ちょっと耳より話31:「53%の大学生が読書時間ゼロ」の時代に読む本

最近の大学生協の調査で
若者の本離れが急速に進んでいるらしい

~~~ * ~~~ * ~~~ * ~~~

なんと!「まんが本離れ」まで進んでいる、
と、あるメディアに掲載されていた。

ただ自己啓発本にはかなり興味をもっているらしい

では
なぜ本を読まなくなったのか (*_*)

~~~ * ~~~ * ~~~ * ~~~

データによれば
よく言われる「スマホの利用時間」は
実は直接的には関係がない、
いや、なくなってきているみたいだ

よく言われる
活字ばなれの犯人は、スマホだ、という説は実は違って
高校時代の読書週間によるのが大きい、
という説明だった。

この理屈だと、
いっこうに面白くない

(´;ω;`)

~~~ * ~~~ * ~~~ * ~~~

もう少し深読みしてみよう

大東文化大学の今城教授がこう分析している

★学生の生活費が月6万円(下宿生は11万円)
ここで小遣いと親からの仕送りが激減している
そこで、アルバイトを増やす
このアルバイトをしている学生の読書時間が
極端にすくない
一方、授業出席は厳密化で高いので
結局授業とアルバイトで目いっぱいだ、
という事情★

 

とにかく時間が足りないのだ

古い時代のように
とにかく遊んでいるのではない

ギャンブルよりバイト

単に真面目な学生が増えた、
という側面が見える

~~~ * ~~~ * ~~~ * ~~~

そう

今の学生は本当にまじめに人生を生きている (+_+)
と思う。

でも、これで普通なのではないか?

人生100年時代に必要な
本当の下積み経験は
人生に実に貴重な時間となろう (*_*;

たとえば隣国、
「学業よりまず農村で働く」ことを優先しすぎて
大失敗し、一時先進国に置いてきぼりを食った歴史がある

学ぶべき時には学ぶタイミングがある
そして、
それをなすべき「時」がある

 \(◎o◎)/!

青白き秀才より浅黒い元気者がいい

しかし、若い時に触れたすぐれた文字情報としての「本」は、
いつまでも心の拠り所となる

そう!
若い時の「本」との出会いは、不思議と頭に残っているもの
その後の人生を左右する「人」との出会いに等しいといって
過言ではないだろう

~~~ ♡ ~~~  ~~~ v( ̄Д ̄)v イエイ

必ず役立つ本
それは、
ぶらっと本屋にいってなにげなく手に取った本だ!

人生には不思議な出会いというものがある

若い時

なにげなく立ち寄った本屋で
なにげなく手に取った本は
間違いなく、大切な出会いとなる本となるであろう

筆者の場合、それは
カーネギーの「道はひらける」
であった。