意外と知らないご利益☘「神社とお寺」の違い、って何?

Pocket

あらたまって、「神社とお寺の違いって何ですか?」と問われるとあなたは
どう答えますか?

一言で言おうとすると、ちょっと戸惑うのではないですか。

かの有名な鈴虫寺の和尚さんはこうおっしゃっておられました。

「神社は神様のいらっしゃるところ」
「お寺は仏様のいらっしゃるところ」

実に簡潔ですね。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~ ☘

神社(神道)は日本古来固有のもので、お寺(仏教)はインドから来たもの
ですから、違うのも当然なのです。

それでも、

ふつう家には神棚と仏壇が共にあり、人々は神社にもお寺へもふつうにお参り
に行きます。 

神仏が自然と私たちの生活に密着しています。

近年増えたアパートやマンション暮らしで、部屋に神棚や仏壇のないところの
方でも、皆さん例外なく、神社には願掛けにいっているでしょう。

そこで、「神社とお寺」とご利益について簡単にまとめてみました。

題して

~「神社とお寺、ある宇宙人の見方」~

実は

基本同じなのですが、山に登る道は幾つもあるように、1つで別々なのです。

私たちはどちらでもいいのです。 次のように理解しましょう。

【神社】
★現世を無事生き、成人すれば国や社会に貢献することを神様(大神)に祈願する神域
【お寺】
★現世で生きている人間の苦しみを取り、来世の(極楽浄土)に行く悟りを得る仏域

したがってご利益でいうと、
【神社】
結婚の契り、安産祈願、節句、七五三、成人祝い、厄除け、還暦から白寿までの年祝いという生を神様に感謝しながら、社会貢献するための、神の御心に沿った生き方をすることを誓う中で、自分の「夢」を実現するという、ご利益を得られる。

【お寺】
生まれてから死ぬまで、生きている間には喜びと同じくらい苦しみや悲しみがある。それが当たり前なので、徳を積むよう精一杯生きることで仏のようになり、結果善神のご加護を受けるというご利益に授かる。
日常のちょっとした願いはお地蔵様が受け止めて下さる。

日本には「八百万の神」がいて、神羅万象に宿っていますし、善神だけではなく、悪神も多くいます。
邪な思いで祈願すると、悪霊にとりつかれ、地獄に落ちることもありますから、「くわばらくわばら」です。

まとめ。

ご利益を得るには、「神様に感謝し、大御心に沿った生き方、思い」を祈願することが大事ですね。
ちょっとした身近な事は「お地蔵様」にお願いするといいですね。

 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。