今日の耳よりな話☘「年収の高い人は読書が好き!」らしい

Pocket

gooの「いまトピライフ」に面白い記事を発見。

「年収1000万円超の75.7%」の人が読書が好きらしい。
その半分の37,8%が大好きと答えたそうだ。

ちょっと前なら、電車の中といえばほとんどの人が
寝ているか、本を読んでいるかだったけど、
今は、あちらもこっちもスマホが当たり前だ。

でもやっぱりそうなのか

ずいぶん前の話だけど、
年収1000万円を軽く超える人は「歴史書」が好き
そこそこ稼ぐ人は
「どうやったら稼げるか」のノウハウ本を好む
などの記事があったなって、
頭の片隅だけど、記憶に残っている。

やばい!
歴史書をよまなくっちゃ・・
と、ちょっと動揺したんだったかな。

じゃー「歴史書」って何を読めばいいの?
明治維新やアメリカ独立戦争、古くは人気の三国志かな?
それとも
リンカーンやケネディ、福沢諭吉や坂本龍馬?

楽天」の歴史ランキングでは
1位:角川まんが学習シリーズ日本の歴史全15巻セット
2位:いっきに学び直す日本史古代・中世・近世教義編
3位:明治維新の正体

e-hon」の思想・心理。歴史・教育ランキングだと
1位~3位:昭和天皇実録シリーズ
となっていますが、さてさてどうなのか。

で、かの林修先生
あるテレビ番組でちょっと口にした耳よりな話
~東京の繁栄は江戸時代の水運や防火など徳川の治世が
元になっている。
そして15代将軍徳川慶喜の大政奉還という大英断
徳川幕府を終わらせて、日本人同士の戦いで疲弊の隙を
西欧列強が狙う、という構図から日本を救った~
という話

こんな教養なども必要だよ、と痛感いたしました。

自己啓発にもなります。
是非ノウハウ本の合間に、歴史書も読みたいですね。

 

読書の秋だから、

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。