耳より話66:現世で夢を叶える「神社」、現世で救われる「お寺 」 

Pocket

「神社」と「仏域」 日本には素晴らしいシステムがあります。

夢を叶えようとする気持ちは
宇宙の「進化」の流れに乗るもの、ですから
自然に「神様の手」が差し伸べられます。



大宇宙の大きなパワー、神様は自分の中の小宇宙ステーションに
繫がっているのでしょう。

神さまや仏様を感じたり、不思議な体験などを時どきにするのは
このチャンネルが上手くつながっているからです。

但し、

神は「畏敬」する存在

神さまと繫がるには、願いの内容により、
どこの「神社にお参り」するのか
どのように「お参り」
大事(コツ)となります。

波長の合わせ方

まず
どの神社にお参りするか
ご利益や由来から神社を選択し、ピンと来たらそこが目的地です(*^-^*)

もちろん、神社はどこも神様と交信しやすい場所として整備され
ていますから、次の手順でご祭神に「問いかけ」ましょう。

どのようにお参りするのか

☘まず、心を整えます。
☘(参拝儀礼)
☘神様と波長があうことを意識します
☘神様と交信開始(問いかけます)
☘信じて祈ります
☘この時、間違っても他人と比較してはダメです
☘神様からの「ご回答」「お導き」を確信します
☘なりたい自分、ありたい自分の創造図を描きます
☘(一礼)

必ずハッピーエンドを思い描くことがポイントですね。

さて、

神さま、は畏敬の存在を忘れてはいけません。

粗相をすると、厳しいお叱りがありますので、
くれぐれも注意しましょう。

一方

仏教は慈愛

「お寺」では「仏像・○○像」の優しい目に諭され導かれ
苦の原因となる煩悩・迷いをなくす過程で心を整える。

悟りに至る道と教えています。

手を合わせると、不思議と心が落ち着いてきますね。

もちろん

日本仏教に大きな影響を与えた空海の密教

密教では、祈願、祈祷という形で、現世利益を体現します。
「救い」という人の生存の原点としての「祈り」に対して
仏が救済の手を差し伸べる、という「大きな愛」ですね。

神の意思である「進化」という大宇宙の流れ、

この方向にかなう「願い・夢」は神の導きで実現します。

そして、どうしようもない悲しみに包まれたときは、
仏様が救いの手を差し伸べてくれます。

神仏を信じて、明るい未来に向かっていきたいですね💛

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。