ハーバードに学ぶ人生成功哲学、幸福感は「選択」で決まるって本当?

Pocket

人生の成功、幸福感の40%は「選択」によって決まる

こう教えるのが『ハーバードの人生を変える授業』
人生には常に2つの選択があり、
選択の良し悪しが、その後の人生の幸福感を決定する。 ということですね。

さて、

私たちが「幸せ」を感じる瞬間ってどんな時?

現在の環境や仕事、人間関係にストレスがあり、それを解消するための「心のスイッチを選ぶ」。この「選択」がよい方に転んだ結果、気持ちが吹っ切れて「楽」になった。しかも「これは自分が成長するチャンスだ!」と思えば、むしろ力が湧いてくる。
こんな経験したことありますよね〈Θ⊥Θ〉¡

もっと具体的にいうと、例えば

~仕事上で思わぬ失敗をしてしまって、ちょっと気が動転している、といったシチュエーションで~

「その経験を『深刻な打撃』と考えるか 『未来への警鐘』と考え、成長の糧とできるか」で、気持ちが全く違って来るってことですね。

ちょっと身近な例で考えてみましょう。

実は、こんなちょっとしたアクシデントがありました。 突発的なタスクが入って右往左往、夕刻には何とかおさまって、さて最寄りの駐車場に入れようとした時でした。《ちょっと駐車券売機の装置ぎりぎりに車を止めよう》と、ぎゅーんとハンドルを切って進入した瞬間、『ボコッ』『パリン!』と右フロントバンパーとウインカーガラスが損傷したのでした。
「あちゃー! なんてこった!」〈⊕⊥⊗〉¡
これは単なる不注意かも・・・と看過しては後悔だけです。
『修理代もバカにならないよな・・(泣き!)』

そこで今回のテーマです。
このとらえ方は自分で『選択』可能です。
Ⅰ:「あーもう最悪^☠^」とマイナス思考の悪い選択をする
Ⅱ:「これは最近、足元が浮き立っていることの、天の戒めだ!」と好意的な現象と思う、プラス思考の良い選択する

さて、Ⅰの悪いほうに選択すれば「自己嫌悪」になるだけ

Ⅱの良い選択だと、「大事故の芽を未然に防げた❤。この程度の出費でよかったよかった」という「幸せ気分」に〈Θ⊥Θ〉ð

 

人生は「選択」と「決断」の連続です。

プラス思考の「選択」をして、アクシデントからも教訓を学び、行動の「決断」をする。そして「実行」することで、結果、幸福感を得られ「成りたい自分になれる」。

これはマーフィーの法則にも当てはまります。

人は誰でも「成功の途上」にあり、「成りたい自分になれる」すなわち「成功者のイメージ」が強く、深く潜在意識に刻みこまれれば、必ず成功する。

良いほうに「選択する」こと。これに気が付けば、「明るい未来を選べる」と気分もよくなります。

でもまだまだ!

幸福感は「選択」でどの適度決まるかって?

「40%」でしたね。

ならば、限りなく100%にするのために絶対に必要なマインド、それは・・・・

「絶対に成功している」という ❝未来の決定(成功イメージ)”と 「成功するまであきらめない心」、ひたすら続ける「行動力」ではないでしょうか。

♠まとめ

100%幸福感達成するマインドとは

1 良い「選択」をする

2 それを実行するという「決断」をする

3 成功しているという「成功イメージ」を心に焼き付け、確信する。

4 成功するまでひたすら「行動」する

 

これを日常の「ルーティーン」とすることですね。

今日から早速やってみましょう!

 
 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。