金運習慣1:宝くじを当てる~運気を上げる7つの習慣(1)~

Pocket

金運の掴み方はいろいろ紹介されていますが、金運といえば「宝くじ」を当てれば金運の極みですよね。
「宝くじ」はある種の感覚を研ぎ澄ませば、当たります。
その方法に近いのが@DIMEにありましたので、紹介します。

その記事は「宝くじで運気を上げる習慣」と題して、西銀座チャンスセンターの女神に聞いた内容となっています。
①笑顔で明るい。
②今日はツイていると思ったら、宝くじを買ってみる。「当たるときは当たる」
③「大安で寅の日」がベストだけれども、「一粒万倍日」も暦上、縁起がよい日とされる。
④高額当選のあった売場や(当たりそうな)雰囲気を感じる売場で買う。


⑤良日を気にして連とバラの両方を買う。(当選者の50%)
⑥当てようとして買う人(ちょっと買ってみようという人は当たらない)
⑦宝くじの購入回数は「年数回またはジャンボのみ」の人が60%
⑧ベスト3 イニシャル1位はKS、2位はKK、MM、MS 3位はMK

7つの習慣とありましたが、実質8つの習慣ですね。
実際ラッキー7といいますが、日本では古来より8(ヤー)の方が霊感が漂います。

イニシャルは金運(k)開運(k)マネー(M) セーブ(s)ゴロがいいですね。

~~~♣ ~~~ ♣ ~~~~~~~
続く ☞宝くじを当てる~運気を上げる7つの習慣(2)

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~~~~~

☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です