンスを最大のテーマとし、高性能で安全な高速走行安定性と長距離を快適に過ごすための諸設備の充実、耐久性が走行距離20万キロを越えて更に良くなるといわれるBMWに代表される品質の良さにある点でしょう。

この感覚が「プチ贅沢」の時代の日本にピッタリと合ってきたからかもしれませんね。

さて、郊外店までのドライブですが、さすがにドイツ車BMWは走りよし乗り心地よしで快適です。小雨が降り始めるとオートでワイパーが作動しますし、市内を走る時などは「エコモード」で十分に走ります。むしろ日本の道で高速道路以外、ゆっくりで経済的に、安全運転で、というスタイルにもぴったんこ合うかもしれません。

「エコモード」の走行感覚は、日本車の走りの感覚と良くにているといってもいいのですが、ノーマルモードやスポーツモードになると風を切る感覚に、逆に、「エコモード」の日本車の走りにつまらなさを感じてしまうのは必然と言えるのではないでしょうか。

~~~ 参考までに、2016年8月の新車販売台数です ~~~

1位 プリウス(トヨタ)  2位 N-BOX(ホンダ) 3位 アクア(トヨタ) 4位 タント(ダイハツ)  5位 シェンタ(トヨタ) 6位 フィット(日産)

輸入車1位 Benz、 2位 BMW 、輸入車3位 VW、輸入車4位 Audi

となっています。さらに、高級車市場では、日本のレクサスは、Benz 、BMW 、VW に続き  4位争いをしています。

~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~~~~

ドライブ中の幸運 野地蔵様

ここで、ちょっとした日常、ドライブ中でも幸運に巡り会える方法をお教えしましょう。

それは「あたかもそれが既に自分の手に入っている」と観念して、その日その時を過ごすという法則が重要なのですよね。 この法則では更に、ちょっとドライブしている間でも「心は大自然と調和している」と観念するイメージでいることも大事なのです。

さて、暫く走ていると、道ばたに野地蔵様を見つけました。 野地蔵様の多くは神話の時代に国土開発にご精励され、民に尊敬されたといわれる「大己貴神」との関係が深く、ちょっとしたパワースポットとして侮れません。 ふと見つけた野地蔵様に、そっと心で手を合わせます。この「野地蔵を偶然見つけ」、それが不思議な「縁」と感じることがあれば、その日は良き日な訳ですね。

あなたも、ある日にふと野地蔵様に出会うようなことがあれば、それが「小さなパワースポット」との出会いだったと思えるはずです。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

車1:日本車のライバル、独車の快適な走りと安全体感



ドイツ車の良さを一口で言うと、走りの体感の良さです。小雨が降ってくるとオートワイパーが作動しますが、そのタイミングが絶妙です。ストレスがありません。

市内ではエコモードで十分ですが、通常のコンファタブルモードなら道路の繁閑に敏感に対応できます。高速ではスポーツモードです。 “車1:日本車のライバル、独車の快適な走りと安全体感” の続きを読む