耳よりな話62:大分「昭和の町」に宝くじを当てる打ち出の小槌がある

Pocket




1500万円の宝くじに当たったひとがお礼に来た。
そう目立つ張り紙が大きな打ち出の小槌の前に貼ってある。

昭和レトロの町のある雑貨店、上品な店員さんの笑顔に
つられて入った店の奥

ちょっとスポットライトを控えめに当ててあるコーナー
にそれはあった。

実は!!

当たりくじを引き寄せるのは打ち出の小槌ではなかった!

よく見ると、その隣に置いてある「10000万円札のレプリカ」
なのだ!

プラスティック製で本物にかなり近いが、キラキラ

これを財布に入れるのだそうだが・・・・(*_*;
肝心なのはその前に

☞打ち出の小槌で三回たたく

欲を出して四回たたくと、お金が逃げる、というマジナイ
きっちり守らないといけないそうだ

そうした後、しっかりと財布に忍ばせておく、
これが幸運を引き寄せる秘訣だそうだ!

そうと知ったら、あなたも大分「昭和の町」に出かけて
宝探しの探検をしてみませんか



店の名前は忘れました。

【当たりくじを引き寄せる手順書】
豊後高田にいく
昭和レトロの町を探索する
雑貨店に寄る→ 350円でお札レプリカを買う
→ 打ち出の小槌で三回たたく →財布に入れる



投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。