今年の冬は緑茶で健康・開運☘インフルエンザ猛威の予感(@_@)

Pocket

インフルエンザの流行期に今年早くも突入しました。 主流が香港A型で、高齢者や小児が重症化しやすいのが特徴、さらに大流行する恐れがあるそうですから、油断なりませんね。

香港A型にはワクチンが利きにくいとも言われていますので、しっかりした対策が必要です。

緑茶の効果
そこで是非実践したいのが、これまでもよく言われている「緑茶」の効果です。緑茶のカテキンは、殺菌力で風予防に直接効果があることは有名で、

  • 高い殺菌作用でうがいでも効果がある
  • 5分ふごとに「ゴックン」するとよい

と実践している人は多いかと思います。そして、緑茶のカテキンは

  • ウイルスに感染した細胞を攻撃するキラーT細胞を増やす
  • 強力な抗酸化作用があり、免役力を高める

など、良いこと尽くめですね。

更に最近、幾つかのテレビ番組で、相次いで新情報を取り上げていましたが、ごっちゃにならないよう、分かりやすく纏めてみます。

【ためしてガッテン】氷水出し緑茶で免疫力を復活させる方法!(2015.7.1)

  • 氷水出し緑茶は免役細胞の主体マイクロファージを活性化させる

【たけしみんなの家庭の医学】「病気にならない身体をつくる!冬の免疫力アップ法」(2016.2.16)で 信州大学名誉教授大橋先生のお薦め

  • 食後2時間後に20分横になり複式呼吸で免疫力アップ
  • 41度のお湯に15分程度肩まで入浴すれば、深部体温を1度程度上げる」ことで、免役細胞を鍛えることができ、NK細胞が1.3倍になる

【世界一受けたい授業】お肌によくない入浴法(2016.11.12)で医学博士の早坂先生のお薦め

  • 15分以上、42度以上の熱い風呂にはいらない
  • 入浴前の水分補給として、1杯の緑茶
  • 緑茶での入浴で血液中のカテキン濃度が7倍に

長時間のお風呂は、水分が失われ血栓が出来やすいリスクと肌の保湿成分もなくなり、体外からの有害物質が入りやすくなるので、入浴後の保湿対策が大事ですね。

以上、「緑茶」のインフルエンザ予防効果は相当なものだということが分かりましたね。是非、日常生活の習慣として取り入れておきたいものです。

~~~ 幸せ💛を呼ふ緑茶 ~~~~~~~~
さて、「お茶」は古来より縁起ものとして重宝されてきました。
「茶柱が立つ」といえば、幸運の予兆として生活の中に定着していますよね。
また、一日の始まりの朝に飲む、一杯の「朝茶」には、幸福を招くといわれています。

  • 朝茶に別れるな(身体によいので毎日飲め)
  • 朝茶はその日の難逃れ(朝茶は災難よけになる)
  • 朝茶は福が増す(朝茶は良いことがある)
  • 朝茶は七里帰っても飲め(面倒と思わず飲め)

このように、生活に根付いたことわざが沢山あります。

身体にも良い、幸せも呼ぶ、この冬は「緑茶」で幸せに乗り越えましょう。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。