なぜ、今中高年がキレやすいのか、人生を台無しにしない処方箋

「出ていきなさい!」のキレた一声で、7期勤めた政治生命までも失おうとしている大臣がいました。

今回は政治家ばかりではなく、身近なところでも、老若男女、取り分け地道にキャリアを積み重ねて来た、中高年がハマる落とし穴

 💀「キレたためのに一瞬で棒にふる、築きあげたもの」

に迫ってみましょう。

今村元復興相のように、一度メディアを敵にまわすと、執拗に狙われ、強い権威者に守られてない弱小議員などは、逃れようがありません。

油断した場面での軽率失言「東北でよかった」であえなく撃沈。

これは、サラリーマンの世界でも、組織の上の地位に近づくにつれて、気をつけなければならない落とし穴なのです。 もちろんビジネスでも。

とにかく理由は色々でも、「キレる」と人生台無しの結果が待ち受けているからご注意ですね。

では、どのように対処したらいいのでしょうか。

1真面目に頑張ってるからこそ、キレてしまう人は・・・

☞ 一生懸命やり過ぎると、「力の抜きどころを失念する」つまり、余裕がなくなって「はち切れてしまう」のです。

💛では、どうする?

☞ 散歩がお勧め。とにかく歩く、深呼吸する、肩の力を抜く。 気分をチェンジする積極的休憩が効果的です。

☞ 情報を簡単に整理する。シンプルに物事を考える。目一杯ではなく「余裕しろ」を残しておき、想定外に驚かない。

2次に、挑発に乗って、迂闊にもキレてしまいそうなら・・

☞ 挑発を受ける、という行為は競争社会には付き物です。特にキレやすい人は狙われます。

💛では、どうする?

☞ 挑発の発生源から離れること。これが一番ですが、不意にやられると逃れられません。そんな時は「無視、無言」でグッと堪えてその場を離れる。キレるよりはマシです。

☞ 普段から相手の差し手を予測するトレーニングをしておくことも大事です。

逆の場合もあります。

3学校など、イジメに遭いそうな時(これはちょっと違ったシチュエーション)

☞ 逆に学校や社会でのイジメで、キレたくてもキレない、追い込まれた窮地というのもあります。

♣では、どうする

☞ これは意識的に「キレる」ことですね。友達を無くすこともありますし、会社なら暫し閑職を受け入れられれば、まずイジメにあうことはありません。(事後の色々なバリエーションはあります) でも、まずは平和裏に解決を心掛けましょう。国際紛争と同じです。

この世の中をしぶとく生き抜くには、危機に際して如何に素早く「平常心」を取り戻すか。そして問題に対峙できるかにかかっているのではないでしょうか。

諸問題の解決には「場を踏む」経験が物をいいますが、しっかり書物を読むことで少しは補えますし、信頼できるメンターを見つけて「あの人ならこんな時どうする?」と考えるのも効果的な思考に役に立ちます。

また慌てないで問題を「一日寝かせる(名案がでるまで発酵させる)」余裕が出て来たらグッドですね。

一人で悶々としないで、色々な情報ホットライン、信頼できる人とのコミュニケーションなども有効です。とにかく自分なりに「自分の性格をよく知って、自分自身の対処法」を処世術として身に付けましょう。

〈Θ⊥♠〉 ・・・・・

さて、タイトルに帰って、なぜ中高年はキレやすいのか。

昔はもっとキレていたのです。 あちこちで怒鳴り声が聞こえていました。

IT時代になるまで、明らかに年長者の方が経験豊富で、若い人を教え導くという長ーい人類の歴史。年長者の怒りは大体が「教育指導」といった側面があったように思います。

若い人が年長者に噛みつくのは、酔っ払いか、不謹慎者に対してであり、年長者に一目おくのがごく自然なこと。

今やIT・グローバル時代。年寄りが若者に教えを請うことが珍しくなくなったし、暴れ者の国が世界標準となり、意見を上下関係なく闊達に言い合う「ポジティブ」が常識となれば、まさに逆転現象も起こるのです。

ちょっと話がそれますが、昔は女性たちが「男は煙草吸うから嫌よね~」「男は昼間っから酒ばかり飲んで」って女性が集まる場で定番の話題、今逆でしょ?

均一な秩序の時代から、スモールコミュニケーションの時代へ。(個人から世界の仲良しグループまで)実に多様に変化しています。

この変化について行けない人が、油断していると思わぬ濡れ衣を着せられたり、挑発されたりして、或いは嫉妬をされ、あるいは金のために狙われたりして、キレるのです。

時には能力以上のことをしようとして、あるいは、下手に正義感を発揮しようとして、墓穴を掘る人もいます。

♥ 君子危うきに近寄らず

ストレスの多い現代、適切な距離感を保ち、不本意にもぶちキレて「せっかく築き挙げた信用」を失わないようにしたいものですね。

~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~ ♣  ~~~~~~~

それでもキレてしまった人のために

♣ 陰で応援してる人もいる

めったやたらと怒鳴り散らす人は論外ですが、日頃から信頼関係を沢山つくっている人が、思わずキレてしまう事態。 意外と「よく言った!」と応援してくれる人もいるものです。

「正論を言うときは気をつけよう」と政治の長老の教えもありますが、一般社会では、正論がなかなか言えない時代に方向が違っていなければ、

「よかったですよ!」と支持者が静かに、ゆっくりと現れてきます。

悪かったと思ったときは謝りましょう。 良かったと思ったなら毅然としましょう。 見ている人は見ています。

 天網恢々 疎にして漏らさず

本日は以上です。

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

経済のプロが言う「2020年までに無くなる仕事」って、変でしょ!

オックスフォード大学が認定した、今後10年で「消える職業」というのが話題となりました。

人工知能AIの出現で、グーグルカーのように完全自動運転の車が出現すると、あっという間にドライバーは仕事を失う。

これは現実味がありますね。

社会の進歩にも大いに貢献するでしょう。この類いのようにコンピュータ化の更なる進歩によって、人間の失う仕事は非常に多いとし、概ね次のような職業があがっていました。

銀行の融資担当者 電話オペレーター
スポーツの審判 時計・カメラ修理工
不動産ブローカー カジノのディーラー
義歯製作技術者 訪問販売員・露店商人
ネイリスト 電話販売員
簿記会計監査の事務員 税務申告書代行
動物のブリーダー 集金人
給与・福利厚生担当者 ホテルの受付係
検査・測定を行う作業員 データ入力作業員
娯楽施設の案内人 レジ係
★ガッテンしない仕事↑  ★ガッテンする仕事↑ ★果たして?

確かに、全体傾向としては、認める部分もありますが・・・・〈Θ⊥⊗〉¡ 

注意!

でも、これらに従事している人ってそんなに多いですか?

日本ではもう既に減ってしまった職業ばかりが目に付きます。

しかも今や【作業+付加価値(サービス)】の世の中。どんどん進化しています。

♠ホテルの受付が病院の自動受付みたいになって大丈夫ですか。〈Θ⊥Ø〉

どれを見渡しても「付加価値サービス」というワンランク上への流れを予測しているようには、全く見えませんね。

♠例えば「義歯製作技術者」。3Dプリンターによって取って代わられるかもしれない。そりゃそうでしょう。現在のままではですね。

♠では「義歯製作技術者」側がもっと進化したらどうでしょうか? 噛み合わせとか細部の細かい仕様とかをワンランク上手に提案したら・・・?

♠「ネイリスト」もそうでしょう。単なる技術なら機械に置き換わるかもしれません。そのようなニーズも出るでしょう。

♠でも、よりアートな演出であったり、ネイルをすると年寄りも積極的な行動ができるようになる、といった最近の調査結果などにように、ますます裾のが広がり、進化していくとなれば、決して無くなるどころか、ワンランク上のステージに向かう可能性も十分秘めています。

♠銀行の融資って、ATMじゃあありませんよ。事業が長期にわたって継続していくための諸条件を見極めたり、提案したり、今後想定外の景気変動等に対して、創造的な部分はますます重要になってくるかもしれません。

♠スポーツの審判をロボットがすべてやって面白いですか? アミューズメントですよね。審判と一体となって盛り上がるのが面白い、或いはそのように創造的な審判が活躍するなんて想像するだけで楽しいですね。

♠バスが自動運転で運転手不要だとか。普通は法令で安全重視。用は無くても一人は貼り付けとかないと、まさかの事故の時だれが責任を取るのですか?

このように考えると、確かに単純な作業だけでなく単純な思考はAIにとって替わられるでしょうが・・・。

でもそれ以上に、活路が開ける可能性の方が大きいのではないでしょうか?

検証➡ このような視点で日本で2013年にインタビューされた「2020年までに無くなる仕事」を検証してみましょう。

2013年に経済のプロ40人以上が明かす「2020年までに『生き残る会社』『無くなる仕事』(週間現代)」というのがありました。

経済のプロってオカシイですよね。〈Θ⊥⊗〉¡ 

まず「生き残る会社」に東芝を挙げた人が複数いること。本当によく調べたのですか?あとは皆手堅い会社ばかりなので、素人でも同じ答えになるでしょう。

そして、2020年までに無くなる仕事は次のように予想しています。

  消える職業   消える理由  コメント
電車の運転士・車掌  無人運転が可能となる  × (更に未来
レジ係  電子タグとスマホ決済  △
通訳・速記  音声自動通訳システム  △
プログラマー  海外のプログラマーに  ?
新聞配達員  ペーパーレスの進展  ?多少
郵便配達員  ペーパ―レスと宅配に (宅配の方が?)
レンタルビデオ  コンテンツダウンロード  △
ガソリンスタンド  ガソリン需要の縮小  (公共性)
高速道路の料金徴収  ETC設置普及  〇
10 仲卸業者  ネット普及、TPPで不要論  △(Tpp×)
11 小規模・兼業農家  高齢化とTPPで敗者となる  △(Tpp×)
12 大手電力会社  電力自由化で抜本的改革 ?そんなに簡単には
13 太陽光発電事業  中国に敗れる ?蓄電セットで活路
14 参議院議員  議員削減  ×(希望すぎる)
15 専業主婦  財政危機と老後不安拡大 △減るでしょうが・

コメント欄に記したように、 世の中はダイナミックに変化・進化しています。

趨勢だけを数字で追うと、確かに予測のようにも見えます。・・が、・・・

注意!

そのままでは無くなる仕事も、ちょっとしたアイデアやモノの見方の変更などで、新たな付加価値を付けて、進化の方向に発展していけるのではないでしょうか?

まさに

ピンチはチャンス!

ですね。厳しい状況に置かれているとしたら、進化する方向に意識を集中しましょう。 必ずチャンスと幸運が巡ってくるに違いありません。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒