ちょっと耳より話11:「極悪コレステロールはこうやって抑える!」

Pocket

極悪コレステロールが血管プラークの原因とは!

NHKの「ためしてガッテン」の耳寄りな話

血液検査でHDLもLDLも正常なのに脳卒中になる人は
極悪コレステロールの仕業だった。

どうやらコレステロールには
悪玉コレステロールよりさらに質の悪い
極悪玉コレステロールがあるらしい。

その名は「レムナントコレステロール」
実はこれを20年も前に日本人が発見していた。

今まで表舞台で語られなかったのが不思議なのですが・・
発見者は
群馬大学医学部の中嶋克行さん
正式名称は「レムナントコレステロール」
残り物という意味なのだそうです。

でも医学会では常識となっていたみたいですね。

結論から先に言えば、
レムナントコレステロールは悪玉コレステロールより
極めて悪玉。
マイクロファージが好んで食べて
その死骸が血管に付着して盛り上がりをつくる
その量は悪玉LDLの4倍

剥がれて脳に行って詰まれば脳卒中に!

正常か異常かの目安は次のとおり

(総コレステロール)-(善玉)=総悪玉コレステロール

150以上で 「やや危険
170以上で 「危険

 

ただ結局対処法は

肉を減らし、さかな(特に青魚)を食べること
大豆類や野菜を多くとること
運動をすること

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす
これまでの健康法と同じでした。

といっても、原理が分かったら実行しやすいですね  

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢な、右脳左脳・文武、ちょい自称オシャレなビジネスマネージャーです。失敗を繰り返して腐らず、なお立ち上がる人を応援したいと思っています。   ケガ・大病、ボトムからトップまでの色々な経験、色々な資格と段、とりわけ危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しずつオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。