トランプ次期大統領の米国で、働く「金持ちママ」💛の戦略とは? 

Pocket

女性の働き方改革が急がれる日本。実は65歳以上の働く女性の割合は、アメリカやイギリスよりも大きく、主要国の中で、一番働いている☀ことをご存じでしたか?

確かに、25歳~35歳だけを見ると、欧米の国よりやや少ないですが、それほど大きな差はないという印象です。

なぜ、25歳~35歳の子育て期間も働かすのか、(育休を取りながら継続的に) それがグローバル化だからです。各国とも働く女性の割合は年とともに増加 80%の天井で止まっています。

承知のとおり、アメリカ主導のグローバルシステムに否応なく、追従せざるを得ません。
ですから、この潮流に乗るのであれば、「賢く」ならなければいけないですよね。

育児休暇制度や子育て手当等の充実や、保育所等の整備など、国が動くべき事柄がある一方、子育てに悩む「お母さん」も賢く考えていきましょう。

前を行くアメリカの「働くママ」の賢い戦略、というのがアメリカで話題なので、日本人に取り入れられそうなものを一部紹介しましょう。

キンベリー・パーマーという人が推薦している「賢いママ」「リッチなママ」の戦略から幾つか、

^^^^^^^^💛^^^^^^^^^^^^^^^^^

  • 自分が楽しめる仕事を見つける
  • 仕事は、5時で帰る、週1の在宅を許す、子供送り迎えの時間融通などを交渉する
  • 会社の利点で利用できるものは全て利用する
  • 早く帰ることに後ろめたさを感じてはいけない
  • 家庭の仕事をパートナーで公平に分担する
  • 子育てを理由に安い給料の仕事に甘んじない

これらを実現しなけれは、豊かな「共稼ぎ夫婦」とはなれない、と割り切らなければならないようです。

子供の側から見て、「楽しそうに働くママ」が幸せを感じる瞬間だそうです。

子供のためにも、働き方に妥協せず、アメリカ的に図々しくしないと 生きていけない時代に突入しているのかもしれませんね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~

トランプ大統領関連記事

☛☛ 「トランプ大統領で日本は☘そして私達はどうすれば開運するのか?」

~~~ ~~~ ~~~~~~

☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。