ちょっと耳寄り話「ノーベル賞受賞・イシグロ氏の日本的感性」

Pocket

「今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏!」
とのニュースに日本中が沸いている。

日系イギリス人といっても、両親とも長崎出身のピュアな
純度100%の日本人なのだ。

5歳の時に両親とイギリスに渡ってから、その後帰化
「いつかは日本に帰る」と思いつつ今日まできたらしい。

彼の思い描く故郷日本は想像の世界
懐かしい微かな記憶が呼び起こす望郷の思い💛

その強烈な思念は日本人のDNAを刺激する。
純粋なイギリス文学となって世界中の人々を惹きつける。

完成された高度のイギリス文学が醸し出す「日本的感性」
これにノーベル賞審査員も魅了されたに違いない。

実はイシグロ氏の名前は速報で初めて知った。
いや、村上春樹は知っていても
彼の名を知っている人が、回りにどれくらいいるのか?

などど思いながら「明日は書店に行ってみよう!」と
だんだん熱を帯びてくる自分がいるから不思議だ。

考えてみれば、ふるさとを遠く離れれば離れるほど
思いは強くなる。

そして描く世界は日々おぼろげになっていくけれども
その映像は、より美しくセンチメンタルにもなる。

「距離と時間の積み重ね」が思いの強さになるのだろう。

遠く、高く飛ぶには
ため込む力がいる。

しゃがみ込んで、沈み込んで、そしてジャンプ ☆彡

今凹んでいる人がいたら
やっぱりチャンスだ

だって次は高く飛び上がれるのだから

最近見た記事のタイトルにこんなものがあった。
「富豪の原動力は貧乏」

高く高く舞い上がれ

「カズオ・イシグロ氏ノーベル文学賞受賞」のニュース
連想しているうちに、

いつも間にか・・・

空を飛ぶeagleになっていた。☆彡

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。