ちょっと耳より話35:ビジネス成功の秘訣は「ネーミング」にあり

Pocket



猿田彦珈琲

このネーミングのどこに惹かれるのか?

「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」として知られる

この本格焙煎コーヒー屋さんは
元俳優の大塚社長が経営する、意外と新しいお店なのだ

1億円を超える自家焙煎の設備投資を果敢に行い、
焙煎から抽出までとことんこだわっている

深い味わいは珈琲通でなくても魅力だ

文字通り、本格珈琲の伝道師
たった6年で年商6億円のこのブランドは
新しいコーヒー文化を創造しようとしているように見える

猿田彦っていえば・・・

そう、神話の時代、天孫ニニギノミコト降臨の道案内をした大神
「ものごとの最初に、万事最も良い方へ導く」神様
大和の国の創造に大いに関わっているみたい ☆彡

ならば、
スサノウ珈琲でも、イザナギ珈琲でも、海幸彦コーヒーでも・・
よさそうでも、コーヒーには
ちょっと合わないかも ( ゚Д゚) 

では、
ナポレオン珈琲、楊貴妃カフェ、ポセイドン珈琲なんてはどうか?!

ちょっとありかも( ^)o(^ )

実は、他にも
成功の秘訣はあるようで、
旅行会社HISとのタイアップした店づくりもその一例
異業種、とのコラボはやはり成功の定番だ!

そして、やっぱりベースの魂は「名前」に現れる

猿田彦

うーん 😊 なぜか、
日本人のDNAに染み込んでいる、不思議な力が湧いてきそう👍

そいうえば
藤田ニコルもある意味同じかも ??

ニコルって名前は、国際的になるように願ってお母さんが付けた
なんだって!!

「名は体を表す」といえばちょっと硬いけど、
思いの最初は「名前」なんだよね!(^^)!

赤ちゃんの名前を付けるような、特別の思い(*_*;

お店なら「屋号」
ブランディングには欠かせない創設者の思い入れ👍

やっぱ、
「初めに言葉ありき」
なんだろうね! (*^-^*)

  TOPに戻る

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。