ちょっと耳より話39:赤塚不二夫「近道は間違う道なのだ」(NHK番組)

Pocket



「急がば回れ」という教訓がありますが・・・。

カーナビだと、確実な最短ルートを教えてくれて、
混雑を避けて目的地まで行くのに回り道はしないですね。

なので、

IOT(モノのインターネット)の発達が凄い昨今、
カーナビのように
欲しい情報をいつでもどこでも手に入れながら
目的地に連れて行ってくれる、といったことが
当たり前の時代となると、

「急がば回れ」では「ピンと来ない」人も(@_@)
早々に
急がば回れ」は「「死語」!?
となってしまうのでしょうか。

でも、
やっぱり「人生訓」としては奥深いもの

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~

H30年7月14日のテレビ番組で
あの「天才バカボン」の生みの親

20世紀最強のギャグ漫画家、と言われた伝説の男、
赤塚不二夫のドラマがNHKでやってました。

ウーン((+_+))と気になった赤塚語録はこれです。(*_*;

~☘ ~~~ 🍀 ~~~ ☘
「近道は間違う道なのだ」
~☘ ~~~ 🍀 ~~~ ☘

「急がば近道だ!」と、ショートカットしがちなアナタ

早合点は「間違う道なのだ」
ということが今回の教訓

「バカボンのパパよりバカなパパ」(NHK)~ では

ドラマでは、不二夫の2番目の妻・眞知子に高価なルビーの指輪
を買ってあげ、安価なそれまでの指輪を川に捨ててしまったのですが、
喜ぶと思っていたら逆にマジ切れして怒り、家を出てしまう、よいうくだり。

眞知子は「世界一のバカの天才を目指す」不二夫が好きなのに、
普通の男になってしまった、と失望してしまうのでした。

それに気づき、古い安い指輪を必死で川で探し、ついに見つけて信頼を回復
します。

そこで今日の耳よりな話、
「近道は間違う道なのだ」
という訳

実は、以前「世界一受けたい授業」に赤塚不二夫の一人娘の
赤塚りえ子(現:フジオプロ社長)氏が語ったことば
☞ 「常識人でないとギャグは生み出せない」 と(*_*;

非常識人の天才と見られていた赤塚不二夫は
実は大変な常識人の心を持っていた
だから、

ギャグでも皆の心をがっちりつかんだ、
ということでしょうか。

「急がば回れ」
とは
「近道は間違う道」だから
ということなのだ 👍

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なコンシェルジュです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。