1周年を迎え、しばらく休業いたします。

【暫らく休業のお知らせ】

 

☀ 2016年9月にスタートして1年が過ぎました。

新たな山に登るため

当分の間お休みします。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~

「大空に そびえて見ゆる高嶺(たかね)にも 登ればのぼる 道はありけり」(明治天皇)

 

 ☀    ~~~~~~~ 🌌 ~~~  ~~~ 🌌 ~~~~~~~ 

平成28年度の「宝くじ長者白書」から見る宝くじを当てる人の特徴

「宝くじ公式サイト」の宝くじに当たった人の特徴や何にこだわりをもっているか、の面白い統計がまとめてでているのでみました。

よく見ると「3つの注目点」が浮かびあがります。(分析結果は後半で)

「宝くじ長者白書」がそれです。

1000万円以上の当選者1277人に聞いたアンケート調査結果です。

以前のデータと比較して、コアとなる特徴が見つかるか、興味ありますね。

 

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~

♠1【性別】男性63.2%(理論値63.2%) 女性36.8%(36.8%) ☛ 特殊性「皆無」

♠2【血液型】1の結果、性別に特殊性がないので全体で見ます。
>A型   37.2%  (日本人血液型分布38.0%)
>O型   29.0%  (  同     30.7%)
>B型 20.9%  (  同     21.8%)
>AB型 10.1%  (  同      9.4%)
・・・<この年はB型とAB型が多少優位となっています>

♠3【年代】
60歳以上が全体の40%で一番多く、29歳以下は5%と一番少ない
これは単に「購入者が最も多い年代と最も少ない年代」という意味になる
・・・<これは当選のし易さではありません>

♠4【職業】
会社員 44.6%(白書:46.5%)
無職  17.6%(同 :10.2%)
主婦  12.5%(同 :17.1%)
自営業  9.2%(同 : 1.2%)
公務員  4.0%(同 : 5.5%)
学生   0.2%(同 : 3.1%)
その他 11.9%
これも無職と自営業の人の購入志向が強い、という意味になる
・・・<これまた当選のし易さではないです>

♠5【イニシャル】
男性 1位 K.K  2位 T.S   3位 T.k
女性 1位 M.K   2位 M.S  3位 M.Y
日本人のイニシャルランキングでは、苗字のトップ4はK、S、T、M
同じく、 名前のイニシャルランキングのトップ4は T、K、S、M
よって、これも単純にイニシャル人口と変わりないとも言えます

以上で、一見差がありそうですが、実は「データ上の差異がない」との統計結果といえるでしょう。

では、特異な現象はないのでしょうか?

そこで注目すべきデータがあります。

それは次の3つです。

1 星座(天体の動き)
2 宝くじの購入歴
3 購入動機

 

💛「星座」

1位 みずがめ座9.6% (日本人生まれ星座ランキング5位)
2位 山羊座  9.4% (  同          7位)
4位 魚座   9.2% (  同          9位)
・・・・・・
11位天秤座  7.0% (  同          4位)
12位さそり座 6.3% (  同         11位)

明らかに、血液型やイニシャルよりは有意な差異があるように見えます。
天体の動きは運気に影響しているといえるでしょう。

💛「宝くじの購入歴」

これで見ればわかるように、①「ジャンボのみ」購入、②「年数回」購入の人が60%以上も占めている点ですね。

これは注目です。

同時に、購入は30枚が一番多く(女性に限れば10枚のみ)、ほんのわずかなチャンスをものにしていることがわかります。

以上から、

宝くじがあたる不思議な「コツや方法」がある

ということが分かりますね。

宝くじに高額当選する人は超まれな確率ですから、一般的な統計はあまり意味をなさないと言えるでしょう。

さらに興味を引くのは

💛購入動機

これからも分かるように

①夢を持ちたいから ②ひらめき を合わせると70%にもなります。

これは、宝くじを当てたい(あるいは金運アップ)という日頃の思いが通じたといった方がピタッとくると思います。

やはり

「心につよく願うこと」が金運アップの原点ではないでしょうか。

同じことが「購入した売り場を選んだ理由」にもあらわれています。
1位にひらめきが27.6%もあることがなによりの証拠です。

金運アップには「天(宇宙空間の星々)に願いを届けつつ、スピリチュアルな感覚を研ぎすますことが大きなコツの一つといえるでしょう。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る


++ ホームに戻る    ++ ⇒  【クリック
■】

 

珠洲岬やモーゼの墓🍀話題の能登で金運の「金釼宮」界隈を巡る

能登半島知る人ぞ知るパワースポットの宝庫ですね。

UFOやモーゼの墓、そして「日本三大●●」が2つもあります。

一つは「日本三大金運神社」として名高い「金釼宮」
もう一つは「日本三大自然系パワースポット」といわれる「珠洲岬」

神秘的な大自然のエネルギーを浴びて、そして金運の神社にお参りすれば、運気は大きくアップすること間違いありませんね。

金釼宮
船井総研の創業者、船井幸雄氏が日本一の金運神社と紹介した富士山の「新屋山神社」
それに次ぐご利益ある金運神社として金釼宮の名を挙げたことで一躍有名に

ひっそりと鎮まりかえり、こじんまりとした境内に
時折、経営者と思しきスーツ姿の参拝者が後を絶たないといいます。
ただ、地元ではあまり知られていないようです。

経営者や商店主なら一度は行ってみたいですね。
実は全国からお参りに来ているようですから。

金釼宮は兼六園からおよそ15Km南にいった白山市にあります。
電車なら金沢駅からJR北陸本線で西金沢駅へ、
そこで北鉄石川線に乗換え、終点の鶴来駅まで35分から40分くらい
あとは歩いてすぐです。

~~~ ♣ ~~~ ♣ ~~~~~~~

ところで、地元で絶大な人気を誇るのは縁結びの「気多大社

「気多大社」は紀元前の創建で、神社本庁に属さない独立の神社
強力な縁結びのご利益やすべての凶を吉に変えると言われる強い霊力が人気の秘密です。
これまで10万通もの「願いが叶った」メールが届いているとか。

さらにこの「気多大社
神域には「入らずの森」という立ち入り禁止区域があり、
UFOが出没する噂もあります。
まさにスピリチュアルで強力なパワースポットとなっています。

~~~ ♣ ~~~ ♣ ~~~~~~~

☘「珠洲岬
珠洲岬」は、富士山(山梨県・静岡県)に比較されるほどの
日本三大自然系パワースポット」の一つといわれています。

南からの対馬海流(暖流)と北からのリマン海流(寒流)に
さらに岬に集まる『大地の気流』とぶつかって交じり合うことで
パワーが結集される、まさにパワースポットなのだとか

“自然界のパワー”の結集で作り上げた
世界的にも珍しい地形は「聖域の岬」といわれ、まさに必見。

~~~ ♣ ~~~ ♣ ~~~~~~~

先述のように、この地域は日本でも有数のUFO目撃が多いところ。

UFOは「現代の龍神」だとするスピリチュアリストもいて、
目撃できればラッキー運がアップするとか

さらにはモーゼがここに眠っているという古い古墳もあります。

とにかく話題の多い能登半島にちょっと出かけてみませんか。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~

能登 「金釼宮」の位置をgoogle map で示します

石川県白山市鶴来日詰町巳28番地

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~

☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

天空の聖地「高野山」で金運ゲット🍀手に入れよう!密教パワーの旅

超能力者にして天才の空海が実現した理想の悟り世界「高野山」
あるものを手にいれれば「金運アップ」に大きなご利益とか💛

それはズバリ「三本葉の松葉」です。
ちょうど四つ葉のクローバーのようなもの🍀
この落葉を拾い財布に得れておくと「金運」とのご縁が出来ると人気だそうです。

ところで、空海が伝授された密教とはどんなものか?
高野山の由来なども知って置いた方がよいでしょう。

密教とは、文字通り「秘密の教え」のこと
一言でいえば「天と通じ、天の意思と一体になる秘術」ということではないでしょうか。
高野山にいけば空海の世界を体得できる、テーマパークだと言われています。
百聞は一見に如かず
とにかく高野山に行けばわかるということでしょう。

ますは、物質世界の最終地点を具現化した「壇上伽藍」にいってみましょう。噂の「三葉の松の木」が近くにあります。

高野山麓の慈尊院をスタートし、ゴールは現実世界の象徴「壇上伽藍」 ここでは一段高い土台の上に天に向かって塔が立っています。

さて、空海の「超能力」ですが、それはまるでスーパーマンのようです。
19歳のときの開眼ですから、中国に渡り仏教の修行する以前の話し。
どのようなスーパーな能力なのか

それは、

密教を理解するためサンスクリット語を学習
わずか3か月で習得したスーパーIQ
中国に遣唐使として渡って難解な密教をあっという間に理解し日本に持ち帰りました。

さらに特殊能力
たとえば、
渇水の時、瞬時にして「ここに井戸を掘ればいい!」と水脈をピタリと当てる能力
あるいは、
雨を降らせる、病気を治す
といった具合。

さながら現代のAI(人工知能)+神技

このような空海には不思議がいっぱい。
唐留学中に密教を習得した空海の伝説

「日本で密教を広める場所を知らせよ」と三鈷杵を日本に向かって投げました。
日本に帰ってその三鈷杵を探しにいくと
狩場明神(高野明神)という神様」に出会います。
そして2匹の犬に導かれて山腹に着くと
丹生都比売明神」(天照大御神の妹、別名:稚日女命)のお告げがあり、「高野山を修行にの地に」と「高野」を授かったという次第です。

さて、金運アップに耳よりな情報というのは
「三本葉の松葉」ですが、「高野山」で魂の浄化をする心構えと「丹生都比売神社」へのお参りも忘れないことですね。

この三本葉の落葉を見つけて財布に入れておく
それだけで「金運アップ」の縁が出来るというのです。

江戸時代には、枝を折ってまで持って帰る不届き者もいたとか

通常松の葉は二本、三本の葉というのはめったに見かけませんが、
ここの松はしばしば三本となっているのです。

どうしてそうなったのか
それは伝説によると、
弘法大師が中国から「飛行三鈷杵(ひこうさんこしょ)」を投げたところ、
この高野の地に落ち、御影堂の前の松の枝に引っ掛かっていた。

この松こそ高野山壇上伽藍前の三本葉の松です。

三鈷杵とは、密教の秘具で、一説には「霊感倍増装置」なるもの。高野山のシンボル至宝として、実物が今も大事に保管されているようです。

実物は刃が一本折れているようです。

さて、空海の超能力はいつ開眼したのでしょうか。それは、

空海が19歳の時、高知県の室戸岬「明神窟」で修行を続けていると、
ついに「口の中に明星が入る」という魔訶不思議な体験をするに至ったとか。
まさにスーパーマン「空海」が誕生した瞬間でした。

その後、遣唐使として中国に渡り、たちまち密教の秘伝をマスターし帰国。

天皇より弘法大師の名を贈られたということです。

そのとき会得した「秘術」が各所に伝説として残っていて、いわゆる仏教の「聖地」となっています。

 

空海が開いた高野山は、まさに超人が覚醒し見た、「宇宙の真理」を体得するための修行の道場なのです。

ここ高野山には、町全体が神域であるのですが、
更に極めつけの聖地が2つあります。
先ほどの「壇上伽藍」ともう一つが「奥の院」です。

奥の院」は今でも弘法大師が生きていらっしゃる、と言われているエリア。荘厳な雰囲気が漂っています。

ここまで参拝者がくると、弘法大師空海が迎えに来てくれている、と言われています。実際にそのように皆さん感じるようですね。

空海の悟りの世界観を見事に表したといわれる「曼陀羅」が示す世界。「胎蔵界曼陀羅」が物質的宇宙世界を表すなら、「金剛界曼荼羅」は精神世界、つまり4次元以上の高次元の精神世界を表すといわれています。

「奥の院」はまさに「金剛界曼荼羅」のごとく精神世界で、空海が今なお生きているといわれています。 一日2回の食事を僧侶が1200年もの間一度も欠かさず運んでいるというから驚きですね。

知れば知るほどもっと知りたくなる高野山
では、高野山への旅の案内を始めます。

高野山に登るルートは7つあります。
時間の許す人は「慈尊院」からの正式参拝ルートを20kmほど登ってみましょう。

現在は「南海電車」で大阪難波からスタートするのがお勧めルート

もちろん車で「ここから神域」といわれる高野山全体の総門「大門」に向かうのも一般的。

♠♠♠南海電車では「高野山・世界遺産きっぷ」という「おトクきっぷ」が販売されています。

高野山は標高約800mのところにある宗教都市
大阪難波から南海特急で1時間半でまずは極楽寺駅へ
かなり山奥に入った風景が見えてきます

さらにケーブルカーで5分で高野山駅に到着します
高野山は約4kmの町を構成しており、中心まではバスで10分くらいかかります
いったん千手院橋のバス停で降り、宿坊協会付近のコインロッカーで荷物を預けておく
宿坊協会横に案内所もあります
2大聖地の「壇上伽藍」と「奥之院」は方向が反対なので注意
順路を事前に計画しておくといいですね。

正規ルートは高野山全体の総門「大門からとのことです。

あらためて大門を出発点とするのもいいかもしれませんね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
場所はこちらです → GooGle Map

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

空海ゆかりの社寺を旅し🍀金運・開運へ超能力の正しい磨き方を探る 

大宇宙の無限の力を知り、自らの運命をも変えることは出来るのか。

超感覚と超能力が身に着く・・このような夢のような話が本当にあるのか。

にわかには信じがたいのですが、信じるか信じないかは別にして、
少なくとも金運アップや開運を本気で考えるのであれば、この能力は必須。
覚醒が欠かせません。

「そんな旨い話しあるわけない!」と思うも思わないも八卦
当たるも八卦、当たらないのも八卦

なのですが、やはり単に神社巡りしただけでは、それだけというもの。

ちょっとした足がかりを頼りに、不思議な世界を少しでも体感出来たらいいですね。

では、
大天才空海が修行し会得したという「密教の秘伝」を探る旅に出たいと思います。

目的地は四国室戸岬、「明神窟」と「御厨人窟(みろくど)
空海がこの洞窟で修行し、遂に「光明を見て」開眼したといわれる、
いわば聖地です。

洞窟の中には「鳥居」があり、洞窟の中には「社」があります。

神明窟には神明宮があり、その名が示すとおり、
神、即ち主祭神「大日霊貴命」をお祀りしています。

また御厨人窟(みくるど)には五所神社があって
御祭神は「大国主命」です。

 

仏教の神(天)は通常、「〇〇天」「〇〇大権現」「〇〇不動尊」のように呼ばれますし
(如来、菩薩様といった次元の話しはちょっと置いておきます)

有名な徳川家康の話
日光東照宮に召還される時「東照大明神」か「東照大権現」かの論争があり、
神の「大明神」ではなく、神仏習合を意識した「東照大権現」となったとも

これから分かるように、
神明窟で空海は日本の古来よりの神を意識して、日々修行していた、
そういうことが分かります。
もともと仏教で「仏」とは、「真理に目覚めた人」という「聖者」の意味だったのですから。

実際、
修行の場「神明窟」と寝泊まりしていた「御厨人窟(みろくど)」を訪ねてみて、
その臨場感がピシピシ伝わってきます。

そこで極めた「求耳持法
これこそが超人たる超能力

その後空海は遣唐使として唐にわたります。
たちまち密教を会得、青龍寺の恵果和尚より最高位の称号「遍照金剛」を与えられ帰国します。

そして天皇の勅願により創建したのが
最御崎寺津照寺、そして金剛頂寺です。

空海はその後東大寺から東寺、そして高野山に移り、
日々「禅定」を実践していたとのこと。
一瞬にして「悟り」を得る瞑想、
禅定」は空海が修行と悟りを日々レビューする習慣だったのではないか、と推察します。

難しいことはさておき、
空海の悟りの修験道場、四国室戸岬の「明神窟」と「御厨人窟(みろくど)」に是非行ってみましょう。

必ず感じる何かがあります。

神仏への繋がり方、修行方法の一端でも、
ピンとくるものがあれば大収穫といえるのではないでしょうか?

鉄道の終着駅はだいぶ離れていますから、バスか車でのアクセス、信者なら徒歩で巡礼する人も多くなります。

 

メモ: 超感覚と超能力が身に着くとどうなるのか

★未来が予見できるようになる
★自分の思う状況を創り出し、人生の夢や希望を実現できるようになる
★知能がアップして瞬時に難解な事象が理解できる
★悲劇を回避し、成功にたどり着く強運が得られる
★高い霊性を身に付け、一段高い道徳心で、周囲の人々をハッピーにする

 

しかし、油断すると作用反作用のごとく奈落の底に!
となりかねない諸刃の剣
強い自戒と覚悟が必要ですね。

空海もこのように言っています

【空海の言葉】

人の昇沈は定んで道にあり
(人の盛衰は道に叶う生き方をするかどうかで決まる」

 

予期しない幸運(たとえば宝くじに当たる)が降ってきた時に
よほど心しておかないと、そのレベルは維持できないことになります。

幸運と不運は表裏一体ですから、超能力開発には「道」を外さない信仰が同時に必要ということでしょう。

ところで、
超感覚と超能力は、人間には本来的に備わっているもので、
極一握りの人を除き活性化していないだけだというのが前提にあります。

一つの学説に「運命は性格と行動が創り出す必然の結果」ともいわれています。

占星術で「運命」は生まれ持った星により必然に決定される、というのも道理がありますね。
ならば、「運命」は変えられないのか?

自分の感性と体質と頭脳を改善することで、性格が変わる、
性格が変わると行動が変わる、考え方捉え方が変わる。

そうすれば「運命」は変わる、という自然な道理になりますね。

この道理を理解するのは簡単です。
ちょっと自分の体で考えてみてはいかかでしょうか。

とにかく、好奇心をもって第一歩を踏み出すこと
そのためには先人の「修行の現場」に足を運んでみることがとても大事ですね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
場所はこちらです → GooGle Map

高知県室戸市室戸岬町 御厨人窟・神明窟

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒