ちょっと耳より話36:「夢持ち続けて日々精進」ジャパネット元社長

Pocket

夢を持って「今を生きる」

苦しみも苦みも、夢を持って、今を前向きに生きるから
乗り越えられる。

こう語る、ジャパネットたかた元社長は
5月28日の「報道ステーション」で
松岡修三さんの取材とインタビューに笑顔で答えていた。👍

なんと9カ月で
V・ファーレン長崎を
J3降格の危機からJ1昇格に導いた、その凄腕は
今や時の人です (@_@)

現役を退いて3年
倒産寸前の地元サッカーチームの経営を引く受けた。

笑顔、笑顔、笑顔
お客さんが集まり、そして満足して帰らなければ
良いサービスとは言えない

サッカーも経営も
「人を幸せにする」、その気持ち、情熱が人を動かす
成功の基本マインドはみな同じなのだと、

熱く語る

夢は大事!
夢を実現しようとするから、人はイキイキする
夢をいつまでも!
100歳になっても持ち続けること

今日の耳よりな言葉は、これだ!

「夢持ち続けて、日々精進」

笑顔、「人を幸せにする」ぶれない思い ☆彡
これが大切なんだと、力強く語っていましたね

テレビなのになんて熱いのだろう(*_*;

とんでもない「引き寄せ」オーラが
テレビ画面の外まで飛び出してきそうなくらい (@_@。
光ってましたね

繰り返してみましょう!

「夢持ち続けて、日々精進」

投稿者: 北乃天満

スピリチュアルな勘がちょっと自慢なビジネスマネージャーです。いつも立ち上がり、高みを目指す人を応援しています。   色々な経験と危機一髪を無事切り抜けてきたスピリチュアルな体験を少しだけオープンにして、100歳まで豊かな人生をサポートしていこうと思っています。