「稀勢の里優勝」が引寄せるパワー、キセノミクス効果は◎億円

「GDP押し上げ効果」
キセノミクスと言われる「稀勢の里」の優勝はマー君・ダルビッシュの活躍に相当するGDPアップになるのではないか、と期待されています。

「稀勢の里」の逆境に耐えて掴んだ今回の奇跡の優勝。今日本中のフィーバーぶりは、あの若貴以来と、今でも熱が冷めていません。
元力士のデザインノートや、横顔デザインのアイス・横綱パンという、似顔絵を描いたものなど。
地元を中心ですが、銀座にも波及しています。
銀座茨城マルシェでは福袋がどんどん売れ、稀勢の里の体重175kgにあやかって話題となっている175gの大きなコロッケなど、ホットなニュースも続出しています。

あるテレビ局での番組での試算では、

キセノミクスの経済効果は、32億円

ちょうどマーくんの年棒に相当するビッグマネーが国内に創出できることになります。

マーくんやダルビシュの高い年棒は日本人の活躍として嬉しいのですが、残念ながらアメリカのGDPアップに寄与してはいるものの、
日本のGDPにどの程度貢献しているのかははっきりしないですね。
たまにテレビで大リーグでの活躍を見るにつけ、ファンとしてはちょっと寂しい限りです。

そこで大相撲、稀勢の里のキセノミクスはまさに国内の救世主です。
大きな経済効果を日本国内に残すことは明らかでしょう。
外国人力士の活躍もたのもしいですが、久しぶりの日本人力士の活躍
日本人の意識が国技という日本国内のエネルギーアップに繋がること請け合い。嬉しいですね。

さて、稀勢の里はどのようにして強くなったのか。

稀勢の里の「あきらめない」気持ち、強い気持ちが「運を引き寄せた」そいうのも納得ですね。
是非、あやかりたいものですね。

有名なマーフィーの言葉に誰にでもできる「あきらめを追い出す魔法の言葉とは」
というのがありますので、紹介しましょう。

それは

❤ あなたを癒し、祝福し、高め、強める全ての言葉に 『イエス』 という

 

この簡単なルール、成功の習慣、ある種の「おまじない」のことなのです。

是非実践してみましょう。

遅咲きの稀勢の里関の活躍、大関琴奨菊に続き優勝の快挙ですが、琴奨菊関が期待されながら膝の怪我で実力を発揮できずにいる此の頃。
是非、稀勢の里関には怪我のないよう、じっくりと励んで、長く活躍してほしいと思います。

テレビをを見るだけでパワーを貰える、大相撲はそれ自体が「パワースポット」かもしれませんね。

予期せず災難に見舞われた時、瞬時に逃れるには?唱える呪文とは☘

突然災難に見舞われたら、あなたならどうしますか。
地震・雷・火事・台風(おやじ)、日本はどこにいてもいつ災難に会うか分かりません。

誰かに助けを求めるでしょうが、誰もいない時はどうしますか。
神様仏様に祈るに違いありません。

経営の神様 稲盛和夫氏がインタビューの中で、80歳を超えても毎日唱える言葉
「なんまん なんまん ありがとう」
と「ヨーロッパに行ってもアメリカにいっても必ず両手を合わせて唱える」と言われてました。
ヤマト運輸を立ち上げた小倉昌男氏は、カトリック改宗後毎日教会で
「今日も一日、悪いことをしませんように」

偉大な創業者というより、一人の弱者としての祈りがあったということです。

人は神様に祈るとき、人智を越えた崇高な存在を信じて、すがるのです。
開運・金運についてご利益を求める時も同じですね。

では、まさかの災難に遭遇したらどうするのか

神仏にお祈りして、奇跡が起こって命拾いをしたという話は身近にもしばしば聞きました。

災難が降りかかったとき守ってくれるご真言、といえはやっぱり「これ!」
古来より多くの日本人の心を捉えて離さない「般若心経」ですね。

以下に続く “予期せず災難に見舞われた時、瞬時に逃れるには?唱える呪文とは☘” の続きを読む

運気アップの真言(マントラ)🍀本田真凛のおまじまいは「自分を信じない」

2016年の笑顔で終われるようなスケートを目指したいと、去年の世界ジュニアフィギアチャンピョンの本田真凛。

高い女子力でも有名な、彼女の強さは「自分を信じない」おまじないにあります。

理由は「自分を信じる」ことが強すぎると、力み過ぎて結果が出せないこと。
いつも彼女をそばで見ているコーチの濱田美栄さんがアドバイス💛したのがこの「おまじない」なのです。
浅田美央と同じ天才肌と言われる本田真凛ならではのエピソードですね。
とても壷を得たおまじないではないでしょうか。

濱田さんの信条も「いつも初級」
自分は挑戦者との気持ちを平常心として持つことで、「チャレンジ精神」を忘れないコツを発見したのではないでしょうか。

本田真凛は自分自身に勝ち、栄光を手にすることができるのか。
2020年の東京オリンピックがいよいよ楽しみになってきました。

さて、ここぞ!というときに、パッとした気転で、運気を一気に好転できる「おまじない」があればいいですね。
さらに、できれば金運もアップしたい!というのは誰しもの願い。

ここで運気アップ・金運アップのおまじない・呪文を集めてみました。

真言(マントラ)は真の「おまじない」

密教の秘伝が真言(マントラ)です。心と体が一となり唱えることがポイントですが、まずは言葉を覚えておきましょう。 このご真言こそ真の「おまじない」の言葉です。

オン・ソラソバテイエイ・ソワカ(弁財天のご真言)
オン・マカキャラヤ・ソワカ(大黒天のご真言)
オン・ベイシャラマンタヤ・ソワカ(毘沙門天のご真言)

弁財天、大黒天は金運の神様、毘沙門天は戦いと財運の神様として密教ではよく知られていますが、これら三神が一体となったのが「三面大黒天」です。

三面大黒天は豊臣秀吉がいつも肌身離さず忍ばせていたと言われるくらい、信心していたことからも、絶大なご利益で知られています。

次に忘れてはならない真言(マントラ)は不動明王のご真言です。不動明王は「お不動さん」といわれ、日本各地でその不思議な霊力で民衆の心をつかんできました。その絶大なるご真言「おまじない」は、ちょっと長いです。

ノウマク・サンマンダバザラダン・センダ・マカロチャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン

お経を読むように唱えると、上手く覚えることができます。 是非試してみましょう。

実はこの不動明王、水流の音とともにそのお姿を見せてくれます。

昔から伝えられる「おまじない」の幾つか

このご真言以外にも、よく効くと言われてきた「おまじない」には次のようなものがあります。

  • ちちんぷいぷい 〇〇〇(〇〇〇が思ったとおりになる)
  • ピース (自然と元気になる)
  • くわばらくわばら(嫌なことをさける)
  • ウムチ・ハルチ・ツヅチ(古代より勝負運を呼ぶとされている)
  • 手のひらに人の字をかく(あがらない)

おまじないはその場での「気」を瞬時に整える効果が確かにあります。

金運アップのように、人生に重たい願望であれば、やはりご真言(マントラ)をおまじないとして唱えることが必定ですね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒