スマホの「あおり運転も厳罰化」へ!男性ホルモンとの関係はどうなる?

Pocket

社会的に大問題となった「あおり運転」がいよいよ厳罰化されます。

この12月からはスマホの「ながら運転」が厳罰化されましたが、これに続き今社会問題となっている、「あおり運転」も近々厳罰化の法整備にはいったらしいですね。

法整備への課題はいくつかあって、どう摘発して、どう厳罰化していくのか、という基準や方法の問題など、ひとつひとつクリアしていきながら、整理していくようです。

また、

その一方で、

その逆に「あおりを誘う運転」もありますね。

たとえばわざとゆっくり走って、カモとなりそうな輩を見つけると、いらいらさせて、追い抜きをさせるという手口ですね。

こうなると、銃社会のアメリカなんかですと「銃の打ち合いになる」とのコメントもありました。

ともかく、

「ながら運転」も「あおり運転」も危険極まりないのですから、マナー違反。悪質なのは取り締るのが当たり前、となるでしょう。

さてさて、

ちょっと余談で、「あおり運転と男性ホルモン」の関係という話題もあります。

男性ホルモンといえば、最近の日本男性の4人に1人が無精子状態という、深刻な問題が話題となっていますね。

子供が生まれない、というのも悩みが大きいと思います。

これは現代社会のストレスが影響しているといわれていますがそれは違うかもしれません。 食べ物や生活スタイルが大きいという人もいますから。

戦争中のほうが、ストレスは大きいはずですすし、24時間働く人がいた時代と比較すれば。この種の仕事ストレスではないとするのが自然ですね!

単純に食生活 そして平和な環境かも?

かもかも??

というのは、アメリカの実験では、高級外車で高速道路を飛ばして運転した人と、トヨタの大衆車で普通に走ってみた人との比較では、大衆車を運転してる人はホルモン量が変わらないのに対して、高級外車に乗って高速道路を走ったほうの人の男性ホルモンが急激に増加した、というデータが出たのです。

また、若者に銃を撃ってもらうと、なんとその瞬間にその人の男性ホルモン量が十倍以上になったという結果だとか!

では、

この男性ホルモンは、どうコントロールしていくのがいいか、というデリケートな問題が出てきましたね。

ここ最近の男性、どんな壁があるのでしょうか

多分ストレスの発散先にも大きく影響されるにれ違いないですね!

男ららしさとおとなしさの共存

これをどう図っていくかが問題となるでしょう。

まず第一に食事、その内容ですね、 次はどう日常を過ごすか、そして誰とすごすか、何をして過ごすか、ということですね。

ストレスの発散先が、あおり運転だとしたら最悪!!

ストレスの向ける先は、仮想世界に向かうのがベターかもしれません。あるいは、自然。

昔ながらでいうと、スポーツですね。そして山や川での冒険かな!?

やhろ、キーワードは「昔のやりかた」でしょうか! 温故知新ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある実験で「高級車のスポーツガーを高速道路で運転した場合」と 「普通車を一般道で運転して比較した場合」で、男性ホルモンがどう増えるかを調査したところ、

 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。