考えよう!不透明時代の株式投資☘手堅く稼ぐ人の資産運用術とは?  

身近なところに株式投資で大きな資産を手中にした人がいます。

彼はどのように考え、資産運用したのでしょうか。

世界では資産運用と言えば「株式投資」が当たり前ですが、日本では手堅くすべしと教えられることが多いですね。

事実、2016年に金融庁が行った調査によると、

■我が国の家計金融資産約1,700兆円の52%が「現金預金、近年の推移でも現預金優位は変わらない

■米英に比べ株式・投信の割合が低い

とのことです。

これは、日本が江戸時代という平和な時代に、何度か繰り返した経済危機を乗り越えてきた深い歴史と文化に起因する、日本人の危機管理のDNAがそうさせているのでしょう。当然といえば当然ですね。

今政府は、実践的な投資教育を推進し、株式や投資信託などによる積極的な個人資産の形成を後押ししようとしています。

非正規雇用者の増大や年功序列賃金などのちょっとした崩壊などで、これまで退職金などで資産形成してきた日本型のビジネスモデルが崩れ、ハイリスク・ハイリターンの金融商品に手を出さざるを得ない状況に、日本全体が追い込まれているからでしょう。

投資による資産形成はアメリカがお手本ではあるのですが、やはりリスクは付き物

日本では、実は投資に成功している人は1割にも満たないと言われています。なんと90%以上の人が失敗もしくは撤退しているのですね。

さて、前出の知人は良く株の勉強をして、しっかりと理論で「稼ぐ人」です。

初めは小さな一歩から

リスクの大きさを思うと、なかなか思い切って始めるのを躊躇するものです。大きく稼いだ話より「失敗談」を多く聞くからだろうと思います。

最初は「株主優待や配当金」を目的にすると、手堅い投資になり、かつ豊かな気持ちにもなれますからおススメです。

しっかり勉強すること

いきなり一攫千金を狙わず、常識的な考えを外さず、良く市場の勉強をすればそんなに失敗することはありません。

いろいろな情報に右往左往して、動いてしまうのが失敗の典型ですね。また、市販本の耳寄り情報を鵜呑みにするのも、だいたい失敗。プロはその逆を仕掛けています。

最初はいい感じでスタートするのが、最も油断しやすいパターン。主婦に持ちかけられる投資話はこの種のものがありますから要注意です。

ポイントはしっかり勉強して「話を持ち掛けられるより、こちらから動くこと」です。

まずは、株式投資と株式トレードのどちらに比重を置くかで、勉強の内容が変わってきます。

一般に優秀と言われる投資家の年利回りは10%

長年投資をやって、優秀といわれる投資家の平均年利回りは10%だそうです。勝ったり負けたりがあり、ずーっと勝ち続けることも大変なことなのです。

年利回り10%とは

10万円を投資に使うとします。(大富豪なら10兆円と置き換えても同じです)
 >1年後  10*1.1=11万円  これを全て再投資します
 >2年後  11万円*1.1=12.1万円 全て再投資します
 >3年後  12.1万円*1.1=13.3万円 再投資します
 >10年後 10*(1+0.1)^10=25.9万円 となります

まるで一時の中国のGDPの伸びみたいです。

株の世界と付き合う人は、ここをしっかりと頭においておく必要があります。
一般の人では常時10%などはあり得ないのです。
いや希にいます。
あなたは希な人ですか?

まず、手持ち余裕資金の10%から始める

成功したビジネスマンがよく口にするのは
一、自由になるお金の1割くらいを投資に使う
二、この金は負けてもいい、捨てたと思うこと
三、勝てば儲けもの、負ければ経済の勉強
まずは10%から始めましょう。

精神的なプレッシャー度は相対的なもの。
サラリーマンの10万円も富豪の何億円も同程度です

目標は長期平均5%

やはり株式投資を始めるのなら、5%成長モデルくらいが野心的ですね。
5%でも10年後には10万円が16万円になります。
1億円なら1億6千万円

戦術的な話しは専門家におまかせして、一つ格言をお伝えします。

我が心に 合いたる事は これ皆毒と思うべし

 

本日は以上です。

参考「過去記事」はこちら☞ 「マネー不安を解消!確実に金運アップを引き寄せる開運の方法は?

 

 

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

 

 

マネー不安を解消!確実に収入アップを引き寄せる開運の方法は?

「さきゆき不安病」が蔓延しているといわれる現代。

こんなニュースのタイトルがありました。

☠ 今や働く世代の8割が老後不安

節約もいよいよ限度となって、安心な将来の生活設計をどうするか、「いかに稼ぐか」そして「安全な資金運用」はどうすればいいか、などなど切実な話題が多いですね。

こんな時こそ、力強く「いかに稼ぐか」の良い処方箋がほしいところ

実は、本質は「いかに稼ぐか」ではなく「如何に金を使うか」「富」を築いていく秘訣があるのです。

ユダヤの格言に次のようなものがあります。

✤ 金持ちになる方法は一つある。

❤ 明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること。

 

意外と、食べることよりも先に仕事をやる、熱心に仕事を続ける、といった地道な習慣が「金持ち」に繋がる方法だというのです。

以前に触れましたが、その前提として、何が必要かのアイデアや解決策が出るまで、とことん考えることが大事だったですよね。

 商売をする時の「お金の使い方」は

❤ >木材が必用なら木材を揃える。人が必用なら人を揃える。

 

そして、無駄な「お金」は使わない。無駄な「時間」は過ごさない。これを徹底することですね。

日本にもこんな「ことわざ」があります。

☠ 器用貧乏、隣の阿呆に使われる

「時間と労力」をかければある程度は「貯金」もできるのですが、やはりどう「お金を使うか」で富の蓄積も変わってくるようです。

 

そこで、金の使い方の一つ「資金運用」についての情報まとめです。

資金運用を勧める勧誘者は言います。
「年金22万円 +10万円の余裕 3000万円の自己資金が必要」と

実はこれは、かなり「大げさな話」なのです。

うっかり「乗せられてしまう」ということになる人が多いのでは?
注意ですね。

焦って食らいついたら、それこそ泣き 〈Ð⊥⊗〉!
今こそFXで儲けよう!などの勧誘も要注意!

そこで、有名トレーダーの戒め的格言です。

 

ベンジャミン・グレアム

過去50年以上の私の市場経験では、通常の手法で、長期にわたって利益を上げた者などひとりもいない。 

銘柄選びを試みる投資家の大半が、上手くいかないことを悟らされる。

うまく銘柄選びができるのは、ほんの数パーセントの投資家にすぎない。

 

フィリップ・キャレット

どんなに優秀な相場師でも、4・5回に一度は判断ミスを犯す。そのときファンドの全部をつきこんでしまっていたら大損害だ。

 

FXなどというのは危険の極みです。素人が勝負するフィールドではありません。

年金は将来ますます不安になるのは間違いないですが、
いたずらに恐れる必要もないのです。

「1か月1万円生活」というTV番組もありましたね。
もちろん、目指すべきスタイルではありませんが・・・・・。
食べるだけならどうやっても食べていけるのです。

では、

「確実に資産を増やす方法」とは?

FX投資に飛びついてグローバルな市場支配者の「餌食」になること無く、「堅実で安全な資金運用」について、専門家の話によれば、概ね次のようです。

~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

「預金」は🔺、そんなに悪くない。
「国債」は🔺、10年満期型なら元本保証。銀行預金より金利が高く安全
という意見もありますが、長期の国債はちょっと疑問?

株式投資、投資信託、年金保険はどうか?
ちょっと知恵を働かす必要があります。

INDEXといわれる市場連動型の株を手堅く買う方法は比較的「安全な投資」
→ただし、手数料が0.2%位だと良く、0.5%以下までなら無難

>株式では手数料が3%を越えるようなものに手を出すのは危険
→ドル建て債権は、ドルが上がると儲かるけど、儲け幅が小さく 下がると損が大きいので要注意

💛イデコはいい 課税所得がある人は特にいい

>日本と外国株式のINDEXファンドをイデコで選ぶと良い
>但し、イデコ(個人型確定拠出型年金)は60歳まで引き出せないので注意!

~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

こうやってみると、手堅い資金運用が見えてきます。

賢く、勤勉に稼いで、 手堅く資金運用  無駄な投資はしない

ネットビジネスの時代、今も昔も変わらない成功の「ゴールデンルール」というものがありそうですね。

~~~ ~~~ ~~~~~~~
☛☛ ページTOPに戻る ページTOP 

++ ホームに戻る    ++ ⇒ 

金運雑学:銀座のママが教える「できる男」のお金の使い方とは?  

銀座に通う男が「できる男」って定義するのもどうかな? と思いますが、
「旬の男が出入りするのが銀座」と言われれば、
確かにそうですね。今でも

銀座ママ兼作家で有名な「ますい さくら」さんの著書、2003年に出した本がこちら、だいぶ前の本が本棚に眠っていたので開いてみました。

銀座ママが教える
    「できる男」「できない男」の見分け方

この本では、最終章で女性へのメッセージとして「こんな男をつかまえなさい」として9つのメッセージを残しています。 その1つが・・・、

< 「できる男」を求めるのではなく「できる男」を引き寄せる >

こう言い切られると、よっぽど自信があるのかも? と 惹きつけられますね。

 

この著書で、「『できる男』のお金の使い方はここが違う」という第3章では、「できる男の法則」というのが15示されています。

もしあなたが男性なら、ちょっとセルフチェックしておきたいですね。

□ 1 遊ぶための予算を事前に店に言っておく
□ 2 リスクに飛び込まないことがリスク
□ 3  責任を胸に刻みつける
□ 4 高価な花を贈る
□ 5 ワインはグラスでもらう
□ 6 女性をドキドキさせる
□ 7 損して得をとる
□ 8 お金で遊んでもお金に遊ばれない
□ 9  自制心をもつ
□ 10 記念硬貨では支払わない
□ 11 コインケースを持つ
□ 12 今日を懸命に生きる
□ 13 女性がお金を出すタイミングを計れる
□ 14 家族に合った住まいを見つけられる
□ 15 いい時も悪い時も同じにできる

さあ、この15項目のうち、幾つ〇が付きましたか?

ちょっとこれでは現実感を掴めないので、骨子を踏まえて言い換えて問い直ししてみます。

● 1 遊ぶ時「お金に糸目をつけず」ではなく、予算考えてるよね?

● 2 自分への投資は大切、リスクを考えずに飛び込んでるよね?

● 3 惚れた女の面倒ぐらい一生見ると腹を括っているかな?

● 4 かわいいケチぐらいならいいけど 贈るお花をケチってはないよね

● 5 食事はケチらない事 でもワインをグラス注文できる金銭感覚ある?

● 6 ちょっとドキドキの演出ぐらいのサプライズは考えてるよね

● 7 「お金は天下のまわりもの」と思ってお金を賢く使っている?

● 8 株は財テクと思う人は没落、一種のギャンブルと分かってるよね

● 9 人生をギャンブルにするほど、ギャンブルにのめり込んでないよね

● 10プラチナカードは不要、でも皺クシャのお札で支払いは御免よね?

● 11財布は中身より金銭感覚とセンス。「できる」と思わせるものよね

● 12今日を懸命に生きる。今日決めた事をすぐ実行していますか?

● 13食事に「奢ってもらうのが当たり前の女性」を誘ってはないよね?

● 14家族のことを十分考えて、住まいを見つけていますか?

● 15本当のお金持ちマインドは「無駄遣いしない事」って知ってるよね

以上のように問い直すと結構だれにも心当たりを探すことができますね。

時代が違うかも? と最初思ったのですが、結構納得。
バブルで時代の寵児となったような方をよしとしない
古い時代の女将の目にも共通する、男を見る視点といったものが貫かれています。
あまり浮かれず、さりげない気遣いの出来るセンスとマナー、しっかり現実を見て夢を語る目力のある男・・・

ちょっと洋画の主人公のような・・・
出来過ぎ〈Θ⊥⊗〉¡^^
まあ、いいか。

少しは参考にしてもよさそうですね。