耳より話57:春こそ沖縄の旅👍幸運の白ヘビは半端なくデカい!

神の使い!?

「おきなわワールド」の白ヘビは半端なくデカい!

春の風に誘われてパワーチャージの旅に出るなら
沖縄の海風に吹かれてみるのもいいですね!

春よ来い 早く来い!
と暖かくなるのを待ちかねているなら
一足も二足も早い春にどっぷりと沖縄への旅がおススメ!

行ってみたいですね💦

パワースポットはなんといっても風水的にいって岬
そこから見えるサンゴ礁!
透明な水色の海がこころを洗い流してくれそう👍

「青く光る洞窟」真栄田岬でのダイビング
万座毛の断崖絶壁に感じる風・・・!
辺戸岬・・・!

近くには大パワーストーン「大石林山」

そして、

琉球風水最高の聖地といわれる世界遺産・首里城

そして、

今や沖縄をまるごと体感できるテーマパーク「おきなわワールド」

なんと

そこには金運を上げたいと願う人々が、ビッグな「白へび」と記念撮影も!

~~~☘ ~~~☘ ~~~☘

さてさて、

幸運をもたらすという白蛇は弁財天様の化身とも言われています。

ビッグサイズならご利益もビッグサイズかも👍って
あまり欲を出してはいけませんよ!

まずは白へびさまと馴染みになることが大事かな!?

シーサー👍

耳より話56:運を引き寄せる人が最も嫌うのは「負け犬根性」の輩

ありがとうの言葉、感謝、笑顔・・などなど

幸運を引き寄せる人には自然と人が集まってくるものです。

なんとなく引き寄せられる、魅力的な人はやっぱりいますね

たとえば、

宝くじなんかが当たり、だれにも知らせず、黙っていたとしても

いつの間にか

回りにワイワイガヤガヤと賑やかに人が集まってきます。

みんな雰囲気を楽しんでいるようです。

(+_+)!

さてさて、

そのような人は誰とでもお付き合いしているのでしょうか。

いやいや、

人生に何度がめくりくる大きなチャンスとピンチ

チャンスとピンチは表裏一体なのですが、

ピンチをチャンスに変えられる人って、実はそんなにいないですね

(*_*)!

そんなゴールデンパーソンの口癖が「負け犬根性はダメだ!」💀です。

本気で嫌っています。(*_*;💦

ではでは、

負け犬根性って、どんな人!?

1)負けることに慣れ、勝負する前から負けるだろうと思い込んでしまう人

2)ピンチはピンチと思っている人 で なんて運が悪いんだろうと思う人

3)ひょっとしたらチャンスと思っても、最初から弱腰か、見逃してしまう人

4)何をやってもうまくいかない経験から、失敗ばかりが頭に浮かぶ人

5)「成功とは成功するまで続けることだ」という言葉が空論にしか聞こえない人

6)いろいろ考えすぎて、他人が良く見えてしまい、自分を過小評価する人

7)自信喪失の人、何かをやろうする気力を失っている人

ではでは、

運を引き寄せる人って!?

1)ピンチはチャンスと考え、チャンスに挑む人

2)諦めない人。出来ないかな?と一瞬思っても、これはチャンスだ!と思っていろいろ取り組んでみる人(NHKの朝ドラみたいに)

ではでは、

そんな人が身近にいたら、

出来ることなら弟子入りしたいくらいですね

弟子入りしなくても、

真似してみることの方が簡単かも(*_*;?!

そして、

簡単なものから成功体験を積むこと(簡単な資格を取るとか、物を作るとか)

そしてそして、

人より遅れている?、と思っていることが実は長所だったりする世の中の多様性に気が付くこと

他人の芝生は青く見えるが、実は成功した人でもみんな何かを抱えている、自分とそんなに違わないなと気付き、自信を持つこと

などなど かな?(*_*;!!

これなら、すぐに始められることかもしれませんね👍

 

 

 

 

 

 

願掛けの旅は日本橋から!「七福神巡りとお地蔵さん」で開運

お地蔵さんが小さな願いを叶えてくれる、という話は
よく聞きます。

仏教では、弥勒菩薩降臨までの56億7000年の間、
人々を救うといわれる地蔵菩薩は、村はずれにポツリ
立っているといったイメージで、日本の原風景として
馴染みがありますね。

ある時、その時に応じて姿を変えて人々を手助けして
くださる、ありがたーい菩薩さまですから、軽い気持
ちで願掛けしても、ちゃんと聞いてくださる親しみや
すい存在だといえるでしょう。

このお地蔵さん、実は日本全国の津々浦々、いなかの
道端だけでなく、町中、お寺やお墓、橋の下などでも
見かけることができます。

もちろん日本橋や銀座にもいらっしゃいます。
ビルの合間や屋上などなど

願掛けは身近なところから、
ですが
全ての道は日本橋に通じる、お江戸繁栄の原点といえば

「日本橋」

そこにはその名も知られた、西河岸地蔵堂の地蔵菩薩
「延命地蔵尊」
が安置されています。

至心に祈願し奉れば、日ならずしてご利益を蒙る)と
のいわれから「日限地蔵尊」と称されている地蔵尊は

関東大震災や幾多の困難を乗り越えた、大変なパワーを
もっていらっしゃいますので、日本橋に来てここに寄ら
なければもったいないですね。

せっかくですから日本橋七福神の1つとして知られる
通称「東京銭洗い弁天」小網神社も
ご利益がすごい、金運がすごいと有名ですね。

銭洗いの井戸で洗った小銭を財布にいれておくと金運が
アップするそうです👍

 

他にも「宝くじ祈願lで宝くじファンの多い椙森神社や

「良夢札」(願い事を書いて枕下にいれて寝ると願いが
叶うとして有名な松島神社もあります。

コレド日本橋でゆっくり買い物やお食事を楽しんだら、

すこし気分転換💎

願掛けも忘れすしておきたいですね。

耳より話55:天災は忘れた頃にやって来る。果報は遅れてやって来る

果報は、忘れた頃にやってくる

「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダ言葉(植西聡さん著)」のひとつです。

「良い行い」の見返りは、少し遅れてやってくる。
水滴がぽたぽたと落ちて、いずれバケツを満たすがごとく👍
なんですって。


「成功者はみな諦めない」
「練習はウソをつかない」

歩ののろい亀のごとくでも、前進していく先にはゴールがある
というもの。

ただし、気の遠くなるような遠いゴール設定は的はずれ。
神社仏閣の参道石段でいうと
3333段 釈迦院御坂遊歩道
2446段 出羽三山神社
1368段 金刀比羅宮(本宮は785段)
1276段 伏見稲荷大社
1015段 立石寺奥の院
といったように、
無心にのぼり続けると、必ず到達できるところにあります。

そして、気づくのは
待っているのではなく、まず行動を起こす、ということ
神社のお参りもそうですね。

「へぼ将棋休むに似たり」
考えているだけでは休んでいるのと同じなのかも

それでも

「よい結果」を出すには「続けること」が一番なのは分かって
いても、なかなか続かないのが人間💦

こんなに努力しているのに????
こんなに〇〇しているのに、こんなに〇〇・・・・・、

誰にもある「心が折れそうになる時」でもとにかく続ける、
そしていよいよ諦めかけたころ
ほつほつ、と蕾(つぼみ)が出始める。

そして今日の耳より話
~果報は忘れた頃に遅れてやって来る~

☘ ~~~ ☘ ~~~

ではでは、

「石の上にも3年」続けるコツは?
と聞かれれば、

それは 🌌☆彡

「ルーティーン」習慣化ですね。

その方法は?

自分で考えることが実は大切ですね👍

一方、

「天災は忘れた頃にやってくる」、有名な寺田寅彦の言葉があります。
過去の教訓を生かして備えをしておかないと大変なことになる災害や、
後で「ああしとけば良かった」的な後悔
後の祭り、取り返しのつかない戦争

これは逆に「やらなければならない事をやらなかった結末」ですね。

ではでは、

忘れた頃にやってくるのは天災なのか果報なのか (*_*;

身近な小さな事柄でも

>忘れた頃に連絡してくる「あいつ!」
>忘れた頃に出てくる「探し物」
>忘れた頃にやってくる「税務調査」

などなど、

さて、

話を戻して、
「果報な忘れた頃にやってくる」というのは
「果報は寝て待て」との本質と同じようなものです。

占いやおみくじに
「願い事は忘れた頃に叶う」というのがあります。

「引き寄せの法則」でもあります。

耳より話54:「ナポレオンヒルの4step」でジャンボ宝くじを当てよう

成功哲学で有名なナポレオン・ヒル
彼の「思考は現実化する」というゴールデンルールはあまりにも有名ですが

これを「金持ち父さん貧乏とうさん」の世界にだけ使うのはモッタイナイ話

ゴールデンルールですから、「◎◎に成功する」のにも使えそうですね。

では、さっそく

これに出てくる「4STEP」で「年末ジャンボ宝くじ当選に成功!」
とチャレンジしたいと思います。



4STEPの流れは
1⇒2⇒3⇒4の4つのステップです。

1)思考
2)行動
3)習慣
4)結果

この4つのステップをキッチリやっていくことによって
結果が最後に出る、というのが成功ストーリーです。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

まず(1)の思考からです。
この「思考」をしっかり固めないと、絶対にうまくいかないです。
ほぼ「スピリチュアルって(・・?」という、疑問形否定(No)の
思考になってしまうのでは、話になりませんね。(*_*;

「宝くじに当たる」ことが単なる「夢」になっている大多数の敗者的思考です。

当たるはずがない(@_@。💦 と心のどこかで思っている
これでは、まずは「当たらない」のです。

ではどうするか。ナポレオン・ヒルの「4step」の登場です。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~
[Step1]

最初のステップは
「スピリチュアルマインド」に気持ちを切り替えていく、

であります。

とにかく信じること‼

そのためには、環境を「スピリチュアル」に整える必要があります。
ズバリ! 「神社にいきましょう」
神社には「スピリチュアル」な動機でお参りする人であふれています。

特におススメは財運の神様「弁財天」がいらっしゃる神域がいいですね。

そして

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

[step2]

次は、行動するです。
宝くじは買わなきゃ当たらないのです。

もちろん、その前にいろいろチャレンジしてみる、行動をする。

ここは自分で考えましょう。

そして

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

[step3]習慣化

「宝くじを当てるために良いと思うことをやってみる」習慣化する。

いつでも日常生活でやってみることです。
これはあまり回りに言わないほうがおススメです。

何故なら、「宝くじを当てる!」などどいうと、
それまで仲の良い人立ちが

そんな訳ないじゃない💦
宗教がかってきたね💦

などとマイナスイメージで反撃してくることが多いからです。

こうなると、マインドにマイナスイメージが入り込み、行動が鈍ってしまいます。

習慣化とは

・当たりそうな宝くじ売り場を確認する
・当たりそうな良き日、良き場所、よき時間を調べる
・願掛けにお参りする
・整理整頓や掃除をして風水の流れをよくする
・いい夢をみる
・墓掃除

などなど・・

これらを無意識でできるようになれば「習慣化」したことになります。

そして

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

[step4] 結果

思考を変え、行動を起こし、良いことを習慣化すると「結果」は
明らかに‼️

思考を変えるベストな方法は、身近に自分がなりたいと思う目指す人

近づく、お付き合いする、ことが大事ですね。

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~ ☘
という訳で
まずは「スピリチュアルマインド」への切り替え
にチャレンジ

ポイントは「スピリチュアルなプラス思考」をどうしたら身に付けられるか?
ですね。

ほとんどの人が「普通の思考」です。当たり前ですが、
というのも1等は500万分の1だ、と思うと
まあ「当たらないだろう」と思うのが普通でしょう。

そして、やっぱり「当たらない」
ですね。

じゃあ、どういう風に考えるといいのでしょうか
たとえば夏暑い昼下がりに道を自転車で走っていると、
店先からお婆さんが出てきて、道路に打ち水を「パシャ!」

あ~あっ!
と思うが早いか、「バシャ!」と水をかけられてしまいました。

こんなとき、
「ラッキー! 稀な現象に当たった!」と喜びましょう。

スピリチュアルなマインドとは
いわゆるプラス思考なんですね。
信じることなんです。
本気で「思い込む」ことです。

本気でスピリチュアルに
「宝くじくを当てよう」と思っている人は本当に少ない。
だいたいが、本気で信じていないです!

それを「信じよう!」というのが最初のステップ

まずは「思考をスピリチュアルに」
プラス思考で「変えよう」ということなんです。

本気で信じ込めば、実は「本当に当たる」という事実
なのです。

本気で信じ込む、ってどういうことか、といえば
何からなにまで「結び付ける」(縁起の法則)
ですね。
あれも神様の使いだ!
これはご先祖様だ!
それは弁財天様だ!
といった具合

「ちょっとあの人、オカルトなの?!」といわれようが
なんのその、って心境

2)行動
行動は60点でよいので、とにかく適当でもいい、何でもやってみる。
こうしているうちに、チャンスに当たるのです。

優先事項に絞って順番にやっていくと、
チャンスを逃すことが多いですね。
勉強、技能習得、特に匠の世界では一つに特化して極めるのも大事ですが、

チャンスに出くわす、ということに特化すれば、

この感性がチャンスをつかむコツだろうと思います。

こうして習慣化できればおのずと結果が付いてくるという訳です。👍

2018年ジャンボ宝くじを当てるプロジェクト

2018年12月

いよいよ今年も年末ジャンボ宝くじの時季となりました。

億万長者がざっくざく

まさに夢ですね。


1等の当籤確率は500万分の1、と聞けば気が遠くなる数字
一方、1等と前後賞合わせて72本の億万長者、聞けば当たりそう(@_@)
ですね。

ちょっと科学的な情報から分析すると、
一見単純な確率論では
「当選確率は同じ‼」ってことになるのは常識のところ(@_@。💦

こんな統計論があります。
💎1稀な現象は続けて起きる。(飛行機事故のように)
つまり、当たりが出た売り場ではまた当たる。という事実

またこんな現象を体験した人々もいます。
💎2白蛇を見た!
こんな夢を見た人がいます。
💎3宝くじに当たる夢やお金をもらう夢、縁起のいい夢を派手に見た!
2と3を体験すると、「宝くじに当たる!」と確信するという事実

これらをこう分析しています。

・・・・ 続く (2018.12金運カレンダーをアップしました)

それはさて置き、

不思議世界とつながる一つの修行は「呼吸」で間違いないです。

ここに**秘伝書があります。
市販のものですが、古いです。

最近はどこにいっても見当たりません。絶版になっているのでしょうか?
ですが・・・類似の極意を説く本は他にもあります。

 

もう一つは、神社仏閣です。これも間違いないでしょう。

 

共通点は「gift」・・与えられるものです。
ですが、ただ待っているだけでは「gift」はないでしょう。

ラジオの電波のようなものですから、微妙な調整が必要となります。
神社仏閣で、ある種の感覚と ある種の手法で電波をキャッチする
このようなイメージですね。

・・・この続きは後ほど・・・

さて、まずは形から入るのが正攻法でしょう。

「宝くじを当てる」では、
「宝くじが当たった」という場面を強くイメージすることから始めます。

次に、
なぜ当たったかを振り返ります。
思い当たることを全て列挙します。

恐らく「宝くじが当たった人、ってどんな人?」で検索できる
キーワードが方程式の共通項として現れるでしょう。

1)神仏に祈る。祈り続ける。
2)神様に愛おしく好かれる前に人に好かれる。誠実、感謝、笑顔、尊敬
3)買った宝くじを大切に保管する。
4)宝くじは語呂や偶然、自分の運命数をこだわって入れる。その時ぱっと閃いた数にこだわる。
5)お金を大事にする。お札、コイン、財布、小銭入れ、全てを大切にあつかう。
6)縁起物を置く。 
7)風水と家相、あらゆる開運術を試す。
8)そして呼吸法
9)最後に過去記事で紹介した色々なアプローチを実践
おまけ)売り場にこだわる。販売の女性の笑顔にもこだわる。

以上です。
👍ラック☆彡💎

そうそう、買う日はこだわった方がいいですよ。
さらにさらに、ピンと来るならその感覚を優先したらいいですね。(上記4)

そうです。もう気が付いたでしょうか(@_@)
こうして「宝くじ宝くじ」と思念しているうちに、
身体が敏感になっていくのを・・・・‼

これなんですね👍

耳より話52:甘いミカンを食べるほど病気リスクを下げる

最近のTV番組では、季節がら冬の食べ物が話題に

この前は「おでん」の特集。



おでんの具材はなんと免疫力アップの原料になり、
インフルエンザのシーズンには欠かせない、という。

たまご、ちくわ、昆布などなど
ごく身近な食材が見直されることに・・・!(◎_◎;)

この冬はおでんが大盛況となるに違いないですね。

さてさて

きょうの話題は「ミカン」
これまた、日本の冬の定番😵
コタツでミカンは風邪予防の香りがホッコリ

相当昔から、ビタミンCが豊富なミカンは
からだに良いと、よく知られた事実ですね。

ではでは

ビタミンCだけではない甘いミカンの健康効果とは❣️

○高脂血症、肝機能
○血管の若さ
○骨粗鬆症
○肺がん
などなど

ええっ(⌒-⌒; )

健康の万能選手のような活躍ですね。

これにはデータの裏付けがあり、ミカンを4〜5個
食べたグループが最も効果があったらしいです。

番組では(「教えてもらう前と後」という番組)

ミカンは甘い方がより効果があるとのことで、
甘いミカンの見分け方を紹介していた。

1️⃣切り口の軸の細い方が甘い
2️⃣ヘタの色は緑が濃くない方が甘い
3️⃣カワの色は濃い方が甘い
4️⃣皮のブツブツのキメが細かいのが甘い
5️⃣サイズは小ぶりが甘い

今年はミカンが箱入りで売れそうですね。

食べすぎでお腹を壊さないようにご注意❗️
ですね😵

耳より話50:「お金持ち」になる、出来る人になるための仕事術

「お金があったら、もっと仕事を楽しむ」
これが富裕層の発想 (@_@)💦

これは大富豪の話ではない。
ちょこっと富裕層は仕事を楽しむ、という人の話なのです。

「お金があったら楽して暮らす」という人は、
大体が・・・・💀
いつまでもお金が寄ってこない人⁉ なのかも(´;ω;`)

つまり、

「大きくなったら楽して暮らす」的な思考というのは
上手くいかない典型のパターンですね。



教科書的に言うと
「〇〇したいから、〇〇になりたいから人の倍頑張った」
というのが一つの成功物語ですから、
お金に恵まれたいなら「人の倍努力しろ!」という
あの「さんまさん」がイマルさんに言った、
有名な助言の方が入って来やすいですね。

とにかく
人の倍努力して叶わない事など、ほぼない訳ですから
「お金持ちになるには、人の倍努力しよう!」
でもいいのですが、

さらに深掘りすると、〇🔺✖〇⁂・・
というのが今日のテーマです。

~ ☘ ~ ☆彡

「お金持ち」になる、出来る人になるための仕事術

参考になるのは、
ユニクロの柳井正氏が言った「できると言われている人の多くは、最初からできる人だったのではなく、できる人に自らを変えていったんだと思う

という有名なことば

もっと稼げる人間になりたいと思ったとき、
さらに上へ上へと思ったとき、仕事に没頭してしまう。
やがて 仕事が面白くて仕方ない人
つまり、仕事の趣味みたいになる。

いつの間にか、堂々と「私の趣味は仕事です」という。
仕事が本当に楽しいのです。

サービス残業を撲滅する、これが国家的課題となっている昨今、
成功する人はサービス残業をする、といえば時代に逆行するのですが、
正直、仕事が楽しいから「サービス残業させてほしい!」
というのが本音なのでしょう。

考えてください。
新しいことにチャレンジする時、
人は時間を忘れるほど没頭しているではないですか(@_@)💦

つまり、仕事に没頭することが、
自分の能力を伸ばすことになり、
いつの間にか高収入の人になっている(*_*;
って事に👍

実際はちょっと違って、問題は複雑なようですが・・・・
~TVの「リーガルV」から見える世界~
も「あるある〇✖🔺(@_@。」

さてさて、
もちろん、
上司に強いられるサービス残業は論外!
絶対に認めてはいけませんね。
あきらかに「いじめ」ですから

日本社会では、
真面目に働く大多数の働きアリ的ビジネスパーソンの上に
ちゃっかり乗っかって出世する要領よいおじさん(*_*;
の存在も忘れてはいけませんが(リーガルVの面白ネタ部分)・・・

それはさて置き・・、

~☘☆彡
一方、
みんなが働いている時に休むのが怖い、という歌舞伎町
にもホストもいるらしいですね

とにかく、

仕事が好き、という上昇志向の人が
仕事を楽しみ、更に楽しむために働く」という側面もあります。

すると、
植物が成長する時に、水や栄養分を吸収するように
お金を必要として、「引き寄せる」
ということに(*_*;👍なる、法則があるということ

まとめてみると
今日の耳よりな話は
金があったら、もっと仕事を楽しみ、さらにお金を引き寄せる
法則がある。という話でした。🌌

耳より話49:マーフィー理論で「不可能の限界」は飛び出して消そう!

「不可能の限界は外に飛び出してみると変わる」
と耳よりな話をある政治家の講演で聴きました。

さて、限界って何だろう(・・?

人生はあなたの思い描いたとおりになる!」という
有名なマーフィー博士の黄金律・ゴールデンルールがあります。



良いことを思えばよいことがおき
悪いことを思えば悪いことがおこる。

なのでプラス思考が定着すると「思いどおりの人生」が実現!
という超有名な法則(@_@)

まあ、でも(「でも」という否定語はマイナスイメージで禁句)

人というものは
良いことを思ったり、悪いことを思ったり、と
それが人間ですね。

良く思ったことも悪く思ったことも実現する(*_*;

それが人生は修行だ! と納得すればその通りなのです。

魂の修行による成長
楽あれば苦あり、人生は山あり谷あり
これも大事なテーマですね。

そしてもっと大切なのは
成長し、自己実現を果たし、結果、世の進歩に少しでも貢献すること
ではないでしょうか

「不可能の限界」は自分が思い描いた設計図が示したもの
恐らく「夢」の実現には、時間と環境、お金、ノウハウなどがどうしても必要
なので、
なかなか思いどおりにならない時、その挫折感が「限界」をつくるのだろう、
と思います。

失敗すると思えば失敗するやつがいる
成功すると思えば成功する者がいる

限界があると思えば限界がある
限界がないと思えば限界はない

「夢」の実現、
たとえ小さな夢であっても
成功へのステップを確実に進めましょう👍

そのためには
良い習慣、美しい習慣が、身に沁みつくまで続ける意思
その力と「習慣化」が絶対に必要不可欠です。

~~~☘そこである成功者から聞いた耳よりな話~~~☘

「不可能の限界は飛び出して外から見れば消える」

良きルーティーンを習慣化し
そして
外に飛び出してみましょう‼

行動に伴って「夢実現」に必要な、水・食料・お金・友人などの環境が整備されていくこと間違いありません。

耳より話48: 「虫の知らせ」を感じる感覚を磨けば、人生は有利に

「虫が知らせる、虫が好かない」を大切にする、
この感覚磨けば磨いた人ほど有利になる。

こうおっしゃるのは
著書「103歳になってわかったこと」で有名なおばあさん、
今105歳の現役世界的美術家、篠田桃紅さんです。


日常生活の色々なあぶない場面で、
いわゆる動物的感覚が危険から身を守ってくれるのは、、
自分の中にいる「虫」👍、という話

「虫」というのは、第六感の象徴、直感や霊感
さらには、予知能力など超能力にかかわる昔ことば
ですね。

虫は「嫌な予感」が多く、
「宝くじが当たる」という場合は「蛇の夢」というように
虫よりちょっとでかいのかも?

たしかに
この「虫」が知らせてくれる情報を活用できるかどうかで、
人生は大きく変わりますね (@_@)💦

虫の知らせで危険回避

篠田桃紅さんはこの「虫の知らせ」を聞く感覚
どうしたら磨けるか??
その方法を述べています。

それは

たとえばの例として絵画を鑑賞する時、
「☘解説は忘れて、絵画が発しているオーラを自分の感覚の一切で包み込み、受け止める
ような訓練をする、と書いています。

感覚を研ぎ澄ます訓練では
座禅、ヨガ呼吸法などがありますが、
簡単な実践が、やはりパワースポットといわれる
自然や森林浴、神社などの神聖な空間で行うのもよいようですね。(@_@。☆彡

知識をため込んだ大脳皮質が
動物本来の感覚を閉じ込めてしまいがちな現代の社会

感覚を刺激する絵画や音楽、書道などの芸術の琴線に触れる
星や月、大宇宙を無心に眺める

そうしながら、
ちょっと大きくなった「我心我慾」をはらって、
大宇宙や大世界に身をゆだねてみれば

秋の名月もひときわ美しく輝いて見えるのだろう、
と思いませんか(*_*)☘